ロータリーとは:地域の人々の生活を改善したいという情熱を社会に役立つ活動に注いでいる、献身的な人々の世界的ネットワーク

国際ロータリー2780地区 / ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2780

ログイン

ロータリー財団

財団100周年シンポジウム

2016年11月27日、JPタワーホール(東京)にてロータリー財団の100周年を記念するシンポジウムが開催されました。

奨学金を得て海外の大学で学んだ後、国際支援の現場で活躍する精鋭が集まり、人道支援の現状と展望を、約800人の聴衆と分かち合いました。


補助金研修資料

16-17年度 財団補助金管理セミナー配布資料

15-16年度 財団補助金管理セミナー配布資料
新補助金システムの目的と方針

2013/02/20 財団補助金管理セミナー配布資料

地区協議会資料

地区協議会資料

公共イメージ委員会

EndPolioNowヒアリングシート(備品発注書)

「END POLIO NOWキャンペーン」を実施する場合は下記のヒアリングシートを使用して ガバナー事務所へ送信をお願い致します。

また「END POLIO NOWキャンペーン」を伴わない奉仕活動を企画される場合も同様に 下記のシートに記載いただき、ガバナー事務所へ送信をお願い致します。

EndPolioNow ヒアリングシート(最新版).xls

広報制作備品

2780Best.jpg
街頭募金や災害の支援活動のとき活用してください。
2780FLAGs.jpg
クラブへのアンケート調査の結果、イベント開催時などで使用する目印になるような「のぼり旗」を作成いたしました。地区内のクラブであれば貸し出し可能です。制作は30枚ございます、必要数・目的・期間などガバナー事務所で様式を取得後お申込下さい。 尚、保管場所の問題から、設置に使用するポールの用意はありませんので各自調達してください。

広報資料 ・ポスター

広報資料 ・ポスター
BluePuzzleAd_JAEarthPuzzleAd_JA ロータリー、人類のために活動します。RI作成・配布のポスター
欠けているパズルのピースを埋めるのはあなたです
飢餓をなくし読み書きを教え病気を根絶し世界を変えていこう詳しくは、ロータリーのウェブサイト(WWW.ROTARY.ORG)から
サイズが大きいので注意してください。 (PDF 18,183kb/28,829kb)

EPNGirlCrutchesAd_JA ロータリー、人類のために活動します。RI作成・配布のポスター
ポリオワクチンのいらなくなる日が、いつかやってくる。ポリオが永遠になくなる日が、いつかやってくる。いつか必ずそんな日が迎えられるよう、力を貸してください。そのうち、きっと
20年間、20億人の子供たちに予防接種を行ってきたロータリーとその協力団体は、ポリオ撲滅の一歩手前まで来ています。あともう一息なのです。ゲイツ財団の上乗せ補助金で、あなたからのご寄付が2倍になります。しかし、あなたの助けがなければ、この仕事をやり遂げることはできません。今こそポリオ撲滅のとき詳しくは、ロータリーのウェブサイトをご覧ください。Www.rotary.org サイズが大きいので注意してください。 (PDF 28,538kb)

EPNHandCrutchesAd_JA ロータリー、人類のために活動します。RI作成・配布のポスター
33,000のロータリー・クラブ、無数のボランティア、20億回の予防接種、それでもまだ足りないものがあります。、それは、あなたの力です。、撲滅まであともう一息。20年間、20億人の子供たちに予防接種を行ってきたロータリーとその協力団体は、ポリオ撲滅の一歩手前まで来ています。ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団のチャレンジ補助金のおかげで、ポリオ撲滅に向けたロータリーの資金は2倍になります。しかし、あなたの助けがなければ、この仕事をやり遂げることはできません。 今こそポリオ撲滅のとき、詳しくは、ロータリーのウェブサイトをご覧ください。Www.rotary.org
サイズが大きいので注意してください。 (PDF 18,183kb/28,829kb)

987-08 B_JA END POLIO NOW
RI作成・配布のポスター
「今こそポリオ撲滅のときロータリーの2億ドルのチャレンジ 」
(PDF 22,138kb)
サイズが大きいので注意してください。
pr_rotary_day_11x17 ロータリーの誕生日を祝うためのリソース
RI作成・配布のクラブや地区が創立記念日を祝うため用意したポスター
28 × 43センチ (PDF 377kb)
46 × 61センチ(PDF 641kb)

yoneyama2008pst01.pdf (財)ロータリー米山記念奨学会 作成・配布の
2008年度 A2サイズ(594×420mm)×2枚組の1(データはA3程度まで)現物は在庫がある限り無料で送付
お申込・お問い合せ
TEL:03-3434-8681
 広報担当まで
size 546kb
yoneyama2008pst02.pdf (財)ロータリー米山記念奨学会 作成・配布の
2008年度 A2サイズ(594×420mm)×2枚組の2(データはA3程度まで)
size 546kb

509ja_99.pdf RI作成・配布の
「Rotary Peace Fellowships」
(611_peace_fellowships_ad.pdf) 国際平和フェローシップのポスター。
size 7,319kb
509ja_99.pdf RI作成・配布の
「今すぐ声をかけよう」(psa_him4_poster_ja.pdf) 会員増強に向けたのポスター。
size 7,661kb

509ja_99.pdf RI作成・配布の
「大学講師、一児の母親、貧困をなくす活動の提唱者」(psa_him4_print1_ja.pdf) 会員増強に向けたポスター。
ロータリーとは、予想をはるかに超えるような、素晴らしい仕事を協力して成し遂げる、120万人の普通の人々の集まりです。ロータリー・クラブは、世界中の飢えと貧困をなくすために真剣に取り組んでいます。
size 17,319kb
509ja_99.pdf RI作成・配布の
「グラフィックデザイナー、二児の父親、環境保護の貢献者」(psa_him4_print2_ja.pdf) 会員増強に向けたポスター。
ロータリーとは、予想をはるかに超えるような、素晴らしい仕事を協力して成し遂げる、120万人の普通の人々の集まりです。ロータリー・クラブは、世界中の飢えと貧困をなくすために真剣に取り組んでいます。
size 18,448kb

Template_printEN.pdf RI作成・配布の
「会員増強に向けたポスター自主制作用雛形」(Template_printEN.pdf) 会員増強に向けたのポスターを写真を変更し自分たちの区域に合わせて自主制作するための雛形。
※実際の制作前に承認を受けるようにしてください。
size 7,661kb
psa_him4_start_ja.pdf RI作成・配布の
「たくさんのよいこと、あなたもロータリーと始めませんか。」(psa_him4_start_ja.pdf) (人類のために活動します)のポスター。
ロータリーでは、世界中の普通の人々が一体となって、環境を守り、地域社会の改善に取り組み、ポリオをなくすなど、想像を超えるような素晴らしいことを実践しています。詳しくはロータリーのウェブサイト(rotary.org)をご覧ください。
size 28,063kb

strategic_plan_posters_ja.pdf RI作成・配布の 「国際ロータリー 長期計画」(psa_him4_poster_ja.pdf)
長期計画
ポリオを撲滅する、ロータリーに対する内外の認識と公共イメージを高める、他者に奉仕するロータリーの能力の増大を図る、質的にも量的にも会員組織を世界的に拡大する、ロータリー独特の職業奉仕への取り組みを強調する、国際ロータリー内の指導的才能を最大限に活用し、育成する、組織全体を通じて継続性と一貫性を保つために、長期計画の手順を完全に実施する。
長期計画の立案
 ロータリー・クラブの世界的連合体である国際ロータリーの使命は、他者に奉仕し、高い倫理基準を促進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進することである。
使命とビジョン
ロータリー・クラブの世界的連合体である国際ロータリーの使命は、他者に奉仕し、高い倫理基準を促進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進することである。国際ロータリーのビジョンは、世界理解、親善、平和を推進するための「超我の奉仕」に対するその献身が、あまねく認知されることである。
size 14,632kb

青少年交換委員会

2016-17  青少年交換学生


 青少年交換学生は、国際ロータリーの青少年交換プログラムに基づき、青少年を一定期間外国のロータリアン又はロータリーの選んだ家庭に預かっていただき、その家庭の一員として過ごします。
現地の学校に通学してその国の国語を習得することは勿論、これらの生活を通じて風俗、習慣、文化を見聞しながら国際理解と親善を推進する人となる、すなわち善意と国際理解のあるロータリー親善使節であります。
当地区では毎年約8~10名の高校生を海外へ派遣し、又8~10名の高校生を海外から受入れています。




一般向け資料 ロータリアン向け資料
  (以下資料はロータリアン向けのため、ログイン後にダウンロードを行えます。)
募集要項
  • クラブ内募集締日
    2016年10月14日(金)
  • ガバナー事務所締切日
    2016年10月28日(金)必着
  • 派遣国及び期間
    アメリカ・カナダ・ブラジル・メキシコ・台湾・ドイツ・フランス・イタリア
    2017年8月~2018年8月
  • 派遣人員
    計 7~8名予定
  • 選考試験日・会場
    〔第1次・筆記試験〕2016年11月12日(土)12:30~予定
     於:第一相澤ビル 5階、6階 会議室
    〔第2次・面接試験〕2016年11月13日(日) 9:00~予定
     於:第一相澤ビル 5階、6階 会議室
各種資料

会員増強・維持委員会

「クラブ入会案内パンフレット」のご紹介

「クラブ入会案内パンフレット」のご紹介
2015-2016年度会員増強・会員維持委員会では、すでに「クラブ入会案内パンフレット」作成済のクラブにお願いを申し上げ、ホームページ上に公開していただくことといたしました。
新会員の入会にあたり、まだパンフレット等ご活用でないクラブの皆様には、是非参考にしていただきたいと存じます。
尚、主旨に賛同の上公開にご協力いただきましたクラブの皆様には、心より感謝を申し上げます。

増強ツール一覧表

増強や広報に関するツール一覧表
日本事務局へ頼むもの
※ RIカタログ・「2010-2011年度国際ロータリー出版物日本語版注文用紙(抜粋)」参考
001-JA ロータリーとは
007-ENB Official Directory(冊子とCD)
007-ENC Official Directory(CD)
007-ENP Official Directory(冊子)
016-JA ロータリー章典
019-JA 2010-11年度RIカタログ
035-JA 手続要覧(冊子)
084-JA ロータリー平和フェローシップ・パンフレット
085-JA ロータリアンのためのプログラム手引き:ロータリー平和センター・プログラム
092-JA ロータリー平和センター学友パンフレット
132-JA 国際親善奨学金パンフレット
149-JA ベネファクター寄付誓約書
159-JA ロータリー財団携帯用カード
160-JA 研究グループ交換パンフレット
173-JA 二つのニーズに応える、二つの寄付方法
187-JA 2009-10年度国際ロータリーとロータリー財団の年次報告
219-JA ロータリー財団申請手続早見用手引き
220-JA クラブ会計要覧
222-JA クラブ会長要覧
225-JA クラブ役員キット
226A-JA クラブ管理運営委員会の手引き
226B-JA クラブ会員増強委員会の手引き
226C-JA クラブ広報委員会の手引き
226D-JA クラブ奉仕プロジェクト委員会の手引き
226E-JA クラブ・ロータリー財団委員会の手引き
229-JA クラブ幹事要覧
242-JA 地区会員増強セミナー指導者用手引き
243-JA 会長エレクト研修セミナー指導者用手引き
244-JA ガバナー補佐要覧
245-JA クラブ・リーダーシップ・プラン
246-JA 地区研修の手引き
247-JA 地区チーム研修セミナー指導者用手引き
254-JA 新会員の推薦はいかにするか
255-JA 職業奉仕入門
265-MU 祝御入会フォルダー
318-MU ロータリー財団マーク入りポスター
329-MU ポリオにうち克つ
363-JA ロータリーのいろは
416-JA 小規模クラブ会員増加の表彰
417-JA 会員増強推進用手引き
423-JA 会員候補者のための情報キット
426-JA 新会員のための情報キット
547-JA RI視覚的イメージのための手引き
562-JA ローターアクト必携
654-JA インターアクト要覧
659-JA インターアクト会員証
663-JA ローターアクト・パンフレット
694-JA ロータリー青少年指導者養成プログラム指針
695-JA ロータリー青少年指導者養成セミナー修了証書
729-JA ロータリー親睦活動要覧
746-JA 青少年交換要覧
750-MU 青少年交換絵葉書
751-MU 青少年交換ポスター
755-JA 長期青少年交換パンフレット
756-JA 短期青少年交換パンフレット
775-JA 虐待とハラスメント防止に関する研修の手引き
および研修リーダー用手引き
925-JA 過ぎし時に敬意を表して:ポール・ハリス語録
986-JA ロータリーの2億ドルのチャレンジ・パンフレット
RVM4.1 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン 4.1
RVM4.2 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン 4.2
RVM4.3 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン 4.3
RVM5.1 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン 5.1
RVM5.2 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン 5.2
RVM5.3 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン 5.3
RVM0506 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン第1巻(第1~3号)
RVM0607 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン第2巻(第1~3号)
RVM0708 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン第3巻(第1~3号)
RVM0809 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン第4巻(第1~3号)
RVM0910 RVM:ロータリアン・ビデオ・マガジン第5巻(第1~3号)
米山奨学会へ頼むもの
米山記念奨学事業・豆辞典
豆辞典パワーポイント
クラブ米山記念奨学委員長の手引き(米山寄付金マニュアル付)
米山学友の群像vol.3
事業報告書
事業報告書(統計資料編)
ロータリー米山記念奨学会 決算報告書
奨学事業紹介ポスター
グラフィックバナー 3枚組 /無料貸出し
バナースタンド   ¥8,000-にて頒布
DVD:「すばらしい贈り物」 奨学生編(22分)
DVD:「心をつないで、世界へ] 学友活躍編 15分
新入会員用リーフレット(四つ折) 日本語版
※ バナースタンド以外は無料です 
※ 「ご存じですか、米山広報ツール」より抜粋。
第2780地区
のぼり旗(青・赤 30本ずつ) 
ゼッケン(50枚)
ポスター(米山、財団)
国旗(41か国)
ロータリー旗
ビデオ(一部DVD)
その他 : 「ダメ。ゼッタイ。」麻薬・覚せい剤乱用防止センター
地区から届いたもの以外で希望する場合は、下記へ連絡。
■(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-7-9(第一岡名ビル2F)
TEL 03-(3581)7436~7 FAX 03(3581)7438
国際ロータリー ポリオプラス・キャンペーン
財団法人ロータリー -米山奨学会-
新世代のためのロータリープログラム
日本のロータリーと米山梅吉
水漫の・・・米山梅吉の生涯
""YES TO LIFE
薬物乱用はダメ、ゼッタイ。""
米山月間によせて -日本のロータリーと米山奨学事業-   など。
薬物乱用防止読本
小学生向け啓発資材
薬物乱用防止マニュアルQ&A
薬物乱用防止教室推進の手引き
学校に於ける薬物乱用防止教室マニュアル
機能と役割
これだけは知っておきたい薬物乱用の知識
ポスターB2
ポスターB3
リーフレット
3D下敷き「ダメ。ゼッタイ。」
啓発用キズバンソーコー
携帯ストラップ
キャンペーン用帽子
乱用薬物の模造標本
啓発活動用パネル10枚組
映像資材:啓発用ビデオ(23~27)/(29~39)
映像資材:啓発用ビデオ(27・28)
映像資材:啓発用DVD(35~42)
※別紙「啓発資材申込書」が必要(ホームページよりダウンロード可)
上記の資料は、薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページより抜粋。
http://www.dapc.or.jp/info/index.htm

「未来の夢」準備委員会

リソースライブラリ

未来の夢計画リソースライブラリ

  FVP運営規程案最終版 2014-3-15改訂版(848KB)
  補助金申請ハンドブック(提案書,申請書 書式) 2014-02-15版(270KB)
  附則7 選考基準 2013-6-15改定版(347KB)
  財団補助金ハンドブック1 「計画から申請まで」2014-7-1改定版(3Mb)
  財団補助金ハンドブック3 クラブ事務編 2014-7-1改訂版(2Mb)

  438j財団セミナー手引き(8.5Mb)
  FVPへの移行準備(0.5Mb)
  FVP概要説明&パンフ(8.6Mb)
  R財団委員会要覧2011-12版(13.7Mb)
  クラブ要覧(12.5Mb)
  財団一般(0.2Mb)
  補助金 書類と財務の管理(1.1Mb)
  補助金 立案・計画・提案・申請、授与と資格(3.6Mb)
  補助金管理セミナー(13.6Mb)
  補助金奉仕プロジェクト&奨学金とVTT(10.0Mb)


テレビ大阪特別番組

  テレビ大阪「感染症ポリオ残り1%の戦い」
※本件資料につきまして権利関係が不明な状況が明らかになり、2012/03/09直ちに掲載を中止サーバーより削除いたしました。関係者の皆様には大変なご迷惑をお掛けしましたこと深くお詫び申し上げます。
本件に関するお問い合わせ:0466-25-8855 2780地区 ガバナー事務所

何のために?

未来の夢計画は何のために?

 今回はこの目的と理由について触れてみます。当初概要を聞いたとき、夢も希望もないただのリストラではないかと疑問に思いました。そのように感じた方も多いと思われます。しかし、計画の趣旨をじっくり読むと、大胆に変革するようですが、本来のロータリーに復元される内容であり、ロータリーの理念、財団の使命に沿った中身であります。これは期待しても良いのではないでしょうか。そこで改めて原点である理念、使命を振り返ってみましょう。

国際ロータリーの使命

 『他者に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進すること』です。
 「ロータリー財団の使命」 は 『ロータリアンが「健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済する」ことを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにする』。 そして、「財団の新しい使命」は『世界でよいことをしよう』となっています。

「未来の夢計画」に至る財団の背景と理由

① ロータリー財団は創立以来、殆んど変更してきませんでした。
② 全ての人々に全てを提供しようとすることが、財団の使命の実現を困難にさせてしまいました。

「制度疲労の財団から脱皮」するために

 当地区の会員の皆様の中には、今まで寄付をしても口も手も出さないできた。しかし、その使途がよく見えないし、財団の中央集権に不満や疑問を持ちながらも、自分たちで積極的に寄付を活用することを諦めていませんでしたか?
 しかし、WF では近年、奉仕プロジェクトの補助金申請が急増した結果、審査と事務手続きに忙殺され、ばら撒きと非効率により、本来のロータリーらしい奉仕、効果のある奉仕が難くなりました。このままでは財団本部が肥大化し、コストパフォーマンスの悪い組織となり、財団の目的・使命から外れていきます。そこで広く意見を集め変革を検討し、結論を得た内容が未来の夢計画です。

「未来の夢計画」の狙いとその効果

① 財団の使命を新たにするために、奉仕の第二世紀に移行する。
② ロータリアンが多岐にわたるプロジェクトを実施することで、効果的で効率のよい支援方法を編み出す。
③ 新たな構造によって、私たちの長所を土台としながら、持続可能な成果を実現する。 いわゆるロータリーの構造改革と事業仕訳です。

「集中と選択」、「地方分権と主体性」「結果重視」

 私は変革のキーワードはこの3つではないかと思っております。WF が主体で行うものは、ポリオ・プラス 、世界平和フェロープログラムをはじめとして 、世界で最も必要とされる、持続的で効果的な大きなプロジェクトに集中する。
 そして、地区の裁量に任せる新地区補助金は、クラブと会員が主体的となる、地元地域社会や海外への奉仕活動で、地区の特徴を表した小規模奉仕プロジェクト。DDF とWF を組み合わせたグローバル補助金は比較的大きな奉仕活動(3万ドル以上)とし、海外への教育的・人道的なプログラムで、持続的かつ将来現地の協力者に移管できるもの。或いは、海外への留学、職業研修等が考えられます。今までとは違いクラブが自主的に計画し執行されることが狙いです。従って、できるだけ早い段階から内容を掌握されることが望まししいと考えます。
 次回は地区の本計画準備の方向性と活動計画に触れたいと思います。

なぜ今から?

未来の夢計画はなぜ今から準備するのか?

 2013 年~ 14 年度には、全世界の地区において、新しいロータリー財団のシステムが具体的に実施されます。3 年先のことを今からなぜ騒ぐのかと疑問に思われるでしょう。寄付のお願いも、財団の使命である「健康状態の改善、教育への支援、貧困の救済」の支援を通じて、世界理解、親善、平和の達成も今まで通りです。また、WFⅰ主体で行っているポリオ・プラスと世界平和フェロープログラムもそのまま続行されます。それなのになぜにそんなに急ぐのか、その理由をお伝えしたいと思います。

クラブの意思表示がないと・・・・3年後当地区の財団は休止に!!

 現行のロータリー財団の地区活動プログラム、つまり既定の「国際親善奨学金、研究グループ交換、地区補助金、少額のマッチング・グラント」等は全て廃止され、一度白紙になります。従って、当地区の各クラブおよび地区財団委員会が、今後どのような財団の活動方針にするかを決め、具体的な活動プログラムを決めない限り、2013 年以降の財団活動は停止することになります。
 従来は、財団本部の管理委員会が方針を決め、既成プログラムに沿って、殆ど変わることなく繰り返して来ました。しかし、これからの地区活動資金(DDF) ⅱの使途については、毎年地区ごとに、各クラブと地区の方針と提案によって決められ、主体が地区に移り、運営が大きく違って来ます。下表は進行予定のイメージです。
次回は、地区活動資金の仕組みと使途について触れてみたいと思います。

クラブ奉仕委員会

資料・報告書

資料・報告書

ご不明な点につきましては全て、地区クラブ奉仕委員会にお尋ね下さい。

クラブ充実と活性化を目指すための活動計画の指標 2013手続要覧によるクラブ定款、クラブ細則の例

定款で修正できる部分は、クラブ名及び所在地のみです。

2013地区・研修協議会クラブ奉仕部門資料

規定審議会

規定審議会

規定審議会の審議経過と結果 資料

職業研修

末来の夢計画VTT

2013-2014年度から始まる「末来の夢計画」(Future Vision Plan)において、ロータリー財団が推奨するグローバル補助金を活用した新しい職業研修プログラムVTT(Vocational Training Team)がスタート致します。
当地区におきましては、これまでの研究グループ交換(GSE)の実績をふまえ、各クラブからロータリー財団の目指す6つの重点項目に合致した研修プログラムの申し出があれば、積極的に支援し実現したいと考えております。
つきましては、実施を計画したいプロジェクトをお持ちのクラブは、下記の募集要項に従い各ガバナー補佐を通じてお申し込みください。

募集期間:2012年12月11日(火)~2013年1月11日(金)
応募方法:所定の提案書に記載のうえ、各グループガバナー補佐にご提出ください。
選考方法:1. 2013年1月に開催する職業研修委員会で決定。
          2. 提出された計画書について説明を必要とする場合は、
          提出クラブ代表者の出席を依頼いたします。
選考基準:1.別紙(VTTプログラム プロジェクト募集の方針参照)
          なお、採択されたプロジェクトはクラブと職業研修委員会の間で
          実施に向けた調整をしてまいります。

各種資料 応募申請書

2012-13報告

国際ロータリーGSEプログラム

あなたも職業を通し国際人に!
あなたの人生・心を豊かにする海外職業研修に参加しませんか?

今年度の派遣国は?
米国 第7720地区(ノースカロライナ州)
派遣期間:2013年4月20日~5月19日 20日(日本着)

参加条件
  • 対象年齢
    25~40歳
  • 職務経験
    2年以上の職務経験
各種資料 応募申請書

2009-10報告

Group Study Exchange

2009-10研究グループ交換報告 派遣期間:2010年4月18日~5月17日 
 2009~2010年度の研究グループ交換は、アメリカ合衆国コネチカット州とマサチューセッツ州に位置するRI第7890地区と実施しました。当地区からの派遣メンバーは次のとおりです。
リーダー杉岡 芳樹(相模原RC)
メンバー原  徳郎(秦野名水RC)関  珠美(横須賀RC)
松岡 奈々(相模原RC)古橋 みか(相模原RC)
例会訪問

 GSE活動の大きな中心行事といえます。毎年 10回から15回程度のロータリークラブ訪問が行われます。例会では日本、神奈川の紹介プレゼンテーション、現地語でのスピーチ、歌、ゲームなどを用意して、各クラブのロータリアンの前で披露します。  例会の最後に各メンバーのスポンサークラブのバナーフラッグの交換、記念品の贈呈などが行われます。このときメンバーはロータリーの組織の大きさと世界に多くの友人が出来たことを実感します。
空港にお出迎え ガバナー、GSEメンバー
バナー交換 例会にて
施設訪問

 施設訪問は観光施設への訪問もありますが、通常の観光旅行とは違い、ロータリアンが用意したスペシャルプログラムです。同じ博物館でも普通では見学出来ないエリアや専門家の説明があります。渡航前にリクエストしたことが実現出来たりするサプライズもあります。
 訪問地域について勉強しておくことが大切です。
ケネディーミュージアム訪問 ジョン万次郎記念館訪問
バスケットボールミュージアム見学 州会議事堂にて
ホームステイ

 GSEの活動期間中、多くの宿泊はロータリアンの家庭になります。特に、週末は家族と行楽に出かけたり、自分の個人的に興味のあることをリクエストしたりして過ごします。活動期間中は5~8世帯程度のホストファミリーのお宅に滞在することになります。これまでプログラムに参加したメンバーからは、最も思い出に残るイベントだったという声が多く聞かれます。
 折り紙や簡単な遊びそして、少しのお土産をお忘れなく。
ホームステイの家族が集まりレクレーション ホームステイの家族との週末(フリー時間)
職業研修

 職業人の集まりであるロータリーが、GSE活動の中で最も重要視するイベントです。各自の専門性に合わせた事業所の訪問、場合によっては仕事に挑戦することもあります。渡航前になるべく具体的に自分の職業を紹介し、どのようなことをしたいかを伝えておくことが重要です。職種によっては日本とは概念が全く違うものもあります。単なる見学ではない職業体験が出来るのもGSEの大きな魅力です。
商工会議所訪問 職業研修(市役所)
職業研修(歯医者) 職業研修(設計事務所)
地区大会

 海外の地区では、GSEの来訪に合わせて地区大会が開催されることが多くあります。
 大会ではロータリーのプログラムに参加する若者たちが集合します。世代を超えた交流が出来るのもロータリーの楽しみです。
サラトガ地区大会にて青少年交換のメンバー ローカル新聞にRCGSEの掲載

ロータリー平和フェロー

2014年度平和 フェロー募集

2012年ロータリー平和センターより申請者募集のご案内

応募締切り:2013/04/30


・ロータリー・リーダー各位
日本出身のロータリー平和フェロー学友、寺西悦子さんは、草の根の平和構築活動に熱意を注いできました。この熱意を評価した茨木東ロータリー・クラブ(第2660地区)により、寺西さんがロータリー平和フェローシップに推薦されたのは、数年前でした。2008年にクイーンズランド大学のロータリー平和センターを卒業した寺西さんは、その後ネパールに渡り、現在International Organization for Migration(国際移住機関)に勤務し、避難民の人身売買問題を軽減する任務に当たっています。

寺西さんは、地元のロータリー・クラブのおかげで、平和への自身の熱意を、ネパールで持続的な平和を生み出す 取り組みにつなげることができました。ロータリー平和フェローのこのような功績は、日本のロータリアンの皆さまの厚いご支援なしには、ありえなかったこと です。

ロータリー平和センターは、現在アジアにおける将来のリーダーを探しており、つきましては皆さまのご協力をお願いいたします。現在までに、日本から23人のロータリー平和フェローが生まれ、世界各地で平和に貢献していますが、皆さまのご支援で、次の平和フェローを日本から送り出したいと考えております。

ロータリーは、2012年度のロータリー平和フェローの申請書を受け付けています。平和フェローになるにふさわしい候補者の勧誘につ いての情報は、オンラインのプログラムの手引きをご覧ください。また下記の勧誘のヒントもご参照ください。申請書(WordまたはPDF形式)は、ウェブサイトからダウンロードしていただけます(www.rotary.org/rotarycentersで画面下の「日本語」をクリック)。

修士号取得プログラムおよび専門能力 開発修了証プログラムの申請資格の説明は、以下、またはオンラインでもご覧いただけます。勧誘方法、または申請手続に関するご質問は、ニッキ・フリッツまでEメール(Niki.Fritz@rotary.org)でお問い合わせください。

なお、地区が平和フェロー候補者を推薦したことにより、DDFを寄贈する、あるいは寄贈の約束をする義務は生じません。平和フェローの費用は、すべてロータリー平和センター・プログラムの資金で賄われています。地区が平和フェロー候補者を何人推薦しても、地区に金銭上の義務は一切ありません。

貴地区のお力添えにより、将来の平和構築専門家を日本で見つけられるよう願っております。

ロータリーの活動を通じて世界理解と平和を築く皆さ まの日ごろのご尽力に、心より感謝いたしております。

ロータリー・センター職員一同


・ロータリー平和フェロー候補者勧誘の三つのヒント
  1. 地域の団体や組織と積極的に接触する
    プレス・リリースやパンフレットなどを送付します。
  2. 地域の団体や個人を、平和センター関連特別行事に招待する
    ロータリー平和センター・プログラムに関する説明会や、
    平和フェローによる講演を催し、地域の団体や個人を招待します。
  3. 機会あるごとに平和センターの話題に触れる
    ロータリー平和フェローシップについて、機会あるごとに触れる。
    クラブ例会、夕食会、ゴルフや釣りの付き合いなどは、
    平和フェローシップについて語る良い機会です。
   このほかのアイデア、リソースへのリンクは、こちらにあります。


・修士号取得プログラム:申請資格およびプログラム情報
ロータリー平和センターの修士号取得プログラムは、平和構築における未来のリーダーを育成するために設立されました。ロータリー平和フェローには、15~24カ月の留学期間 に平和と紛争解決の分野で修士号を取得するための奨学金が授与されます。フェローは、世界各地にあるロータリー平和センターの内いずれか一カ所で研究活動をし、さらに有給で2~3カ月間のインターンシップ(実地研修)を受けます。ロータリー平和センターに詳細は、ウェブサイト(www.rotary.org/rotarycentersで、画面下にある「日本語」をクリック)をご覧ください。




  修士号取得プログラム申請資格:
  • 申請時までに学士号またはそれに相当する学位を取得
  • 有給・無給を問わず、少なくとも合計3年間のフルタイムの職歴
  • 英語および第二外国語(英語圏以外の平和センターのみ)に堪能
  • 平和と紛争解決に対する明らかな熱意と献身


・専門能力開発修了証プログラム:申請資格およびプログラム情報
ロータリー平和センターの平 和と紛争解決の分野における専門能力開発修了証プログラムは、既に現場で活躍している平和構築リーダーを支援するために設立されました。 タイ・バンコクのチュラロンコーン大学で、毎年2回、各セッションにそれぞれ最多25人のフェローが参加して行われます。関連分野の専門家からなる講師陣による指導の下、理論と実地のバランスが 取れた研究をしながら、講師と参加者両方の多様な経験を生かすプログラムとなっています。各セッションでは、3週間にわたる実地研修も行われます。ロータ リー平和センターに関する詳細は、ウェブサイト(www.rotary.org/rotarycentersで、画面下の「日本語」をクリック)をご覧ください。


  専門能力開発修了証プログラムの申請資格:
  • 申請時までに学士号またはそれに相当する学位を取得
  • 少なくとも5年間のフルタイムの職歴
  • 英語に堪能
  • 平和と紛争解決に対する明らかな熱意と献心


・ロータリー平和フェロー奨学生のブログ
  ロータリー平和フェローとして
 日々の奨学生の活動がブログを通して報告されていますので、
 ぜひご覧ください。

R財団資金推進

ロータリーカード

ロータリーカードを使いましょう

皆様はロータリーカードをご存知ですか。
国際ロータリーでは、より良き世界のためにクレジットカード・プログラムを実施しています。
このカードを使って買い物をすると、その金額の0.3%が会員の負担なしにロータリー財団に寄付されます。ロータリーカードは財団活動を支援する唯一のオフィシャルクレジットカードです。2000年にアメリカで初めて導入されたロータリーカードは日本でも導入されています。
当地区でも財団支援の一環としてロータリーカード普及を推進することになりました。私ども資金推進委員会の内野副委員長が地区のロータリーカード推進の担当者となります。各クラブでもロータリーカードの推進担当者を選任していただき、8月末までに一人以上お申込みいただきたいと思います。
カードには年会費10,500円のゴールド・マスター・カードと年会費無料のスタンダード・マスターカードの2種類があります。
このカードの詳しい内容、申込み方法はこちらをご覧ください。
皆様のご理解、ご協力により少しでもカードの普及を図りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

お得なポイントサービス
  • おトク1
    毎月のカードショッピングのご利用金額1,000円につき、
    1ポイント貯まります!
  • おトク2
    「暮らスマイル」の魅力は、業界最高水準のポイント還元率。
    使うほどステージがアップして最大2.5倍のポイントが貯まります!
  • おトク3
    毎月のお支払い(携帯電話、公共料金、高速・有料道路のご利用金額)を
    カード決済にすると、さらにポイントが2倍貯まります。
  • おトク4
    「オリコモール」経由でお買い物をすると、ポイントがいつもより2~10倍貯まります。

R財団資金推進委員長 脇洋一郎(茅ヶ崎湘南RC)

R情報委員会

RI規定審議会情報

2010 RI規定審議会情報

2010 年規定審議会の決定に基づく
国際ロータリー組織規定(改訂版)
標準ロータリー・クラブ定款
旧来定款との差分

ロータリー用語

ロータリー用語 2007-08 R情報委員会

1.アイ・エム(lM:Intercity Meeting)
近隣都市数クラブが集って開かれるロータリーの会合。
2.アール・アイ(RI:Rotary Intemational)
国際ロータリーのこと。世界中のロータリークラブの連合体。
3.イニシエーション・スピーチ(Initiation Speech)
ロータリーに入会して、経歴、職業、趣味など自己紹介すること。
4.インターアクト・クラブ
奉仕と国際理解に献身する若い人のためにロータリー・クラブが提唱するクラブ。中・高校生の年令層の学生が入会できる。(14歳~18歳)
5.エス・エー・エー(SAA:Sergeant at arms)
会場監督。例会や会議が秩序正しく設営されるよう監督する人。
6.工レクト
次期にその役職につく人(ガバナーエレクト・会長エレクトなど)
7.会員増強及び拡大月間(8月)
新会員を推薦し、クラブの会員増強ならびに新しいクラブ創立をはかるために設けられた月間。
8.会長エレクト研修セミナー(PETS:Presidents-Elect Training Seminar)
次期クラブ会長がその任務に備えて研修を受ける。
9.ガバナー
地区内のクラブによって指名され、RI国際大会の選挙で選ばれた地区内における唯一のRI役員のこと。
10.ガバナー月信(Governor'sMonthlyLetter)
地区内の会長と幹事それぞれに月信を発行するのは、ガバナーの任務である。月信は、地区内クラブのその月の会員数と出席報告など、特に関心も高く重要な事項を直接、公式に伝達するものである。
11.ガバナー公式訪問
地区内の各クラブの管理運営とロータリー活動の推進と向上を促すためガバナーが訪問すること。
12.ガバナー補佐(AssistantGovernor)
地区レベルでの任務を遂行し、担当クラブの管理・運営に関してガバナーを補佐する。
13.規定審議会
組織内から提出された制定案と決議案について審議決定する、RIの立法機関。(3年に一度開催される)
14.クラブ管理運営委員会
クラブ奉仕に積極的に取り組み、クラブの効果的な運営に関する活動を企画立案し、実施する。
15.クラブ協議会
クラブのプログラムと活動について協議するためのクラブ役員、理事、委員会委員長の会合で、他の会員も出席して開催される。
16.クラブ・フォーラム
四大奉仕活動について、その内容を検討し実施に向けて会員全員で討議する。(クラブ討論会)
17.クラブ奉仕(ロータリーの第一奉仕部門)
奉仕の第一部門であるクラブ奉仕は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わるものである。
18.クラブ年次総会
クラブの次期理事、役員を選出する為に開催される会議で毎年12月31日までに開催されなければならない。
19.クラブ役員
選挙によって選ばれた会長、会長エレクト、副会長、幹事、会計、会場監督のこと。
20.クラブ理事会
クラブでの提案や決議を審議する、クラブの最高議決機関。
21.クラブ・リーダーシップ・プラン(CLP:ClubLeadershipPlan)
効果的なクラブとなるための委員会組織、活動計画、目標設定を行い、手続きの標準化と諸活動の方向付けを行う。
22.クラブ例会
定例の曜日に、定例の時間に開催される毎週の例会。
23.広報委員会
ロータリーの歴史、綱領及び規模を一般に知らせる宣伝方法を考案し、それを実施する。
24.国際協議会
ガバナーエレクトに対してロータリー教育と管理上の任務に関する指導を行う会議。
25.国際親善奨学金
多くの国の有望な学生を他国に派遣し、国際親善と理解を深め、勉学の機会を提供する。通常1-2学年度がある。
26.国際大会
全ロータリアン、特に次期クラブ会長、RI及びクラブの次期役員を鼓舞、激励し、情報を与える。来る年度のRI役員を選挙する。
27.国際奉仕(ロータリーの第四奉仕部門)
奉仕の第四部門である国際奉仕は、書物などを読むことや通信を通じて、さらには他国の人々を助ける事を目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や習慣、功績、願い、問題に対する認識を培うことによって、国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動からなるものである。
28.コ・ホスト・クラブ
ホストクラブと共に、合同会合の計画実施に協力するクラブ。
29.財団学友
元奨学生、元研究グループ交換参加者で地区やクラブ会合のプログラムや講演、広報の支援者として期待されている。
30.財団プログラム
人道的プログラム、教育的プログラム、ポリオ・プラスプログラムなどがあり、ロータリー奉仕活動の中心となっている。
31.財団への寄付
年次プログラム基金(年次寄付)、恒久基金、ポリオ・プラス基金等があり、それぞれの目的達成のために充てられる。
32.雑誌委員会
ロータリーの友、ガバナ一月信などを活用し、ロータリアンだけでなく他の人々にも贈呈し関心を持ってもらう。
33.3-Hプログラム(Health,Hunger and Humanity program)
人々の健康状態を改善し、飢餓を救済し、人間性尊重のために行われるプログラム。
34.シェア・システム
ロータリー財団プログラム奨学金および補助金が世界中に配布される仕組。
35.ジー・エス・イー(GSE:Group Study Exchange 研究グループ交換)
異なる国の地区と地区で25歳~40歳の専門職務及び事業にたずさわっている人の交換をし、異なる職業や文化を学び合う財団の教育プログラム。
36.識字率向上月間(3月)
RIの強調事項の一つ。読み書き、計算のできない人達を援助し、識字率の向上をはかるために定められている。
37.社会奉仕(ロータリーの第三奉仕部門)
奉仕の第三部門である社会奉仕は、クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みから成るものである。
38.出席委員会
例会、地区大会、国際大会等あらゆるロータリーの会合に出席するよう促す。
39.情報集会
クラブ会員にロータリーに関する情報を伝達するために開催される会合。
40.職業奉仕(ロータリーの第二奉仕部門)
奉仕の第二部門である職業奉仕は、事業及び専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理想を生かしていくという目的を持つものである。会員の役割には、ロータリーの理念に従って自分自身を律し、事業を行う事が含まれる。
41.職業奉仕月間(10月)
職業奉仕の理想を日常的に実践するよう強調するために定められている。
42.新世代育成委員会
同地域の青少年を援助し、また彼らの価値や潜在能力に対する社会の人々の評価を高めるよう活動していく上に適切な方策を考案し、実施する。
43.新会員の入会式
各クラブで独自の厳粛で意義深い新会員のための入会式を行うよう奨励されている。
44.新世代のための月間(9月)
30歳までの若い人の育成を支援する全てのロータリー活動に焦点をあてるために定められている。
45.親睦活動委員会
会員間の友誼と親睦をはかるため、レクリエーションや社交的諸活動を実施し、会員の参加を促す。
46.推奨クラブ細則(RecommendedClubBylaws)
本細則の内容は理事、役員の選挙、理事会、役員の任務、会合、入会金、会費、採決の方法、委員会、委員会の任務、出席義務規定の免除、財務、会員選挙の方法、決議、議事の順序、改正について記載されている。この細則はRIの定款細則と矛盾しない限り、クラブ自身の事情に応じて、細則に規定する手続きに従い変更することができる。
47.スポンサー・クラブ
新しいクラブが結成される際、その計画と遂行を援助し、指導し、新クラブの活動を見守る。
48.スマイル・ボックス(にこにこ箱)
例会場で会員が自由意志で善意の寄付をすること。集ったお金は主に社会奉仕と国際奉仕の活動資金として使用される。
49.青少年交換
年齢15歳から19歳までの青少年に外国を訪問したり、留学する機会を与えるプログラム。
50.世界社会奉仕(WCS:World Community Service)
国際奉仕に属する活動。物質的、技術的、専門的な援助を通じて人々の生活改善に寄与する。
51.世界平和フェローシップ(WPF:World Peace Fellowship)
財団は、世界の名門6大学と提携し、6つの国際問題研究のためのロータリー・センターを設立した。財団は毎年、平和、紛争解決を研究するロータリー世界平和奨学生を後援する。
52.世界理解月間(2月)
世界平和を目指し、相互理解と親善を強調し、世界社会奉仕プログラムの実施を促すために定められた。
53.世話クラブ・カウンセラー制度
ロータリー米山記念奨学生一人ひとりに世話クラブが選ばれ、さらにそのクラブの中からカウンセラーが付き、奨学生の世話をし、交流を深める。
54.創立会員(Charter Member)
新クラブ結成の際、RI加盟申請時に提出される20名以上の会員名簿に記載されている人。
55.ゾーン
RI地区内のクラブ集団。ロータリー研究会開催の基礎。世界で34、日本は4ゾーンに分かれている。
56.卓話
例会での後半30分で行われるメインスピーチのこと。
57.地区幹事(District Secretary)
地区幹事は、ロータリーに精通、地区会合の準備、適切な書簡処理、諸地区会合の議事録の編集、諸種の記録保存等の日常の管理事務の面でガバナーを補佐する。
58.地区協議会(District Assembly)
クラブの次期指導者が、それぞれの任務に備えて準備をするための会合。通常は4-5月に開催される。
59.地区財団活動資金(DDF:District Designated Fund)
年次寄付の50%は地区財団活動資金として地区がその使い道を決めることができる。
60.地区資金
地区の提唱するプロジェクトの推進と、地区の管理運営に必要な資金。
61.地区指導者育成セミナー
ガバナーがクラブの指導的役割りをはたしてきたロータリアンにクラブレベルを超えて、ロータリーにおいて奉仕するために必要な能力と知識を開発し、意欲を持つよう育成する会合。
62.地区諮問委員会
地区管理のあらゆる面についてガバナーに助言する委員会で、地区の元ガバナーが選ばれる。
63.地区大会
地区内クラブやRI全般に関する問題を討議しロータリーのプログラムを推進するため、地区内ロータリアン全員の出席のもとに開催される。
64・地区補助金
各クラブが社会奉仕、国際奉仕プログラムを実施する際、地区に申請し、審査の上認定されたプログラムに支払われる補助金。
65.地区リーダーシップ・フラン(DLP:District Leadership Plan)
地区の運営を効率化し、その効果と費用の削減を目標に、ガバナー補佐の役割りや組織構成をRI理事会が決定し、地区が実施する。
66.チャーター・ナイト
クラブにRIから加盟認証状が伝達された時に行われる式典及び祝賀会。
67.定款(Constitution)
ロータリー組織の基礎となるRI定款、及び加盟クラブ組織の基礎となるクラブ定款がある。
68.手続要覧(ロータリアンの手引き)
RIに関する基本的事項を解説した方針や手続に関する参考書。3年ごとに開かれる規定審議会後に改訂される。
69.登録料
国際大会、地区大会など公式の会合に出席するための参加料。
70.特別代表
ガバナーの指名により、ガバナーに代ってクラブ結成の手続一切を行う通常1名のロータリアン。通常スポンサークラブの会員から指名される。
71.年会費
正会員はそのクラブの細則に定める年会費をクラブに納入しなければならない。金額は各クラブで個々に定める。
72.年次寄付(財団の一般寄付)
財団にロータリアンが毎年行う使途を指定しない一般寄付のこと。
73.ノミニー
次々期役職につく人。(ガバナーノミニー、会長ノミニーなど)
74.パスト・ガバナー(PG:Past Governor)
過去に地区ガバナーとなり、現在もクラブ会員であり、地区諮問委員会のメンバーとなっている人。
75.バナー
各クラブの所在地、国、地域、特徴を表現するようデザインされた旗やペナントのこと。
76.ビジター
他クラブからメークアップに来たロータリアンをビジターという。
77.プログラム委員会
クラブの例会や特別の会合のためにプログラムを計画し、準備し、実施を担当する。
78.ベネファクター
ロータリー財団に1,000ドル以上を恒久基金として無条件で寄付した人。
79.奉仕プロジェクト垂員会
地元地域社会及び他国の地域社会におけるニーズに応える教育的、人道的及び職業的プログラムを企画し、実施する。
80.奉仕の理想(Ideal of Service)
個人生活、社会生活、職業生活において社会に感謝し、利己よりも利他を求めるロータリーの奉仕哲学。
81.ホスト・クラブ
ロータリークラブが集って諸会合を開く時、その会合の世話役となって計画を立て、実施の役割りをつとめるクラブ。
82.ポリオ・プラス
ポリオ・プラスは、RIの特別プログラムであり、撲滅の証明が達成されるまで、他の全てのプログラム以上に優先される。このプログラムには、ワクチンを供給し、届ける事を支援するばかりでなく、ポリオの撲滅を直接支援する活動も含まれる。こうした活動には、「全国予防接種日」を組織すること、監視制度を通じてのウイルスを追跡すること、僻地の無防備の子供-予防接種をすること、政府や他の資金援助団体に対してポリオ撲滅の追加資金の投入の緊急性、必要性、効果について情報を伝達することなどが含まれる。
83.ポ-ル・ハリス(Paul Percy Harris)
ロータリーの創始者。(1905年2月23日、米国イリノイ州シカゴにおいて、青年弁護士、ポール・P・ハリスによってロータリーが創始された。)
84.ポール・ハリス・フェロー
ロータリー財団に1,000ドルを寄付した人。
85.マッチング・グラント(MatchingGrants)
ロータリー財団の人道的プログラムでクラブや地区の拠出資金に応じてロータリー財団から補助される。
86.名誉会員
ロータリーの理想推進のために賞賛に値する奉仕をした人。名誉会員はクラブが与える最高の栄誉である。
87.メークアップ
自ロータリークラブの例会に欠席した時、その例会日の前後2週間の間に他クラブの例会、または承認された会合に出席することをいう。
88.四つのテスト(The Four-Way Test)
ロータリアンの道徳的指標。人生のあらゆる面で適用すべきであるが、特に事業生活、職業生活の面で活用することが奨励されている。(裏表紙参照)
言行はこれに照らしてから
1.真実かどうか
2.みんなに公平か
3.好意と友情を深めるか
4.みんなのためになるかどうか
89.四大奉仕部門
ロータリーの四大奉仕部門は本ロータリークラブの活動の哲学的及び実際的な基準であり、①クラブ奉仕、②職業奉仕、③社会奉仕、④国際奉仕の四部門である。(17、40、37、27参照)
90.米山梅吉
1920年世界855番目のロータリークラブ(東京RC)を創設し、日本に初めてのロータリーを導入した人。東京RCの初代会長。
91.ライラ(RYLA:ロータリー青少年指導者養成プログラム)
若い人々の指導者及び善良な市民としての資質を伸ばすことを目的としたプログラム。14歳~18歳までと19歳~30歳までの2グループがある。
92.ローターアクト・クラブ
奉仕を志向する市民と指導者を育成するため、若年成人(18歳~30歳)を対象に、ロータリー・クラブが提唱するクラブ。
93.ロータリー家族月間(12月)
会員とその配偶者や子ども、親戚、元ロータリアン及びロータリーに関わりのある全ての人々と良好な関係を築くための月間。
94.ロータリー研究会
元、現、次期地区ガバナー及びゾーンを構成するRI役員のための研究会。
95.ロータリー財団(TRF:The Rotary Foundation)
1917年、アーチ.C.クランフが「全世界的な規模で慈善、教育、その他、社会奉仕のために基金を作ろう」との提案で始まった。
96.ロータリー財団月間(11月)
財団の奨学金事業及び人導的事業について知識と理解を深め、財団の推進に役立つプログラムを実施する月間。
97.ロータリー章典
RI理事会の一般的及び永続的な方針の全てが含まれた統括的な文章。
98.ロータリー情報委員会
全会員、特に新会員がロータリーを十分理解し、会員の特典と責務を伝え、知識を広めるプログラムを提供する。
99.ロータリー親睦活動月間(6月)
職業別、趣味別に集ったロータリアンがレクリエーション活動や親睦活動を通して、善意の重要性を知り合うための月間。
100.ロータリー創立記念日(1905年2月23日)
ポール・ハリスがシカゴで3人の友人と初めて会合をした日。
101.ロータリー雑誌月間(4月)
RIの公式機関紙「ザ・ロータリアン」や「ロータリーの友」など、ロータリーの雑誌に対する会員の認識を深め、ロータリー情報の普及をはかる。
102.ロータリー特別月間
クラブだけでなく、ロータリーアン一人ひとりが、ロータリーの活動に参加するよう強調するため、国際ロータリー(RI)理事会が指定した月間のことです。
103.ロータリーの徽章(Erpblem)
RIの公式徽章は6本の輪(スポークのこと)と24の輪歯及び一つの横穴のある歯車である。色はロイヤルブルーと金色である。
104.ロータリーの綱領(The Object of Rotary)
ロータリーの綱領はRI定款第4条ならびに標準クラブ定款第4条に同一の条文として記載されており、ロータリーの目的を示す最重要の規定です。全てのRI組織、クラブ、ロータリアンは綱領に掲げられた目的に向って活動しなければならない。
ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹、育成することにある。
①奉仕の機会として知り合いを広めること。
②事業および専門職務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめること。
③ロータリアンすべてが、その個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。
④奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。
105.ロータリーの友
1952年、日本の地区が東日本、西日本の二地区に分かれた時、共通の雑誌を発行することになった。現在はRIより地域雑誌に指定されクラブ会員は購読義務がある。
106.ロータリーの標語(Rotary Motto)
「超我の奉仕」(Service Above Self)および「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」("They Profit Most Who Seeve Best")が、ロータリーの公式標語である。前者がロータリーの第1標語で、後者は、第2標語である。2004年規定審議会で修正が加えられ、"he"が"they"に置き換えられた。
107.ロータリー理解推進月間(1月)
ロータリーの広報活動や情報集会、討論会、セミナーなどを通じて、ロータリーの理解を推進する月間。
108.口-タリー米山記念奨学会
日本の大学及び大学院に在籍している外国人留学生に奨学金を支給し、国際理解と親善に寄与することを目的とする。
109.ロータリー米山月間(10月)
米山記念奨学事業の意義を深く認識し、米山記念奨学生や地区役員の卓話を聞き、寄付金を募る活動をする。
110.米山功労者
米山記念奨学生に個人として特別寄付の累計が10万円に達するか、または一度に10万円を特別寄付した人。

R家族委員会

2009-10委員会

 ロータリー家族委員会では事業の一つである卓話者リストの作成を、各クラブのご協力の下、まとめることができました。各クラブにおかれましては、次年度の活動計画書を作成されている時期になろうかと思います。この卓話者リストが各クラブの次年度プログラム委員会への一助になれば幸いです。
 尚、個人情報の観点からロータリアン以外の方のフルネームは控えさせて頂いております。
 卓話を依頼される時は、リストをご提供頂いた各クラブへお問い合わせ願います。
 なお、閲覧についてはログインが必要となります。

 ・卓話者リスト

職業奉仕委員会

資料・事例・報告書

509ja_99.pdf RI作成・配布の「あなたの地域社会における職業奉仕」(509ja_99) 事業場における倫理・中小企業の育成・職業技能訓練・職業技能の提供・就業相談など職業芳の取り組みについて解説してあります。
509ja_99.pdf ロータリーeラーニングセンターによる職業奉仕に関するスライド。職業奉仕・職業奉仕の焦点・ロータリアンと職業奉仕・職業奉仕プロジェクトの分野・地区の構成・職業奉仕月間・参加する・リソース などについてまとめられている。
509ja_99.pdf 2006-07,08,09と3年継続して大和RCで実施されたプロジェクト。財団補助金を受け、2007-08年度に「意義ある業績賞」を受賞。1976年に芥川賞を受賞した作家村上龍氏が「13歳のハローワーク」という本を2OO3年に出版し、ベストセラーになっています。「好きで好きでしょうがないことを仕事にしませんか?Jという主旨で、514種の仕事を紹介しています。子供たちは将来必ず職業に就くことになりますし、学校で勉強するのも職業に就くためです。そのわりには、世の中にどのような職業があり、その職業に就くためにはどのような準備が必要なのかの情報が少ないように思います。この本をテキストにして、子供たちが将来職業を決める一助となるために、専門的職業人であるロータリアンと子供たちが話し合う場を企画した。

▲Page Topへ


 

職業奉仕Q&A

質問
職業奉仕は難しい・解らないという声をよく聞きますが、その原因はどこにあるのでしようか?


回答  「難しい」、「分らない」、と言われる原因は沢山考えられます。
第1は、職業奉仕の理念に対し、確信がもてないため、難しい、分らない、と言われるのではないでしょうか。
 高い倫理水準を保てば、奉仕の理想も実現され、事業が繁栄する蓋然性は高いかもしれない、しかし、現実の事業は失敗も多いし、職業奉仕理念が約束するような成功の必然性は無い、と言うのが事業経営者の経験則だからです。
 高い倫理水準を以て事業をしているが儲からない、倫理や道徳を優先してると、赤字になってしまうかもしれない、という職業奉仕に対する疑念は、経営者であれば誰で抱くものです。
 職業奉仕を簡明に説明するため“儲けたければ職業奉仕をしろ” “職業奉仕で儲けた金で社会奉仕をするものだ”と言う話があります。
  それは事実ではありますが、職業奉仕に対する疑念を払拭することには役立たないでしょう。
  職業奉仕(の理念)は、ロータリアンに為すべきことを要求しているのであって、決して、儲け方を教えてやったり、事業の成功を約束しているのではありません。
  ロータリーの綱領にあるとおり、事業の道徳的水準を高め、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめるところに、事業の究極的な成功があるとしているのです。

第2は、よく言われる様に、職業奉仕はロータリーの歴史の話に始まり、理念とか理論という理屈ばかりで、現実離れした理想論に終始していると言う批判です。
 職業奉仕(の理念)は、ロータリー自身が造り育ててきたもので、ロータリーの歴史であり、ロータリアンの思索の集大成として、ロータリーにとっては極めて重要な位置を占めています。
  職業奉仕を説く者は、正確に理論的に扱おうとするあまり、「易しいことを難しく」表現することは避けなければならないでしよう。

第3は、理論ではなく“職業奉仕の実践は難しい”とされる古くて新しい問題です。
 ロータリーは1915年、自らの職業に高い倫理水準を求めた「道徳律」を作りましたが、当時のロータリアンにも、この実践については、悩みや抵抗がありました。
 自分の職業の現実に対し、高い倫理水準を当てはめることは、時間・空間を超越した難しい問題かもしれません。
 この難題に関しては、「奉仕こそわがつとめ」(パーシー・ホジンン編1949~50 RI会長)の中に、永年職業奉仕を立派に実践しているにも拘わらず、職業奉仕を知りたがっている商人に対し、貴方が現にやっていることが職業奉仕だと言われて、びっくりする商人の話(喜劇作品がヒント)を例に出し、難しいと嘆く職業奉仕の「実践とはこの様なこと」だとする話が出てきます。
 そして、職業奉仕が何のことだかよく分らないというロータリアンは、この商人と同じ当惑(職業奉仕を知らずして立派に職業奉仕をやっていたのだ~補筆)を感じているであろうとしています。
 逆説的に言えば、ロータリアンだからこそ職業奉仕の実践は、難しい問題にされてしまうのかもしれません。

質問
今何故、職業奉仕の重要性が叫ばれるのでしようか?


回答 第1は、企業の不祥事が明るみに出て、永年築いてきた信用や企業価値が一夜にして崩れてしまう事件が相次いでいます。
 このような社会背景の中で、近年多くの企業や業界団体が不祥事の発生をを未然に防ぐため、コンプライアンス(法令遵守)体制の整備や、企業や業界イメージを高めるため「倫理コード・企業行動憲章」等の倫理基準を制定し、企業倫理の徹底につとめています。
 この様な現象は一世紀前に、ロータリーが「道徳律(倫理訓)」を制定し、自らの事業に適用するほか、業界にも採用を働きかけた運動(職業奉仕の萌芽)と酷似しています。
 企業倫理の徹底が喫緊の課題である現在の状況に、職業奉仕の重要性が叫ばれる背景があります。

(注)日本経団連が推進する「企業行動憲章」は、上場企業のほか多くの企業で「倫理コード」又は「行動憲章」等の名称で採用されてる。
 
第2は、世界社会奉仕等の人道的プログラムに重点が置かれ、ロータリーが単なる奉仕・寄付団体に変質してしまうとの危惧があります。
 また、ロータリー・モットーや決議23-34等の歴史的文書等の取り扱い、CLPにおける職業奉仕の位置づけ等から、職業奉仕の軽視が見られるとしてます。
 ロータリーが拡大発展し得たのは、変化する時代の要請に対し、職業業奉仕を中心理念として維持しつつ、これに応えて来たからです。
 従って、職業奉仕の重要性が叫ばれるのは、ロータリーの中心理念に揺らぎや変質の兆しが見られるときであります、
 ロータリーの基本的原則である職業分類による会員資格、出席の励行、高い職業倫理水準等の属性を失えば、「職業奉仕」は生息することが出来ず、「社会奉仕」と共生して行く機会も失うでしょう。

質問
職業分類制度は、ロータリーではどのような意味があるのですか。?


回答 職業分類制度は、会員の資格と結びついた概念で、ロータリーを特徴づけるものです。
 ロータリーは、職業分類に基づく1業種1会員選考制度のもと、会員相互の親睦を基盤として 職業倫理の昂揚、人格や能力の向上をはかるところにその神髄があります。また、会員はクラブから貸与された職業分類を代表し、ロータリーから業界に派遣された大使としての役割を果たすことも期待され てます。
  職業奉仕は、例会で学んだ奉仕の理念を自分の職場に持ち帰るとともに、自分の属する業界に広め、地域社会全体の職業モラルを高めることですが、会員が例会を休むことは、会員間の資重な情報交換の機会を失うだけでなく地域社会や業界のすべてに大きな損失を与えることになります。
  ガイ・ガンディーカーは、ロータリーを特徴づけるもう一つの概念である「例会出席」と関連させて、定期的な出席を果たす保証がなければ、職業分類を代表しない方が良いとしたうえ、ロータリアンの種類は一つしかない。それは活動するロータリアン、すなわち正会員active memberであると言っています。(ロータリー通解)
  また、神崎正陳PGは、「職業奉仕と職業分類」をテーマとした論考の中で、職業分類による1業種1会員制度とロータリー的意味づけを持つ例会出席励行とが離れがたく結合していたのが、当初のロータリークラブの特徴であったとされ、ロータリーの職業奉仕は、この特徴を抜きにしたときには、極めて一般的な倫理運動と同列になってしまう事に注意すべきであるとし、職業分類制度と出席規定の無原則的な緩和が進めば、ロータリーはその特徴を失い、あらためてその存在意義が問われるであろうと憂慮されています。(2780地区2007~08職業奉仕委員会編「職業奉仕について」)

質問

職業奉仕がロータリーの金看板(誇る主張)と言われるのは何故ですか?
  (ロータリーのロータリーたる所以は職業奉仕に有る)
  (職業奉仕はロータリーの生命(いのち)である)

回答 ロータリーの金看板とされるのは、職業奉仕が最も良くロータリーの主義・主張や特徴(奉仕理念)を現し、他の類似団体との相違を明確にするだけでなく、ロータリアンもこの事に誇りを感じているからでしよう。
 シェルドンの生徒で道徳律の起草委員でもあったジョン・ナットソンは、ロータリーにおける職業奉仕の重要性を理解するのに最も有効な方法は、職業分類という会員資格の特徴を持たないクラブを想像してみることだ。(ザ・ロータリアン1929年5月号「職業奉仕私論」)と述べています。
 言い換えれば、職業分類に基づく1業種1会員制のクラプという画期的なアイデアが職業奉仕理念の原点になっているのです。
 ロータリーの草創期においては、会員間の経済的相互扶助に満足していたのですが、アーサーF.シェルドンの「職業の成功は奉仕を与えるか否かにかかっている。そして職業というものは、それに係わる全ての当事者が、その取引によって利益を得るものでなければ、正当化されない。」という奉仕の哲学が提唱され、ロータリーはより崇高な目的を持った組織へと発展して行くことになります。
 当時横行していた非倫理的商慣行を批判し、自分たちが日常の生活面、事業面での拠り所となる様な規範をつくろうという機運が高まり、1915年のサンフランシスコ大会で「道徳律」が採択されました。
 道徳律を手に入れたことにより、職業分類を貸与された者としてのロータリアンは、多くの同業者団体に道徳律を広める大使としての役割を果たしましたが、同時に、自己の職業に対して極めて高い倫理的基準を適用することにより、職業人として人格、能力の向上を通じて、社会に奉仕するという職業奉仕の埋念を獲得したと言えます。
 様々なクラブがある中で、ロータリーが「職業分類クラブ」と称される所以は、職業奉仕に根本理念がおかれているためなのです。

質問
職業奉仕(四大奉仕)という言葉は何時、どのような理由で出来たのですか?


回答 1927年オステンド国際大会で「目標設定プラン」の採択によって、現在の委員会構成の原型である四大奉仕に基づいた委員会構成に変更されました。
  ロータリークラブを組織体として見た場合、定款や細則、奉仕理念やその理論的探求等だけでなく、その実践や行動も伴わなければなりません。
  この実践や行動として奉仕活動をどのように行うかは、クラブの自由裁量にゆだねられ、個々のロータリアンの奉仕活動は、クラブ外で行うものとされていました。そのため、奉仕活動の実践が不十分になるほか、クラブの実体に沿った管理も困難になる短所が有りました。
  そこで、ロータリーの組織管理の合理化を行うため、四大奉仕委員会が置かれることになりました。
  これにより職業奉仕委員会が、従来職業倫理や事業経営の研鑚を担った事業方法委員会(bissines method committee)に取って変ることになりました。
  四大奉仕ができた結果、奉仕の実践活動が分かりやすくなったと言われる反面、ロータリーの理念を研鑚する場が、四大奉仕のどの部分で行うのかが特定されにくいことから、奉仕の実践だけが重要視され、理念の研鑚がおろそかになった原因との指摘も有ります。
  「クラブ・リーダーシップ・プラン」の採用が進められる現在、四大奉仕委員会も表面上その姿が消えましたが、改めて、この四大奉仕部門の意義とその存続が叫ばれているのは皮肉な現象とも言えます。

(注)目標設定プランは、イギリスとアイルランドのロータリークラブ群がパイロット・プログラムとして5年間実施し、大きな成果を得たので正式採用に踏み切ったといわれています。
  その目的と内容は、ロータリーの組織管理の合理化を行うため、理事会下に目標設定委員会(Aims and Objects Committee)を置き、その下に四大奉仕委員会を置き、理事をそれぞれの委員長に充てるというもので現在の委員会構成の原型となったものである。

質問
職業奉仕におけるクラブの役割とは何を言うのでしようか?


回答 1987年RI理事会は、「職業奉仕に関する声明」を出し、決議23-34で採択された「会員個人の力を発揮させるのがロータリーの真の精神にかなっており、クラブとしての活動は会員の訓練のためのもの」から「職業奉仕はクラブと会員両方の責務である」にかわりました。
  その中で、声明の「クラブの役割は、たびたび職業奉仕を実践してみせることによって」の文言は、職業活動を営んでいないクラブが実践例を示すことは不可能ではないか、との疑問を生じさせると共にクラブの職業奉仕活動の解釈に混乱も生じさせることとなりました。
  手続要覧をみても具体的に示された活動事例は、就職相談、職業指導、職業情報、職業活動表彰等であり、むしろ、これらの実例は社会奉仕活動であるとの解釈もあります。
  従って、「職業奉仕を実践してみせる」という言葉にこだわり、その意味を追求することの実益があるとは思われません。
  本来の意味での職業奉仕におけるクラブの役割は、職業奉仕活動の受益者たる会員に対し、いかにして職業奉仕の理念を周知するかにありますから、その目的を達成するための活動を企画し、実施することであると考えます。
 
質問
出席することが職業奉仕であると聞きましたが、その事実と意味は何ですか?


回答 ロータリーの例会は、奉仕の心を学び、奉仕の実践もなされる場ではありますが、ロータリーの「奉仕の理想」が要求するものは、例会出席だけで実現されるものではありません。
  職業奉仕は、先ず職業奉仕理念を学ぶことが重視されるため、例会等の会合で奉仕理念を学ぶことが、職業奉仕の本旨であるかのような誤解を生むのだと思われます。
  例会等への出席は、職業奉仕実践のための必要条件であっても、十分条件とは言えないのではないでしようか。例会や出席についての先賢の言説等を紹介します。
米山梅吉
 「ロータリーの例会は人生の道場」
国際的会合等の会場入口
 「Enter to learn Go forth to serve 入りて学び、出でて奉仕せよ」
ガイ・ガンディカー(ロータリー通解)
 「定期的な出席を果たす保証がなければ、職業分類を代表しない方が良い。ロータリーは、電流が流れているクラブのようなものであって、時々電流が流れる電線は電気が流れているとは言い難く、欠席又は不規則に出席する会員に対する退会措置は、事業上行う厳しい措置と同様に実施すべきである。」

質問

CLPでは職業奉仕も奉仕プロジェクト委員会に含められているようですが、他の奉仕活動とは性格が違うので、一緒にすることは間違いではないでしようか?


回答 CLPに基づく5つの委員会構成は、従来の四大奉仕を中心とする委員会とは、まったく違ったアイデアによって構成されてるため、四大奉仕(特に職業奉仕)を軽視していると言う誤解を生じさせました。
 CLPの目的は、普遍的な課題であるロータリー・クラブの強化を図ることにあります。CLPは、小規模クラブの救済という当初の経緯から、規模の大小に関係なく、急速に変化する社会とそのニーズにロータリーが応えていかなければ、クラブそのものの基盤が弱体化しかねないという危機意識のもとにつくられたものです。
 奉仕プロジェクト委員会の問題について、重田正信元RI理事は「CLPが奉仕プロジェクト委員会の中に、社会奉仕、職業奉仕、国際奉仕を並べて取り込んだことは一つの進化であるかもしれません。社会の構造が急速に変化し、奉仕の分野も互いに璧が低くなった現在、各奉仕部門が垣根を取り払い、セクショナリズムを排し、地域社会や世界の真の二ーズに対し効果的に答えることは意義があるでしよう。」と述べています。(ロータリーの友2006年10号)
 CLPにおいても、より自由な発想のもとに委員会構成やプロジェクトの取り組みは可能な訳ですから、職業奉仕委員会の位置づけについても、独立した常任委員会とするか、或いは奉仕プロジェクト委員会に含めるかは、クラブの方針やビジョンによって決まってくるのではないでしようか。

質問
四つのテストとはどの様なものですか、また職業奉仕とはどの様な関係にあるのですか?


回答 (1) 四つのテストは、ロータリアンであるハーバート・テイラーにより創作され、倒産の危機にあった会社を救済する方法として非常に効果的な方法であることが分かり、1943年ロータリーに採用されました。
  その後、ハーバート・テイラー自身がRI会長年度の1954年にRIに著作権を無償で譲渡しました。
四つのテスト(The Four-Way Test)
言行はこれに照らしてから
 1.真実かどうか  事実をありのままに
 2.みんなに公平か  基準を決めオープンに
 3.好意と友情を深めるか  信頼関係を築くに
 4.みんなのためになるかどうか  従業員、取引先、顧客に対し
(2) ロータリーの綱領やモットー、道徳律(職業倫理訓)等から、職業奉仕のあり方や理念は明示されていたものの、その具体的な実行方法は依然として分かりにくいものでした。
  この様なことから、短い職業倫理訓として簡潔かつ的確にまとめられた四つのテストは、極めて実用的な職業奉仕実践の方法として、広く活用され、現在に至っています。
  昨今、大企業や老舗企業までもが不祥事により、社会の信頼を失う報道が多く見られます。
 この「The Four-Way Test」の基準に照らして、絶えず、自分の行動を確かめ、反省しながら会社の経営を行えば、全社員が自発的に打って一丸となることができると確信し、経営を成功に導いたハーバート・テイラーの精神を、今一度想い起こすことが望まれます。
 
※以下出典:RI作成・配布の「あなたの地域社会における職業奉仕」(509ja_99)

質問
職業奉仕と社会奉仕、国際奉仕との違いはー体何なのか混乱してしまうのですが?


回答 職業奉仕は、社会奉仕や国際奉仕と重なる場合もあるために混乱を招くこともあります。職業奉仕は社会奉仕と同様に地域社会のニーズに応えるものですが、職業奉仕は特にその中でも実業及び専門職務、道徳的行為に関係したニーズに焦点を当てています。職業奉仕はまた、世界社会奉仕プロジェク卜やロータリー・ボランティア、職業別親睦活動を通じて国際的な性格を持つこともあります。
質問
職業奉仕は実はロータリアンが自分自身の職業技能を磨くためだけのものではないですか?


回答 全くその様なことはありません。職業奉仕は、地域全体で道徳的水準を高め、あらゆる有用な職業は尊重すべきであるとの認識を深めようとするものです。ロータリアンは経営、監督・管理、 マーケティング、金融・財務、危機管理、道徳的な業務の実施といった分野で大変豊富な専門技能や知識を持っています。職業奉仕を通じて、その様な技能や知識をより広いコミュニティーに分け合う事ができるのです。
質問
ロータリー・クラブは単独で職業奉仕を行つているのですか?


回答 そうとは限りません。協力によって一層大きな成果を生み出すことも可能です。1997年7月の国際ロータリー理事会では、奉仕の機会を一層拡げるためにロータリー・クラブが商工会議所との対話を確立し、適切な場合には、共同実施によって一層生産性の高まるような奉仕プロジエク卜を企画するよう推奨する1991年の決議を再確認しました。

▲Page Topへ


職業奉仕語録

ポールーハリス(1910~1912 RI初代会長)
 事業の実践方法には著しい変化がありました。ロータリーの強い影響が感じられるのはこの分野です。昔は、実業家は一つのこと、金儲けしか考えませんでした。
 今日・・・実業家は、顧客、従業員、同業者、仕入先、一般の人々に対して公正でなければなりません・・・時代は、事業にどれほどの力量があるかと挑戦しているのです。事業はその挑戦を堂々と受けたのです。(ロータリーの理想と友愛)

 「奉仕の理想の意味」を説く中で、法律、医学、宗教等の専門職業人と同様、実業家も職業上高い倫理的水準が求められることに変わりはないとし、実業上の指導精神としての奉仕の理想は、実業道徳と新しい科学的経営管理の実践にあるとしています。

チェスリーR.ペリ― (1910~1942 RI事務総長)
 1915年の国際大会採択の道徳律の序文は、ロータリアンに“人間の理想と業績のレベル”の絶えざる向上を目指して努力するよう求めたものです。
 この序文のあとには、実業人としての言行についてロータリアンが守るべき11項目の義務が明示されています。当時のロータリアンにとっては、これは相当強い薬でしたが、彼らはそれを飲んだのです。・・・
 皆さん、私たちの職業奉仕、クラブ奉仕、社会奉仕そして国際奉仕を積極的に実践しようではありませんか。そして「最も良く奉仕する者、最も多く報いられる」という使命を持っていることを、一人ひとりが認識するまで、ロータリーの目標をしっかり銘記していようではありませんか。

 ロータリーの草創期の発展に最も貢献した人物で、1955年、ロータリー創立50周年に際し、開催されたロータリー実業関係会議での講演である。
 「ザ・ロータリアン」誌の1980年5月号掲載記事であるが、半世紀以上を経た今もなお、彼の言葉はロータリアンにとって意義のあるものです。
(ロータリーの友2005年10月号 3回目の掲載である)

ハロルド・トーマス(1959~1960 RI会長)
 「会員の一人ひとりが、その従事する生業の全面的な改善のためそれぞれその役割を果たすクラブ。
 あなたの生業を、友情溢れるような生業にするために自分の持分を果たすこと - これが職業奉仕なのだ。」
(ロータリー・モザイク)

 ハロルド・トーマスは、1937年クラブ会長になった時、指導者としての責任はロータリーの全てを単純化し、明確に理解することが必須の要件と結論した。これはクラブでのスピーチで4大奉仕に言及したときのものです。
 

ビチャイ・ラタクル(2002~2003 RI会長)
 第一に、自分たちが仕事を行う上で奉仕の理想を体現すること。
 第二に、自分たちの事業及び専門職務において知り合ったロータリアンではない人々に奉仕の理想を分かち合うことです。
 もしロータリアンにこれができなければ、ロータリーの主要目的は挫折します。
(2004年国際協議会講演より ロータリーの友2004年10月号)

 ビチャイ・ラタクルは職業奉仕の重要性を訴えたRI会長で、職業奉仕は「忘れられた奉仕部門」とさえ呼ばれているとし、最高水準の職業倫理に対して、創立以来の由緒ある取り組みを果すことによって、永く日の目を見なかったこの職業奉仕分野に再び献身することを要請した。
 また、元RI理事エルマー・ジョーダンが1980年代半ばに言った「あなたや私が日々の糧を稼いでいる職業奉仕の場こそ、私たちがロータリアンとして評価されるところなのです。私たちがビジネスや専門職でどのように行動するかは、本当に重要なことなのです。」の言葉は、現在も事実と受け止められると述べている。
(2002年 ロータリーの友10月号)

クリフォードL.ダクターマン(1992~1993 RI会長)
  ロータリーの特徴の中でもロータリアンが互いに自らの職業を代表して集まり、各自の職業の高い倫理水準と品位の模範を示そうとする一人ひとりの熱意ほど、各会員とロータリーとの結びつきを深めているものはありません。‥・ロータリアンはそれぞれが事業や専門職の日々の活動を通じて、より良い社会をつくるために有益な貢献をしているのだということを理解してます。
(ロータリーのいろは一職業奉仕)

▲Page Topへ


 

職業奉仕の小史

年代トピックス記   事
1905ロータリークラブ誕生シカゴ・ロータリークラブが創立される。
1906シカゴRC定款制定当初「親睦」と「会員の事業上の利益の増大」を謳っていたが、「シカゴ市の利益の推進」が追加され、社会奉仕の概念が生まれる。
1908職業奉仕理念が生まれるアーサー・フレデリック・シェルドンがシカゴRCに入会して、職業奉仕の概念を提唱する。
1910全国ロータリークラブ連合会結成第1回全国大会(シカゴ)が開催され、ロータリーの綱領が制定される。同大会においてシェルドンが「He profits most who serves best (最もよく奉仕する者、最も多く報われる)」を発表する。
1911二つの標語を採択第2回全国大会(ポートランド)において、ベンジャミン・フランクリン・コリンズ(ミネアポリスRC)が「Service above self (超我の奉仕)」に関するスピーチを行う。
同大会においてシェルドンの「He profits most who serves best」が「ロータリー宣言」の結語として採択された。以後、この2つの標語はロータリー・モットーとして親しまれ、頻繁に使用された。(1950年デトロイト大会で正式採用)
1915道徳律を採択サンフランシスコ大会にて「ロータリー道徳律(倫理訓)」が採択された。
1916「ロータリー通解」が出版されるガイ・ガンディガーによりA Talking Knowledge of Rotary (ロータリー通解)が出版される。
1923決議「23-34」が採択される」ロータリークラブを奉仕の理想を探求するための修養の場と考えるか、実際に奉仕活動を行う主体と考えるかの論争に妥協点を見つけ、クラブとRIの役割分担を明確に定めた重要な決議(ウィル・メイヤーらによる)
1927「職業奉仕」の名称が与えられるベルギーのオステンド大会で四大奉仕部門が設定される。ロータリークラブの原理と実践に「職業奉仕(Vocational Service)」という名が与えられた。
1931道徳律の頒布禁止RI理事会は手続要覧には掲載する方針は続けるが、特にこれを頒布したり一般に宣伝するすることはしないことを決定
1932四つのテストが作られるハーバート・テイラー(シカゴRC)がクラブ・アルミニューム会社の経営再建のために「四つのテスト」を作る。
1943「四つのテスト」がRIで採用された奉仕の理想に到達するための有効な手段としてRIに採用された。
1948RI職業奉仕委員会が廃止される1987年に復活 パーシー・ホジソンが職業奉仕の実践手引きとして「Sorvice is my buisness (奉仕こそわがつとめ)」を発行する。
19502つの標語が公式標語に決定デトロイト大会において、「Service above self」と「He profits most who serves best」が公式標語として採択される。
1951道徳律が手続要覧から削除される1951年RI理事会は道徳律の手続要覧への掲載中止を決定。
1954四つのテストの著作権がRIに寄贈されるハーバート・ティラーがRI会長の年度に寄贈
1977道徳律の刊行・頒布につとめる決議サンフランシスコ大会で道徳律の刊行・頒布につとめる決議(77-117)
1980道徳律の廃止を決定規定審議会(シカゴ)で廃止を決定1981.1.1実施
1987「職業奉仕に関する声明」を発表決議23-34で採択された「会員個人の力を発揮させるのがロ一タリーの真の精神にかなっており、クラブとしての活動は会員の訓練のためのもの」から「職業奉仕はクラブと会員両方の責務である」に変った。
RI職業奉仕委員会40年振りに復活
1989「職業宣言」を発表1989年規定審議会は「道徳律」に代わるものとして「職業宣言」を採択する決議 同じく、 He profits most who serves best を第ニモットーに Service above self を第一モットーとする決議

▲Page Topへ


 

道徳律小史

年代トピックス記   事
1915道徳律(倫理訓)採択サンフランシスコ大会にて道徳律が採択される。
1916「ロータリー通解」出版ガイ・ガンディガーが道徳律を収録した「A Talking Knowledge of Rotary(ロータリー通解)」を出版、ロータリーの理論的な完成
1927道徳律改定を検討1927年理事会は、言葉遣いを改善すべく道徳律改訂に関する委員会を任命する。
1928道徳律より綱領を重視する方針1928年理事会は、道徳律よりもロータリーの綱領に重きをおく方がよいということに意見が一致した
1931頒布の中止1931年理事会は手続要覧には掲載する方針は続けるが、特にこれを頒布したり一般に宣伝することはしないことを決定
1951手続要覧から削除1951年理事会は手続要覧の掲載を中止することを決定。但し、RI事務総長に申し込めば、入手は出来ることとされた
1977道徳律の刊行・頒布の再開に努める決議(1977)規定審議会は、全世界にわたり道徳の高揚、復興をはかるべしとして、第68回サンフランシスコ国際大会でRI理事会は道徳律の刊行と頒布の再開に努めるべきことを決議した(77-117)

規定審議会の決議に応え、(1977-78)理事会は刊行・頒布の再開するに先立ち、これを現今の時世に合うよう改訂できるか否かを検討することとした
1978道徳律の刊行・頒布中止(1978-79)理事会は、道徳律を現今に合うように改めることはすべて無駄であり、今後一切ロータリアン及びRCに配布しないことを決議した
1980道徳律の廃止を決定(1980)規定審議会で道徳律に関する条項は、RI細則(第16条道徳律一変更修正)から削除された(制定案80-22)
1987職業奉仕に関する声明(1987-88)理事会声明
「職業奉仕の新方針の提言」・・・・・決議23-34で採択された「会員個人の力を発揮させるのがロータリーの真の精神にかなっており、クラブとしての活動は会員の訓練のためのもの」から「職業奉仕はクラブと会員両方の責務である」に変った
1989職業宣言(1989)規定審議会決議案(89-148)道徳律に代わるものとして採択された


職業人のためのロータリー道徳律(倫理訓)
 1915年7月19日~23日、サンフランシスコにおける第6回国際ロータリークラブ連合会年次大会によって採用された。
 この職業倫理基準は、我々の共通な人間性に基づく思いやりを心に留めるものである。
 職業上の取引や野望や諸関係は、常に社会の一員として自分が果たす最高の義務を考慮すべきである。
 職業生活のあらゆる場面において、また、自分が直面する全ての責任において、先ず最初に考えなくてはならないことは、その双方を終えたときに初めて果たされる責任と義務を満たすことである。
 人間の理念と業績の水準をそれに気づいたときよりも、少しでも高めなければならないし、このことを考えることこそ、ロータリアンとしての私の義務である。

倫理基準
第 1条自分の職業は価値あるものであり、社会に奉仕する絶好の機会を与えられたものと考えること。
第 2条自己改善を図り、実力を培い、奉仕を広げること。それによって、最もよく奉仕する者、最も多く報いられるというロータリーの基本原則を実証すること。
第 3条自分は企業経営者であるが故、成功したいという大志を抱いていることを自覚すること。しかし、自分は道徳を重んじる人間であり、最高の正義と道徳に基づかない成功は、まったく望まないことを自覚すること。
第 4条自分の商品、自分のサービス、自分のアイデアを金銭と交換することは、すべて関係者がその交換によって利益を受ける場合に限って、合法的かつ道徳的であると考えること。
第 5条自分が従事している職業の倫理水準を高めるために最善を尽くすこと。そして、自分の仕事のやり方が、賢明であり、利益をもたらすものであり、自分の実例に倣うことが幸福をもたらすことを、他の同業者に悟らせること。
第 6条自分の同業者よりも同等またはそれに優る完全なサービスを心がけて、事業を行うこと。やり方に疑いがある場合は、負担や義務の厳密な範囲を超えて、サービスを付け加えること。
第 7条専門職種または企業経営者の最も大きい財産の一つこそ、友人であり、友情を通じて得られたものこそ、卓越した倫理にかなった正当なものであることを理解すること。
第 8条真の友人はお互いに何も要求するものではない。利益のために友人関係の信頼を濫用することは、ロータリーの精神に相容れず、道徳律を冒涜するものであると考えること。
第 9条社会秩序の上で、他の人たちが絶対に否定するような機会を不正に利用することによって、非合法的または非道徳的な個人的成功を確保することを考えてはならない。物質的成功を達成するために、他の人たちが道徳的に疑わしいという理由から採らないような、有利な機会を利用しないこと。
第10条私は人間社会の他のすべての人以上に、同僚であるロータリアンに義務を負うべきではない。ロータリーの神髄は競争ではなくて協力にあるからである。ロータリーのような機関は、決して狭い視野を持ってはならず、人権はロータリークラブのみに限定されるものではなく、人類そのものとして深く広く存在するものであることを、ロータリアンは断言する。さらに、ロータリーは、これらの高い目標に向かって、すべての人やすべての組織を教育するために、存在するのである。
第11条最後に、「すべて人にせられんと思うことは、他人にもその通りにせよ」という黄金律の普遍性を信じ、我々が、すべての人にこの地球上の天然資源を機会均等に分け与えられた時に、社会が最もよく保たれることを主張するものである。
(The Rotary Code of Ethics 田中 毅訳)

その成り立ち
 2つの標語だけでは満足できず、ロータリーの奉仕哲学を確立し、ロータリーとは何であるか、日常の生活や仕事の面で、ロータリアンが成すべき目的や行動の規範を体系的に記した文書が熱望された。
  1915年サンフランシスコ大会で、上記の11条からなる「全職業人に適応されるべきロータリー道徳律」が採択され、具体的な活動指針となる道律律が完成した。
 その後40年間にわたり、ロータリアンの道しるべとして、また、所属する業界に道徳律を広め、ロータリーの職業奉仕が社会に大きな影響を及ぼすことになったが、特に、戦前における日本のロータリアンに計り知れない大きな影響を及ぼした。

 
批判と廃止決定
 道徳律は採択された直後から、その内容の厳しさと表現が宗教的であるとの批判があった。
 その1は、第6条で、厳密に解釈すれば、明らかに損をしてもサービスを徹底せよと言うことを要請するもので、事業そのものまで危うくするのではないかという危惧であった。
 その2は、第11条で、この文章がマタイ伝から引用されたもので宗教色が強く、政治と宗教を取り込まないとするロータリーの原則に反する、とするものであったが、ロータリーはその拡大発展により世界中に広がり、各種の宗教信者を擁するようになったこともその取り扱いを難しくした。
 RIもその位置づけに苦慮したあげく、1931年その頒布を中止し、1951年には手続要の掲載も中止した。1980年の規定審議会においてRI細則16条の「道徳律」が削除されたことにより、あらゆる公式文書から姿を消すことになった。
 道徳律は廃止されましたが、1987年RI理事会の「職業奉仕に関する声明」、1989年規定審議会の「ロータリアンの職業宣言」採択により、その精神は生き続けている。

 
職業奉仕の萌芽-チェスリーR.ペリー
 初期のロータリアンのすべてが、天使のような仲間ばかりであったというわけではありません。現に正すべき商慣行があったのも事実です。たとえロータリアン仲間であっても、最高の品質とは言いかねる商品やサービスを取り扱っている人とは取引できないし、また、友人にそれを勧めることも出来ません。
 こうしてより高い基準を考え出し、それを実際に履行する必要性が、誰の目にも明らかになってきました。ビジネスにおいて、ロータリアンは“純銀”と同義語でなければならないということになったのです。
 これこそ私たちが今、職業奉仕と呼んでいるものの萌芽であると確信します。
 ・・・1915年の国際大会採択の道徳律の序文は、ロータリーに“人間の理想と業績レベルの絶えざる向上を目指して努力するよう求めたものです。この序文の後には、実業人としての言行についてロータリアンが守るべき11項目の義務が明示されています。当時のロータリアンにとっては、これは相当強い薬でしたが、彼らはそれを飲んだのです。・・・
 1916年オハイオ州シンシナティでの国際大会で、同業種あるいは関連業種に携わるロータリアンの会議が開かれました。これらの会議では、ロータリーの道徳律に基づいて事業及び専門職務の基準を高めることが取り上げられました。
 ロータリアンによるこれらの会議の結果、数百に及ぶ同業組合、あるいは協会が生まれ、しかもその多くでロータリーでつくられた取引行為の基準が採用されたのです。
 ・・・皆さん、私たちの職業奉仕、クラブ奉仕、社会奉仕そして国際奉仕を積極的に実践しようではありませんか。そして「最も良く奉仕する者、最も多く報いられる」という使命を持っていることを、一人ひとりが認識するまで、ロータリーの目標をしっかりと銘記していようではありませんか。

(1955年ロータリー50周年に際し開催されたロータリー実業関係会議での講演)

▲Page Topへ


 

歴史的文献紹介

歴史的文献紹介
 ロータリーを理解することは、同時に職業奉仕を理解することでもあります。内外の多くのロータリアンに読まれてきた歴史的文献を、ロータリアン必読の書として紹介いたします。

1. 「A Talking Knowledge of Rotary」
1916年 ガイ・ガンディカー編纂(RI出版)(ロータリー通解 小堀憲助訳・解説) (ロータリーの心得 田中 毅訳)
 初期ロータリーの思考を体系的にまとめた文献であり、本書によりロータリー理論は一応の完成をみたと言われる。クラブ管理運営のテキストとして発刊され、内容ロータリアンの心構えを説き、真面目な規律を求めている。巻末にロータリー宣言、ロータリー道徳律(倫理訓)、綱領が収録されてる。

2.「The Meaning of Rotary」
1927年 ビヒアン・カーター著 (ロータリー解析 田中 毅訳)
  四大奉仕に分割されたロータリーの理念と活動を、会員に理解してもらうために書かれた最初の啓蒙書である。ポール・ハリスも「This Rotarian Age」の中で、ロータリアン必読の書として紹介している。

3.「The Founder of Rotary」
1928年 ポール・ハリス著 (ロータリーの創始者ポール・ハリス 米山梅吉訳)
 少年時代からロータリー設立までの回想録であるが、自身の生き様なり、ロータリーの設立なりを客観的に記載したものではなく、極めて主観的に回顧している点が特徴である。

4.「ROTARY?」
1934年 シカゴ大学社会科学調査委員会 (田中 毅訳)
 様々な外的、内的要因から苦境に陥っていたシカゴタラブを復活させるための報告である。第三者の目からみた当時のシカゴクラブやロータリー全体の動きがよくる。

5.「This Rotarian Age」
1935 ポール・ハリス著 (ロータリーの理想と友愛 米山梅吉訳)
 単なるロータリーの歴史だけでなく、シカゴでロータリーが生まれた背景やロータリーの理念についても触れている完成度の高い作品。

6.「奉仕こそわがつとめ」
1948年 パーシー・ホジソン編集 (RI出版)
 過去のロータリー運動の中で取り上げられた職業奉仕の具体的な事例が豊富に盛り込まれていて、職業奉仕を実践するに当たって、ロータリアンが取り組まなければならない課題を、項目別に問題提起している。
 著書名はホジソンRI会長年度のテーマであり、後のRI会長テーマの原型ともなった。

7.「My Road to Rotary」
1948年 ポール・ハリス著 (わがロータリーヘの道 竹山涼一他共訳) (ロータリーヘの道 柴田 實訳)
 死の直前に完成したこともあり、乏しい記憶からの回顧や過去を美化した記述が目立つとされてる。

8.「Golden Strand」
1966年 オーレン・アーノルド著 (黄金の絆 田中 毅訳) (ロータリー発生史 小堀憲助訳 千種会)
 ロータリーの雑学が満載されており、研究熱心なロータリアンの問でよく読まれている文献。物語風にシカゴクラブやロータリーの歴史を非常に詳しく記述されているが、いろいろな資料を集めて書き上げたいわゆる二次資料の常として、事実関係の正確性に欠ける部分もあるとされている。

9.「Rotary Mosaic」
1974年 ハロルド・トーマス著(ロータリーモザイク 松本兼二郎訳 ロータリーの友 復刻版ロータリー文庫)
 国際ロータリー会長として豊かな経験の中から、ロータリーやロータリー活動とロータリアンの進化をいろいろな角度からみて解説を加えた優れた著書とされてる。

10.「The First Rotarian」
1979年 ジェームス・ウォルシュ著 (ポール・ハリス 是恒 正訳)
 ポール・ハリスの家系に始まって、その生涯とその間のロータリーの歩みが客観的に解説されており、その内容も信憑性が高いとされている。

11.「Golden Wheel」
1984年 デビット・ニコル著
 ロータリー75周年を記念して、まったく違った角度から、ポール・ハリスの生涯とロータリーの初期の歴史を記述した作品。イギリス人特有の批判的まなざしで、ポール・ハリスや初期ロータリー活動を分析している。

(田中 毅炉辺談話(294)に著者許諾の上、一部加筆いたしました。)

▲Page Topへ


 
2016~17 年度 地区役員・委員会の構成  ◎委員長 ○副委員長(敬称略)
  ガバナー   佐野 英之 (秦野)
  ガバナー・エレクト   大谷 新一郎 (相模原南)
  ガバナー・ノミニー   脇 洋一郎 (茅ヶ崎湘南)
  地区諮問委員会   小林 亮 (相模原)
    濱田 勝彌 (伊勢原)
    生沼 富治 (小田原北)
    神崎 正陳 (茅ヶ崎湘南)
    河本 親秀 (大磯)
    小沢 一彦 (横須賀)
    竹内 万也 (秦野)
    松宮 剛 (茅ヶ崎湘南)
    仲田 昌弘 (鎌倉中央)
    小佐野 圭三 (横須賀)
    山地 裕昭 (足柄)
    奥津 光弘 (秦野中)
    後藤 定毅 (大和中)
    森 洋 (横須賀北)
    菅原 光志 (鎌倉)
    相澤 光春 (ふじさわ湘南)
    渡辺 治夫 (横須賀)
    田中 賢三 (茅ヶ崎)
  地区指名委員会   森 洋 (横須賀北)
    菅原 光志 (鎌倉)
    相澤 光春 (ふじさわ湘南)
    渡辺 治夫 (横須賀)
    田中 賢三 (茅ヶ崎)
  ガバナー補佐 伊与田 あさ子 (横須賀北)
  石井 昭二郎 (鎌倉大船)
  田島 透 (ふじさわ湘南)
  池亀 武士 (茅ヶ崎中央)
  佐藤 忠 (相模原東)
  石井 卓 (厚木県央)
  長谷部 俊夫 (伊勢原中央)
  麻生 政雄 (平塚湘南)
  髙田 喜好 (小田原)
  地区幹事   秋山 純夫 (秦野)
  地区副幹事   山口 宏 (秦野)
    大川 渉 (秦野)
    栗原 和子 (秦野)
    江崎 正二 (秦野)
    玉木 茂 (秦野)
    高橋 滋樹 (秦野)
    安江 惠 (秦野)
    杉本 榮次 (秦野)
    萩原 庸嘉 (伊勢原)
    小野 良太郎 (秦野中)
    山田 幸男 (伊勢原中央)
    神崎 達朗 (秦野名水)
    中村 眞英 (伊勢原平成)
  財務委員会(会計を含む) 石井 一裕 (秦野)
  城田 英昭 (茅ヶ崎湘南)
    鈴木 昌彦 (相模原南)
    関野 惠雄 (秦野中)
    大川 渉 (秦野)
  地区監査委員会   小林 恒男 (相模原西)
    杉田 祐一 (茅ヶ崎)
    徳久 京子 (相模原南)
  R財団監査委員会 森 洋 (横須賀北)
    酒井 健一 (秦野名水)
    三堀 孝夫 (横須賀)
  戦略計画委員会 田中 賢三 (茅ヶ崎)
  佐野 英之 (秦野)
    渡辺 治夫 (横須賀)
    脇 洋一郎 (茅ヶ崎湘南)
    脇 吉昭 (茅ヶ崎湘南)
    大谷 新一郎 (相模原南)
    栗林 一郎 (相模原南)
    秋山 純夫 (秦野)
  研修委員会 相澤 光春 (ふじさわ湘南)
  壽永 純昭 (厚木)
  杉岡 芳樹 (相模原)
    阿部 剣朗 (藤沢南)
    加藤 盛久 (茅ヶ崎湘南)
    脇 吉昭 (茅ヶ崎湘南)
    栗林 一郎 (相模原南)
    小川 忠久 (相模原グリーン)
    佐藤 祐一郎 (津久井中央)
    志村 昌 (海老名)
    芦川 浩 (平塚湘南)
  危機管理委員会 渡辺 治夫 (横須賀)
  成田 栄二 (茅ヶ崎)
  宮本 清志 (横須賀南西)
    佐久間 博一 (横須賀)
    伊与田 あさ子 (横須賀北)
    菅原 光志 (鎌倉)
    中込 仁志 (鎌倉)
    石田 隆 (逗子)
    奥 和子 (かながわ湘南)
    笠原 又一 (藤沢北)
    相澤 光春 (ふじさわ湘南)
    柚木 裕子 (かながわ湘南)
    田島 透 (ふじさわ湘南)
    塚原 吉雄 (綾瀬春日)
    脇 洋一郎 (茅ヶ崎湘南)
    大谷 新一郎 (相模原南)
    秋山 純夫 (秦野)
  規定審議会代表議員指名委員会   山地 裕昭 (足柄)
    奥津 光弘 (秦野中)
    後藤 定毅 (大和中)
  姉妹地区委員会 後藤 定毅 (大和中)
    田中 賢三 (茅ヶ崎)
    渡辺 治夫 (横須賀)
    大谷 新一郎 (相模原南)
    佐野 英之 (秦野)
    郭 根男 (秦野)
  地区大会 深石 純一 (秦野)
  江崎 正二 (秦野)
  ロータリーの友地区代表委員   井島 誠行 (小田原中)
  クラブ管理運営委員会 佐々木 辰郎 (大和田園)
  瀧澤 秀俊 (藤沢)
  市川 洋 (ふじさわ湘南)
    小菅 健史 (横須賀北)
    渡辺 力 (かながわ2780ロータリーEクラブ)
    藤井 浩一 (鎌倉中央)
    加藤 路生 (藤沢南)
    古性 敏行 (相模原)
    小山 里枝 (津久井中央)
    細川 康治 (座間)
    東 学 (伊勢原)
    佐藤 敏夫 (秦野中)
    常盤 卓嗣 (平塚)
    比企野 雄二 (平塚北)
    野頼 清 (箱根)
    澤邑 重夫 (茅ヶ崎)
    山口 洋一郎 (茅ヶ崎中央)
    会田 義明 (厚木)
  公共イメージ委員会 塚原 吉雄 (綾瀬春日)
  端山 創之 (藤沢西)
  大村 浪雄 (茅ヶ崎中央)
  柏手 茂 (平塚)
    渡邉 磨 (横須賀)
    竹永 薫 (横須賀北)
    小西 美恵子 (鎌倉中央)
    牟田口 新一郎 (藤沢)
    生駒 秀之 (綾瀬)
    杉﨑 信一 (相模原南)
    㝡住 悦子 (相模原中)
    春日 清則 (厚木県央)
    辻 彰彦 (大和中)
    小西 英昭 (伊勢原中央)
    米山 君夫 (秦野名水)
    根岸 君代 (平塚北)
    宮澤 卓 (小田原)
    神谷 一博 (湯河原)
  オンツー・アトランタ国際大会 大谷 新一郎 (相模原南)
    伊与田 あさ子 (横須賀北)
    石井 昭二郎 (鎌倉大船)
    田島 透 (ふじさわ湘南)
    池亀 武士 (茅ヶ崎中央)
    佐藤 忠 (相模原東)
    石井 卓 (厚木県央)
    長谷部 俊夫 (伊勢原中央)
    麻生 政雄 (平塚湘南)
    髙田 喜好 (小田原)
  会員増強・会員維持委員会 加藤 元章 (横須賀)
  磯川 浩 (寒川)
  松嶋 正樹 (藤沢北西)
  新井 今日子 (鎌倉)
    山田 晴史 (横須賀)
    勝見 慎一 (横須賀)
    釼持 万紀子 (かながわ2780ロータリーEクラブ)
    松下 力 (ふじさわ湘南)
    水嶋 聡 (茅ヶ崎)
    三澤 京子 (寒川)
    清水 寿人 (相模原柴胡)
    吉岡 善一 (大和)
    村松 マユミ (厚木県央)
    石橋 道広 (秦野)
    櫻田 敬 (平塚北)
    奥山 恵子 (小田原北)
  職業奉仕委員会 石﨑 孝 (小田原城北)
  長津 豊 (藤沢)
    小木曽 幹雄 (茅ヶ崎湘南)
    一ノ瀬 裕 (相模原南)
    岡見 健 (厚木県央)
    鳥海 衡一 (平塚)
    小泉 隆一郎 (伊勢原)
    小林 和彦 (小田原城北)
  社会・国際奉仕委員会 成田 清 (平塚西)
  濱田 まり子 (鎌倉)
    星野 雄 (三浦)
    原 和子 (葉山)
    神崎 知久 (藤沢北)
    栗原 茂明 (綾瀬)
    田中 重光 (茅ヶ崎中央)
    西野 勝弘 (相模原南)
    八日市屋 敏雄 (平塚北)
    内田 治光 (小田原中)
    阿部 剣朗 (藤沢南)
  青少年奉仕委員会 中込 仁志 (鎌倉)
  西村 弘司 (厚木中)
  横山 英夫 (鎌倉)
  工藤 元 (相模原橋本)
    高橋 隆一 (横須賀)
    林 雅巳 (鎌倉)
    大野 宏一 (逗子)
    太田 俊英 (鎌倉大船)
    藤田 浩二 (藤沢)
    中田 隆之 (ふじさわ湘南)
    豊岡 淳 (相模原中)
    青塚 淳次 (相模原西)
    遠藤 秀幸 (相模原グリーン)
    清水 雅広 (平塚)
    平野 恵美子 (平塚南)
    市川 聡 (小田原)
    下田 准一 (小田原北)
    森 功一 (鎌倉)
    菅沼 山一 (相模原)
    稲本 武夫 (横須賀西)
    曽我 宗光 (横須賀)
  青少年交換委員会 石田 隆 (逗子)
  大森 雄二 (平塚湘南)
    八巻 敏博 (横須賀)
    関根 貢 (葉山)
    椋梨 兼彰 (藤沢)
    新井 智代 (藤沢南)
    笠間 正二郎 (綾瀬春日)
    川島 俊郎 (海老名欅)
    東井 重和 (伊勢原)
    杉﨑 克康 (小田原)
    中丸 剛 (相模原大野)
    佐藤 康夫 (相模原東)
  ロータリー財団委員会 菅原 光志 (鎌倉)
  田中 賢三 (茅ヶ崎)
    佐野 英之 (秦野)
    大谷 新一郎 (相模原南)
    柚木 裕子 (かながわ湘南)
    財団補助金 久保田 英男 (鎌倉)
    ∟補助金配分委員会 岡野 正道 (葉山)
    富田 桂司 (茅ヶ崎)
    植田 威 (横須賀)
    高橋 正之 (相模原グリーン)
    大澤 操 (海老名)
    吉野 龍彦 (平塚湘南)
    山田 修 (相模原南)
    ∟補助金推進委員会 藤村 昌一 (横須賀)
    小池 克彦 (横須賀西)
    下里 由香 (かながわ湘南)
    中村 礼二 (相模原東)
    小巻 慎吾 (秦野中)
    柳井 渉 (小田原城北)
    平和フェロー・奨学金・VTT委員会 田所 啓二 (相模原大野)
  小柴 智彦 (藤沢東)
    岡田 英城 (横須賀)
    鈴木 裕一 (かながわ湘南)
    中山 冨貴子 (茅ヶ崎)
    佐藤 省三 (相模原西)
    福山 茂 (相模原グリーン)
    橋本 日吉 (大和中)
    長倉 博保 (伊勢原平成)
    高橋 建二 (平塚)
    林 啓之 (平塚北)
    鈴木 悌介 (小田原北)
    財団資金管理委員会 三宅 譲 (逗子)
  内野 晴雄 (寒川)
    瀬戸 映男 (横須賀)
    藤吉 一哉 (逗子)
    永松 秀行 (藤沢南)
    矢野 嘉哉 (茅ヶ崎湘南)
    倉知 克則 (茅ヶ崎中央)
    木村 頼弘 (小田原城北)
    澁谷 直樹 (相模原南)
    財団資金推進(ポリオプラス・Rカード)委員会 中野 正義 (厚木中)
    椎野 千秋 (寒川)
    田島 敏久 (相模原西)
    常磐 重雄 (厚木)
    伊藤 健司 (大和)
    保田 嘉雄 (大和田園)
    荒井 義光 (平塚西)
    渡辺 久恭 (湯河原)
  R財団100周年委員会 髙木 直之 (かながわ湘南)
    渡辺 治夫 (横須賀)
    相澤 光春 (ふじさわ湘南)
    久保田 英男 (鎌倉)
    森 勝美 (かながわ湘南)
    成田 栄二 (茅ヶ崎)
    栗林 一郎 (相模原南)
    秋山 純夫 (秦野)
  米山奨学・米山学友委員会 佐久間 博一 (横須賀)
  矢野 一博 (秦野中)
  澤田 君雄 (箱根)
  柴崎 正三 (小田原北)
    齋藤 眞且 (横須賀)
    荒井 三和子 (藤沢北)
    加藤 真代 (ふじさわ湘南)
    小笹 貴夫 (茅ヶ崎湘南)
    加藤 順一 (茅ヶ崎中央)
    横溝 志華 (相模原中)
    相澤 宏紀 (相模原橋本)
    清水 裕 (平塚)
    立澤 智 (伊勢原中央)
    古谷 スミ子 (秦野名水)
    足立 兵一 (伊勢原平成)
    上原 公夫 (平塚北)
  米山奨学資金推進委員会 渡辺 治夫 (横須賀)
  笠原 又一 (藤沢北)

地区内ロータリークラブ委員会系統図

画像をドラッグして系統図を移動することができます

地区内ロータリークラブ委員会系統図