ロータリーとは:地域の人々の生活を改善したいという情熱を社会に役立つ活動に注いでいる、献身的な人々の世界的ネットワーク

国際ロータリー2780地区 / ROTARY INTERNATIONAL DISTRICT 2780

ログイン

ロータリー用語集
ロータリーで使用されている用語をまとめましたのでご活用ください。
     検索:
  •  
    用語(日)A用語(英)略称意味
    アーチ C. クランフ・ソサエティ A Arch C. Klumph Society 合計累積寄付が米貨250,000ドルに達した個人または夫婦は、ロータリー財団創設者にちなんで名付けられたアーチ C. クランフ・ソサエティの会員として認証される。2011年1月より、3段階の寄付レベルの認証が設けられる。ソサエティの会員は、認証状の受理、特別入会式典への参加、RI世界本部にあるアーチ C. クランフ・タッチ式スクリーン・ディスプレイ上に肖像写真と略歴を展示することを選択できる。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ R RI RI Rotary International の略【参照】国際ロータリー
    アール・アイテーマ T theme, RI 会長から、毎年、発表されるロータリーのメッセージ。このテーマは、ロータリー年度を通じて奉仕活動の方向づけとなる。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ事務局 S SECRETARIAT 事務総長と職員がRI事務局を構成する。世界本部は米国イリノイ州エバンストンにあり、RI理事会が承認した国際事務局はロータリー世界の各地にある。国際事務局の所在地は、本要覧の語彙、「公式名簿」、およびRIのウェブサイト(www.rotary.org)に掲載されている。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ世界本部 W World Headquarters, RI 米国イリノイ州エバンストンにある世界本部事務局。世界本部は、北米、メキシコ、中米、カリブ海沿岸諸国、ジブラルタル、南米北部、ロシア東部、南極のクラブや地区の会員のための事務を取り扱う。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ戦略計画 S Strategic Plan, RI 【参照】戦略計画 【参照】補遺 A:戦略計画
    アール・ピー・アイ・シー P Public Image Coodinator, Rotary RPIC Rotary Public Image Coodinatorの略 【参照】ロータリー公共イメージ・コーディネーター
    アイ・エム I Intercity Meeting IM 近隣都市数クラブが集って開かれるロータリーの会合。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    Eクラブ E e-club 通常のロータリー・クラブ同様に機能するロータリー・クラブ。ただし、直接顔を合わせるのではなく、主にオンラインで例会を開く。Eクラブの所在地は全世界であり、1地区につき二つのEクラブを上限とする。
    出典:2010年手続要覧
    イニシエーション・スピーチ I Initiation Speech ロータリーに入会して、経歴、職業、趣味など自己紹介すること。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    インターアクト I Interact 奉仕と国際理解の推進に献身する若い人のためにロータリー・クラブが提唱するクラブ。年齢12歳から18歳の学生が入会できる
    出典:2010年手続要覧
    RIのウェブサイト W Website, RI ロータリアンは、ロータリーの最新のニュースを読んだり、用意されている数多くのオンライン機能を利用するために、RIのウェブサイト(www.rotary.org)を訪問することが奨励されている。Rotary.orgには、ロータリーとその財団のあらゆる面に関する情報が含まれている。このウェブサイトは、会員および報道関係者にロータリーの活動に関する最新情報を提供する。また、入会見込者および新会員のための情報に加え、会員増強、勧誘、会員維持のための情報も掲載されている。
    出典:2010年手続要覧
    ヴイ・ティー・ティー V Vocational TRAINING TEAM VTT 職業研修チーム(Vocational TRAINING TEAMの略)
    出典:Website, RI
    エー・アール・アール・エフ・シー A Assistant regional Rotary Foundation coordinator ARRFC ロータリー財団地域コーディネーター補佐(Assistant regional Rotary Foundation coordinatorの略)
    出典:D2780クラブ奉仕委員会 2011-12
    エー・アール・シー A Assistant Rotary Coordinator ARC ロータリー・コーディネーター補佐の事
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    エス・エー・エー S Sergeant at arms SAA 会場監督。例会や会議が秩序正しく設営されるよう監督する人。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    エレクト E elect 次期にその役職につく人(ガバナーエレクト・会長エレクトなど)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    援助国(実施国外)協同提唱者 I international sponsor プロジェクト、または活動が実施される国・地域外にあるクラブまたは地区。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    大口寄付者 M Major Donor 合計累積寄付が米貨10,000ドルに達した個人または夫婦は、大口寄付者として認証される。ロータリー財団へのすべての寄付は、寄付の指定条件にかかわらず、この合計に含まれるものとする。2011年1月より、大口寄付者は7段階の寄付レベルで認証され、寄付のレベルに基づき、彫りの入ったクリスタル製認証品および大口寄付者のピンの贈呈を受けることを選択できる。
    出典:2010年手続要覧
    会員アクセス M Member Access 会員のみが使用できるRIのウェブサイト(www.rotary.org)のセクション。ロータリアンは、ロータリー財団への寄付、RIからのEメールの受信登録、会合への登録を行えるほか、会員特典を利用することができる。クラブと地区の役員は、このほかの記録や報告を閲覧することができる。
    出典:2010年手続要覧
    会員増強 M membership development 会員の増加を奨励する数段階の過程。新会員の勧誘、現会員の維持、新クラブの結成(拡大)の3つの中核的要素から成る。
    出典:2010年手続要覧
    会員増強及び拡大月間(8月) M Membership and Extension Month [August] 新会員を推薦し、クラブの会員増強ならびに新しいクラブ創立をはかるために設けられた月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    会長エレクト研修セミナー P Presidents-Elect Training Seminar PETS クラブ会長エレクトのために毎年実施される研修。2月または3月に催されるのが望ましい。その目的は次期クラブ会長が会長としての任期に向けて準備することであり、地区ガバナー・エレクトおよび次期ガバナー補佐に、次期クラブ会長の意欲を高め、協力関係を築く機会を与えることである。
    出典:2010年手続要覧
    会長代理 P president’s representative 会長が欠席する場合に、地区大会に出席するよう会長より任命されたロータリアン。
    出典:084-JA
    ガバナー G Governor 【参照】地区ガバナー
    ガバナー月信 G Governor's Monthly Letter 地区内の各クラブの会長と幹事に対して毎月ガバナーから発行される通信物。月次出席報告を含む、特に関心の高い重要事項が記載されている。
    出典:2010年手続要覧
    ガバナー公式訪問 G Governor's Official Visit 地区内の各クラブの管理運営とロータリー活動の推進と向上を促すためガバナーが訪問すること。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ガバナー補佐 A Assistant Governor RI理事会の方針に従い、地区ガバナーにより任命され、担当する地域内で指定されたクラブのクラブ運営に関連する管理業務に関してガバナーを補佐するロータリアン。
    出典:2010年手続要覧
    寄付者 C contributors 補助金の主要提唱者ではないが、資金を提供してくれるクラブ、または地区。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    規定審議会 C Council on Legislation 国際ロータリー定款第10条およびRI細則第7条と第8条に定めるRIの立法機関。投票権を有する議員は、各地区のクラブの代表議員から成る。クラブ、地区大会、RIBI審議会または大会、規定審議会、RI理事会が提出した制定案と決議案を審議、決定するために3年に1度開かれる。審議会で採択された立法案の決定は、全クラブによる再検討を経た上で実効となる。
    出典:2010年手続要覧
    協力関係 S strategic partnership 管理委員会が承認したロータリー財団とほかの団体(非政府組織、企業、大学など)との関係。現在、重点分野の一つもしくは複数にかかわっており、財政的支援、技術的支援、あるいは外部への働きかけの援助を提供することによって、100万米ドル相当以上の資金負担ができ、ロータリアンのための奉仕の機会と影響力を増やし、世界的な規模で活動できる団体です。協力関係が、人道的プロジェクトの実施、職業研修チームの派遣と受入れ、奨学金の提供のためのパッケージ・グラントの機会につながるものと予測されます。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    協力組織 S strategic partner ロータリー財団と長期的な協力関係の下関与する団体。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    協力団体 C cooperating organization 専門技術を提供したり、プロジェクトの調整を行うなどして、プロジェクトの実施に直接に関与する団体(通常は非営利団体だが、政府の機関である場合もある)。プロジェクトは、協同提唱者であるロータリー・クラブまたは地区が管理すべきです。ロータリー財団による補助金が協力団体に直接送られることはありません。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    クラブ・フォーラム C Club Forum 奉仕活動について、その内容を検討し実施に向けて会員全員で討議する。(クラブ討論会)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    クラブ・リーダーシップ・プラン C Club Leadership Plan CLP ロータリー・クラブのために推奨されている管理的枠組み。効果的なクラブのベストプラクティスに基づき、クラブが各奉仕部門の目標を達成するための能力を高めることを目的とする。プランの採用はクラブに義務付けられていない。
    出典:2010年手続要覧
    クラブの覚書(MOU) C club memorandum of understanding ロータリー財団補助金の活動実施および資金管理を適切に行うためにクラブが取るべき対策を説明したクラブと地区の間の同意書。この文書を承認することにより、クラブはすべての財団の要件を遵守することに同意することになります。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    クラブ管理運営委員会 C Club Administration Committee クラブ奉仕に積極的に取り組み、クラブの効果的な運営に関する活動を企画立案し、実施する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    クラブ協議会 A assembly, club クラブのプログラムと活動について協議するために開かれる、クラブ役員、理事、委員会委員長を含むクラブ会員全員の会合。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ研修リーダー C club training leader 必要に応じクラブ会長により任命されクラブにおいて包括的な研修プログラムが実施されるよう必要な研修の機会を提供する。
    出典:D2780クラブ奉仕委員会 2011-12
    クラブ創立記念特別寄付 S Special Giving to Yoneyama to celebrate Club's anniversary クラブの創立記念として10万円以上の特別寄付をいただいたクラブに楯が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    クラブ年次総会 C Club Annual Meeting クラブの次期理事、役員を選出する為に開催される会議で毎年12月31日までに開催されなければならない。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    クラブ奉仕 C Club Service ロータリーの第一奉仕部門。クラブの機能を充実させるためにロータリアンが取るあらゆる必要な行動にかかわるものである。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ役員 O officers, club ロータリー・クラブの会長、直前会長、会長エレクト、1名または数名の副会長、理事、幹事、会計および会場監督。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ理事会 B board of directors, club クラブ細則に従って構成されたクラブの管理主体。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ例会 C Club Regular Meeting 定例の曜日に、定例の時間に開催される毎週の例会。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    グローバル補助金 R Rotary Foundation Global Grants 6つの重点分野のうちの一つにおいて、多大な影響をもたらす持続可能なプロジェクトを支援するもの。クラブと地区は、提唱者(スポンサー)からの拠出金と、それに対する国際財団活動資金(WF)からのマッチング(上乗せ資金)を資金に、独自のグローバル補助金プロジェクトを立ち上げることができます。あるいは、ロータリー財団と協同組織と合同で立案したパッケージ・グラントを選択することもできます。これを選択した場合、国際財団活動資金(WF)と協力組織が資金を100パーセント提供し、ロータリアンが補助金プロジェクトの実施にあたります。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    決議 R resolution RIの組織規定を改正せず、また矛盾することもなく意見を表明したり、あるいはRI理事会に提案したりする議決行為。enactment[制定(案)]の項も参照のこと。
    出典:2010年手続要覧
    研究グループ交換 G Group Study Exchange GSE 研究グループ交換(GSE)プログラムは、事業や専門職における経験の浅い25~40歳の男女に、文化と職業に関する独特な交流の機会を提供する。GSEプログラムは、ロータリアンではない専門職従事者からなるチームに、異なる国のロータリー地区へ4週間から6週間の交換旅行をするための旅費を補助するものである。ロータリアンであるチームリーダーが各チームを率いる。
    出典:2010年手続要覧
    研修委員会(地区) T Training Committee ガバナーは、ガバナー・エレクトの推薦に基づいて、地区研修委員会の委員長を務める地区研修リーダーを毎年任命すべきである。地区研修リーダーは、研修委員会の委員長として、必要に応じて研修会合や研修行事の責務を割り当てる。委員会は、ガバナーおよびガバナー・エレクトを補佐して、クラブや地区指導者の研修に当たる責任がある(ロータリー章典17.030.3.)。
    出典:2010年手続要覧
    コ・ホスト・クラブ C Co-Host Club ホストクラブと共に、合同会合の計画実施に協力するクラブ。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    公益財団法人ロータリー日本財団 P Public Interest Incorporated Foundation Rotary Foundation Japan PIIF 公益財団法人ロータリー日本財団は、国際ロータリーのロータリー財団の協力財団です。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会 定款
    効果的なロータリー・クラブとなるための活動計画の指標 P Planning Guide for Effective Rotary Clubs 効果的なクラブの要素およびクラブ・リーダーシップ・プランに関連した目標を設定するために、クラブと地区の指導者の協力の下に、クラブ会長エレクトが使用するクラブの査定と目標設定のための資料。目標を達成するためにクラブが採用できる方策が記されている。
    出典:2010年手続要覧
    広報 P PUBLIC RELATIONS 各ロータリアンは、ロータリーの綱領、プログラム、活動に十分精通し、その交友および職業上の知己を通じてロータリーの意図と業績を推進する機会を求めるものと期待されている(ロータリー章典9.040.1.)。 ロータリアンは、ロータリーの発展と奉仕活動を改善、拡張するために、ロータリーとは何か、ロータリーが何をしているのかについて、自らほかの人々に知らせ、地域社会におけるクラブの存在感を一層際立たせる力となるよう要請されている。
    出典:2010年手続要覧
    国際ロータリー R Rotary International RI 世界中のロータリー・クラブの連合体。
    出典:2010年手続要覧
    国際ロータリーの目的 P purposes of Rotary International RIの目的は、 (a)ロータリーの綱領を推進するようなプログラムや活動を追求しているRI加盟クラブとRI地区を支援すること。 (b)全世界にわたって、ロータリーを奨励し、助長し、拡大し、管理すること。 (c)RIの活動を調整し、全般的にこれを指導すること。
    出典:2010年手続要覧
    国際協議会 I International Assembly 中央役員、ガバナー・エレクト、理事会の指定するほかの人たちが出席する年に1度の研修会合。ガバナー・エレクトにロータリー教育を行い、管理運営上の任務について指導し、鼓舞激励し、さらに、次年度のロータリー・プログラムや活動の実施方法を討議・計画する機会を与える。
    出典:2010年手続要覧
    国際親善奨学金 A Ambassadorial Scholarships 多くの国の有望な学生を他国に派遣し、国際親善と理解を深め、勉学の機会を提供する。通常1-2学年度がある。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    国際大会 C Convention, RI すべてのロータリアンとそのゲストが出席できる年次国際会合。国際大会の主な目的は、国際レベルにおいて、ロータリアンを鼓舞し、啓発することである。世界中から集まったクラブ代議員が、会長やRI理事を含む、次年度のRI役員を選挙する。
    出典:2010年手続要覧
    国際奉仕 I International Service ロータリーの第四奉仕部門。ロータリアンが国際理解、親善、平和を推進するために実施する数多くのプログラムや活動を包含するものである。多くの国際奉仕プロジェクトは、発展途上国の人道的ニーズを満たすことを目的とし、また、異なる国や文化の人々に対する認識を培うことを助長する。
    出典:2010年手続要覧
    五大奉仕部門 T The Five Avenues of Service ロータリーの五大奉仕部門は、ロータリー・クラブの活動の哲学的および実際的な規準である。 1.奉仕の第一部門であるクラブ奉仕は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わるものである。 2.奉仕の第二部門である職業奉仕は、事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理想を生かしていくという目的を持つものである。会員の役割には、ロータリーの理念に従って自分自身を律し、事業を行うことが含まれる。 3.奉仕の第三部門である社会奉仕は、クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みから成るものである。 4.奉仕の第四部門である国際奉仕は、書物などを読むことや通信を通じて、さらには、他国の人々を助けることを目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や慣習、功績、願い、問題に対する認識を培うことによって、国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動から成るものである。 5.奉仕の第五部門である新世代奉仕は、指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。
    出典:2010年手続要覧
    3-Hプログラム H Health,Hunger and Humanity program 人々の健康状態を改善し、飢餓を救済し、人間性尊重のために行われるプログラム。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    三大義務 会費の納入、例会出席、ロータリー雑誌の購読
    出典:D2780研修委員会 2011-12
    参加 P participation 立案、直接的実施、評価など、補助金全期間を通じた直接関与。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    財団プログラム P Programs of The Rotary Foundation 人道的プログラム、教育的プログラム、ポリオ・プラスプログラムなどがあり、ロータリー奉仕活動の中心となっている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    財団への寄付 C Contributions to The Royary Foundation 年次プログラム基金(年次寄付)、恒久基金、ポリオ・プラス基金等があり、それぞれの目的達成のために充てられる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    財団学友 A Alumni of the Rotary Foundation 元奨学生、元研究グループ交換参加者で地区やクラブ会合のプログラムや講演、広報の支援者として期待されている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    雑誌委員会 M Magazine Committee ロータリーの友、ガバナ一月信などを活用し、ロータリアンだけでなく他の人々にも贈呈し関心を持ってもらう。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    シェア・システム S SHARE system ロータリー財団プログラム奨学金および補助金が世界中に配布される仕組。
    出典:2010年手続要覧
    試験的ロータリー・クラブ P pilot Rotary clubs 将来にもロータリーが世界有数の人道的奉仕団体であり続けるために、新しいアイデア、方法、またはクラブの組織構造を試すことを目的としてRI理事会により実施される試験的プロジェクト。試験的ロータリー・クラブは、ロータリー・クラブとして全面的に機能するが、標準ロータリー・クラブ定款で規定されているいくつかの義務が免除される。
    出典:2010年手続要覧
    資格認定 Q qualification 地区および地区内クラブが、財団補助金資金を適切に管理するにふさわしい財政的かつ資金管理の能力を備えていることを確認するプロセス。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    資金管理 S stewardship 資格条件に沿ったロータリー財団資金の適切な使用。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    識字率向上月間(3月) L Literacy Month [March] RIの強調事項の一つ。読み書き、計算のできない人達を援助し、識字率の向上をはかるために定められている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    社会奉仕 C Community Service ロータリーの第三奉仕部門。地域社会の人々の生活の質を高めるためにロータリアンが行うさまざまな活動。
    出典:2010年手続要覧
    出席委員会 A Attendance Committee 例会、地区大会、国際大会等あらゆるロータリーの会合に出席するよう促す。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    出席報告 M Membership Attendance Report クラブ例会の出席記録。RI細則には、各クラブが地区ガバナーに対し毎月この報告書を提出するよう規定されている。
    出典:2010年手続要覧
    職業分類 C classification 地域社会に役立つ事業あるいは専門職で、明確に分けられる職種。各クラブは、地域社会に存在する職業分類を決定し、各クラブ正会員には、本人の主要かつ一般世間がそのように認めている事業または専門職か、本人の所属する会社、企業または団体の主要かつ一般世間がそのように認めている事業活動に関連する職業分類が指定される。
    出典:2010年手続要覧
    職業奉仕 V Vocational Service ロータリーの第二奉仕部門。ロータリアンが職業の尊さと価値をクラブのほかの会員に示す機会であるとともに、キャリア計画、職業研修、職場での高い道徳的水準の推進といったプロジェクトを実施するというクラブの責任でもある。
    出典:2010年手続要覧
    職業奉仕月間(10月) V Vocational Service Month [October] 職業奉仕の理想を日常的に実践するよう強調するために定められている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    新会員の入会式 I Induction of New Members 各クラブで独自の厳粛で意義深い新会員のための入会式を行うよう奨励されている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    新世代のための月間(9月) N New Generations Month [September] 30歳までの若い人の育成を支援する全てのロータリー活動に焦点をあてるために定められている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    新世代奉仕 N New Generations Service ロータリーの第五奉仕部門。指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。
    出典:2010年手続要覧
    新地区補助金 R Rotary Foundation District Grants 地元と海外の地域社会で短期のプロジェクトを実施することを目的として、地区に一括で支払われる年次補助金。地区は、1ロータリー年度内に、利用可能なDDF(地区財団活動資金)の50パーセントまでを新地区補助金に使うことができます。この補助金で、職業訓練、奨学金、人道的奉仕活動など、さまざまな種類のプロジェクトが支援できます。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    親睦活動委員会 F Fellowship Activities Committee 会員間の友誼と親睦をはかるため、レクリエーションや社交的諸活動を実施し、会員の参加を促す。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ジー・エス・イー G Group Study Exchange GSE Group Study Exchangeの略 【参照】研究グループ交換
    事務総長 G general secretary RI理事会の指示監督の下に業務を遂行する国際ロータリーの最高管理役員。事務総長は、RIの財務運営を含め、方針の実施、運営、管理についてRI理事会と会長に責任を負うものである。事務総長は、ロータリー財団全体の事務長でもある。
    出典:RJW
    持続可能 S sustainable 補助金資金がすべて使用尽くされた後にも、地域社会の継続的ニーズを満たすために、長期的に持続していくプロジェクトの成果。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    実施国協同提唱者 H host sponsor プロジェクト、または活動が実施される現地のクラブまたは地区。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    受益者 B beneficiary 財団の補助金から直接恩恵を受ける団体、あるいは個人。奨学生、職業研修チーム、地域社会などがその例です。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    重点分野 A area of focus 成果をもたらす測定可能なプロジェクトをロータリー財団が実施するために、優先すべき世界的ニーズとして、財政的リソースとボランティア・リソースを投入する6つの分野(平和と紛争予防/紛争解決、疾病予防と治療、水と衛生設備、母子の健康、基本的教育と識字率向上、経済と地域社会の発展)である。
    出典:2010年手続要覧
    人頭分担金 P per capita dues 各クラブが、RIに対して半年ごと(7月1日および1月1日)にクラブ正会員総数に応じて支払う会費。
    出典:RJW
    スポンサー・クラブ S sponsor club 新しいクラブが結成される際、その計画と遂行を援助し、指導し、新クラブの活動を見守る。
    出典:2010年手続要覧
    スマイル・ボックス(にこにこ箱) S Smile Box 例会場で会員が自由意志で善意の寄付をすること。集ったお金は主に社会奉仕と国際奉仕の活動資金として使用される。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    推奨クラブ細則 R Recommended Club By laws ロータリー・クラブを管理する規定。推奨細則は、RI理事会によって規定されるが、クラブは、組織規定と矛盾しない限り、個々のクラブの事情に応じてクラブ細則に変更を加えることができる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    世界ポリオ撲滅推進計画 G Global Polio Eradication Initiative 世界予防接種活動を支援する 国際ロータリーとその世界的パートナー である世界保健機関(WHO)、国連児童基金(ユニセフ)、米国疾病対策センター(CDC)によるグループ。この世界的パートナーシップは、1988年、世界保健機関の加盟169カ国が世界的にポリオを撲滅するという決議を採択したときに形成されました。この推進計画におけるロータリーの役割は、 ポリオ・プラス ・プログラムといったプログラムを通じて活動することです。
    出典:Website, RI
    世界理解月間(2月) W World Understanding Month [February] 世界平和を目指し、相互理解と親善を強調し、世界社会奉仕プログラムの実施を促すために定められた。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    世話クラブ・カウンセラー制度 S Sewa Clubs and Counselors 奨学生一人ひとりに対して、地域のロータリークラブが「世話クラブ」となり、世話クラブの会員が「カウンセラー」として日常の相談役をつとめます。奨学金を支給するだけの団体も多いなか、米山記念奨学生は、世話クラブの例会や地域奉仕活動に参加し、実業人・専門職業人であるロータリアンとの交流を通じて真の日本を知り、ロータリーが求める平和の心を学んでいます。
    出典:ロータリーの友2008/12
    制定(案) E Enactment RI定款、RI細則または標準ロータリー・クラブ定款を改正する、規定審議会による立法事項。
    出典:2010年手続要覧
    正会員 A active member 事業、専門職、または社会奉仕の種類の下にクラブ会員として選ばれ、RI定款・細則に定められた会員としてのすべての義務、責任、および特典を有するクラブ会員。
    出典:2010年手続要覧
    青少年交換 Y Youth Exchange, Rotary 15~19歳の中高等学校の年齢層の学生が、国際理解と親善を推進するために、最長1年間にわたり海外で勉学または滞在するRI常設プログラム。交換学生は、派遣側と受入側のロータリー・クラブまたは地区からの後援を受け、RI理事会が定める指針と手続に従って選考される。
    出典:2010年手続要覧
    戦略計画 S strategic plan 2001-02年度、国際ロータリーは奉仕の第2世紀を迎え、組織を導く戦略計画の立案を始めました。以来この計画は定期的に見直され、更新が行われています。 2009年、理事会は、RI戦略計画の大幅な見直しを行いました。これには、組織としてロータリーが優先すべき事柄について世界14,000人のロータリアンを対象としたアンケート調査、各国におけるロータリーのイメージを探るためのフォーカスグループ(座談会方式調査)、その他のデータ分析や研究調査が含まれていました。これらの調査結果を反映し、RIとロータリー財団が進むべき進路と一致するよう改訂された戦略計画は、2010年7月1日より有効となりました(2011年10月より、Strategic Planの訳は「長期計画」から「戦略計画」に変更されました)。【参照】補遺 A:戦略計画
    出典:2010年手続要覧
    組織規定文書 C constitutional documents RI定款、RI細則、標準ロータリー・クラブ定款の集合的呼称。
    出典:2010年手続要覧
    創立会員 C Charter Member クラブがRIに加盟する前に選ばれたロータリー・クラブの創立会員。
    出典:2010年手続要覧
    測定可能 M measurable 測定できる結果と影響を残したことを実証するために、データ収集と分析に結びつくような補助金の成果。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    ゾーン Z Zone 国際ロータリーの会長指名委員とRI理事指名委員を選挙するために、RI細則が定め、RI理事会が編成したクラブの集団。ロータリー研究会は、多くの場合、ゾーンを基盤として開催される。世界で34、日本は3つに分かれている。
    出典:2010年手続要覧
    多地区合同運営組織 M multidistrict administrative groups 2つ以上の地区が合同で管理業務をクラブに提供したいと望むときに、理事会の承認の下に設立される組織。
    出典:RJW
    卓話 S Speech 例会での後半30分で行われるメインスピーチのこと。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    代表協同提唱者 P primary sponsors グローバル補助金申請書の共同提出、活動の実施、ロータリー財団への財務会計を含む報告の責務を担う実施国の1クラブ(または地区)と援助国の1クラブ(または地区)。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    代表連絡担当者 P primary contact ロータリー財団とプロジェクト提唱クラブ(または地区)の間の主な連絡を担当するロータリアン。各補助金には、実施国と援助国から1名ずつ、計2名の代表連絡担当者がいます。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    チャーター・ナイト C Charter Night クラブにRIから加盟認証状が伝達された時に行われる式典及び祝賀会。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区 D district RIの管理の便宜上まとめられた一群のクラブの所在する一定の地理的区域。
    出典:2010年手続要覧
    地区ガバナー D district governor 理事会の一般的な指揮、監督の下に職務を行う地区内のRI役員。ガバナーは、地区内すべてのクラブを直接監督し、指導し、継続性を確保する。
    出典:2010年手続要覧
    地区の覚書(MOU) D district memorandum of understanding 各地区とロータリー財団の間で取り交わされるこの法的な同意書。参加資格条件および補助金資金を適切に管理するための条件が記載されています。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    地区リーダーシップ・フラン D District Leadership Plan DLP 全地区のための組織構成。その構成要素には、ガバナー補佐と地区委員会委員の明確な責務と任務、および定められた任期と再任の回数制限が含まれる。
    出典:2010年手続要覧
    地区幹事 D District Secretary 地区幹事は、ロータリーに精通、地区会合の準備、適切な書簡処理、諸地区会合の議事録の編集、諸種の記録保存等の日常の管理事務の面でガバナーを補佐する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区協議会 A Assembly, District クラブ会長エレクトと次期クラブ指導者のために毎年開かれる研修会合(3月、4月、5月のいずれかの月に実施されることが望ましい)。その目的は、次期クラブ指導者が就任の準備を整え、指導者チームを結成すること、および、クラブ指導者の意欲を高め、クラブ指導者との協力関係を築く機会を地区ガバナー・エレクトと次期ガバナー補佐、および地区委員会に与えることにある。
    出典:2010年手続要覧
    地区財団活動資金 D District Designated Fund DDF 地区がロータリー財団へ寄せる寄付の50パーセントおよび調整額。その年度に地区が各プログラムに使用する。
    出典:2010年手続要覧
    地区指導者育成セミナー D District Leadership Seminar ガバナーがクラブの指導的役割りをはたしてきたロータリアンにクラブレベルを超えて、ロータリーにおいて奉仕するために必要な能力と知識を開発し、意欲を持つよう育成する会合。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区諮問委員会 D District Advisory Committee 地区管理のあらゆる面についてガバナーに助言する委員会で、地区の元ガバナーが選ばれる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区資金 D district fund 地区が提唱するプロジェクトおよび管理運営機能を支えるための財源。その一部は地区会費よりもたらされる。
    出典:2010年手続要覧
    地区大会 D district conference 親睦、感銘深い講演、クラブと地区の業務に関する事項の討議を通じて、ロータリーのプログラムを推進するために、毎年、各地区で開かれる会合。地区内の全ロータリアンとその家族が出席できる。
    出典:2010年手続要覧
    地区補助金 D District Simplified Grants 各クラブが社会奉仕、国際奉仕プログラムを実施する際、地区に申請し、審査の上認定されたプログラムに支払われる補助金。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    中核となる価値観 C Core values 国際ロータリーの中核となる価値観は、奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップである。【参照】補遺 B:中核となる価値観 
    出典:2010年手続要覧
    長期計画 S strategic plan 【参照】戦略計画 【参照】補遺 A:戦略計画
    手続要覧 M Manual of Procedure クラブと地区の指導者が、ロータリーおよび奉仕に最も関連深い方針と手続きを理解するのを助けるために作成された出版物。3年ごとに開かれる規定審議会の後に発行される。RI組織規定文書も収められている。
    出典:2010年手続要覧
    定款 C Constitution ロータリー組織の基礎となるRI定款、及び加盟クラブ組織の基礎となるクラブ定款がある。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ディー・エル・ピー D District Leadership Plan DLP District Leadership Planの略 【参照】地区リーダーシップ・フラン
    ディー・ディー・エフ D District Designated Fund DDF District Designated Fundの略 【参照】地区財団活動資金
    登録料 R Registration Fee 国際大会、地区大会など公式の会合に出席するための参加料。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    特別寄付金 S Special Giving to Yoneyama 個人・法人・クラブから、普通寄付金以外に任意でいただく寄付です。ロータリー関係者以外からもお受けしています。金額に決まりはありません。所得税(個人)・法人税(法人)などの税制優遇が受けられます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    特別代表 S special representative ガバナーの指名により、ガバナーに代わってクラブ結成の手続一切を行う通常1名のロータリアン。通常、スポンサー・クラブの会員の中から指名される。
    出典:2010年手続要覧
    同意書 A agreement form 補助金提唱者とロータリー財団の責務を記載した法的書類。
    出典:公式Website
    年会費 D Dues 正会員はそのクラブの細則に定める年会費をクラブに納入しなければならない。金額は各クラブで個々に定める。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    年次プログラム基金 A Annual Programs Fund 使途を指定せずにロータリー財団のプログラムに支援を行うための主な資金源。その使命は、地域レベル、全国レベル、国際レベルの人道的、教育的、文化交流プログラムを通じて、世界理解と平和を達成しようとするRIの努力を支援することである。
    出典:2010年手続要覧
    ノミニー N nominee 次々期役職につく人。(ガバナーノミニー、会長ノミニーなど)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    能力開発 C capacity building 個人、あるいは地域社会が、維持可能な開発を目指し、必要な知識、技能、能力を開発・強化するプロセス。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    バナー C Club Banners 各クラブの所在地、国、地域、特徴を表現するようデザインされた旗やペナントのこと。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    パスト・ガバナー P Past Governor PG 過去に地区ガバナーとなり、現在もクラブ会員であり、地区諮問委員会のメンバーとなっている人。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    標準ロータリー・クラブ定款 S Standard Rotary Club Constitution 各クラブによる採用が義務付けられている管理規定。これらの規定は、RI定款とRI細則に一致し、規定審議会によってのみ改正できる。
    出典:2010年手続要覧
    ビジター V Visitor 他クラブからメークアップに来たロータリアンをビジターという。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    普通寄付金 G General Giving to Yoneyama 日本の全ロータリークラブ会員からクラブを通じて定期的にいただく寄付です。各クラブで会員一人あたりの金額を決定し、半期に1度、会員数分を送金いただいています。クラブ事務局からの申請があれば、税制優遇の対象となります。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    プログラム委員会 P Program Committee クラブの例会や特別の会合のためにプログラムを計画し、準備し、実施を担当する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ベネファクター B Benefactor ロータリー財団に1,000ドル以上を恒久基金として無条件で寄付した人。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ペッツ P Presidents-Elect Training Seminar PETS 【参照】会長エレクト研修セミナー
    ホームカミング制度 H Homecoming Program 米山学友(元米山記念奨学生)の里帰り制度。活躍する米山学友を各地区で毎年1人招待し、地区大会等で現在の活躍を披露してもらうことで、多くのロータリアンが米山奨学事業の成果を実感することができます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    ホスト・クラブ H Host Club ロータリークラブが集って諸会合を開く時、その会合の世話役となって計画を立て、実施の役割りをつとめるクラブ。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    報告 R report プロジェクト実施の進捗状況を詳細に記載した文書。報告書は、補助金支給期間中少なくとも12カ月毎に提出されなければなりません。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    奉仕の理想 I Ideal of Service 個人生活、社会生活、職業生活において社会に感謝し、利己よりも利他を求めるロータリーの奉仕哲学。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    奉仕プロジェクト委員会 S Service Projects Committee 地元地域社会及び他国の地域社会におけるニーズに応える教育的、人道的及び職業的プログラムを企画し、実施する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    奉仕部門 A Avenues of Service ロータリーの精神的な礎であり、クラブ活動の土台となる活動。ロータリーの綱領に基づいている。クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、新世代奉仕。
    出典:2010年手続要覧
    ポール P. ハリス P Paul Percy Harris ロータリーの創始者。(1905年2月23日、米国イリノイ州シカゴにおいて、青年弁護士、ポール・P・ハリスによってロータリーが創始された。)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ポール・ハリス・ソサエティ P Paul Harris Society ロータリー財団の人道的、教育的、文化交流プログラムを支え、さらに発展させていくための年次プログラム基金、ポリオ・プラス、人道的補助金プログラムに対し、年間米貨1,000ドル以上を寄付したロータリアンおよびその友人を表彰すること。
    出典:Website, RI
    ポール・ハリス・フェロー P Paul Harris Fellow 米貨1,000ドルをロータリー財団に寄付した個人、または、その名義で寄付が行われた個人。
    出典:2010年手続要覧
    ポリオ・プラス P Polio Plus 1985年に設置されたこのロータリー財団プログラムで、ロータリーは、世界ポリオ撲滅活動に民間部門による支援を導入しました。ポリオを撲滅するために世界中の地域で行ってきたボランティア活動に加え、ロータリアンによる寄付額は、世界にポリオがないことが証明されるまでに8億5,000万米ドル以上に上ると予想されています。ポリオ・プラスの「プラス」は、今後のほかの保健活動に生かすことのできる全世界ポリオ撲滅の遺産を意味しています。
    出典:Website, RI
    マッチング・グラント M Matching Grants ロータリー財団の人道的プログラムでクラブや地区の拠出資金に応じてロータリー財団から補助される。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    未来の夢計画 F Future Vision Plan ロータリー財団の新しい補助金モデル。この計画は、財団の使命を新たにするとともに、ロータリアンが多大な影響をもたらし、持続可能な成果を生むような多岐にわたるプロジェクトを実施できるよう、一層効果的で効率のよい支援方法を生み出すものである。
    出典:2010年手続要覧
    メークアップ M make-up 自身が所属するクラブの例会に出席できなかった場合に、自己の会員身分を守り、出席の扱いを受けるために、別のロータリー・クラブの例会か標準ロータリー・クラブ定款第9条に規定するほかの会合に出席すること。
    出典:2010年手続要覧
    名誉会員 H honorary member ロータリーの理想推進のために称賛に値する奉仕をしたか、ロータリーを末永く支援したことでロータリーの友人であるとみなされたことによって、ロータリー・クラブの会員として選ばれた人。名誉会員は、入会金と会費の納入を免除されるが、投票権を持たず、クラブのいかなる役職にも就くことができない。しかし、クラブのあらゆる会合に出席することができ、クラブの特典を享受することができる。クラブ理事会が名誉会員身分の存続期間を決める。
    出典:2010年手続要覧
    四つのテスト T The Four-Way Test 四つの問いを中心に、事業と専門職における倫理について述べた声明。「真実かどうか、みんなに公平か、好意と友情を深めるか、みんなのためになるかどうか」1932年にロータリアンのハーバード J. テイラーにより創作され、1943年に国際ロータリーにより採用された。(裏表紙参照) 言行はこれに照らしてから 1.真実かどうか 2.みんなに公平か 3.好意と友情を深めるか 4.みんなのためになるかどうか
    出典:2010年手続要覧
    米山学友会 Y Yoneyama Alumni Association 米山学友(元米山記念奨学生)と現役奨学生によって組織される会です。2012年3月現在、日本に30(34ロータリー地区)、海外に3(台湾・韓国・中国)、計33学友会があります。2012年5月にタイで開催されるRI国際大会では、海外で4番目となる学友会が設立される予定です。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山功労クラブ Y Yoneyama Foundation Distinguished Contribution Club 個人・法人・クラブからの特別寄付金が100万円に達したクラブを「米山功労クラブ」とし、以降100万円ごとに感謝状が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山功労者 Y Yoneyama Foundation Distinguished Contributor 個人名での特別寄付金が累計で3万円に達した方を「準米山功労者」、10万円に達した方を「第1回米山功労者」、以降10万円ごとに感謝状が贈られ、表彰されます。累計で100万円以上に達した方(米山功労者メジャードナー)にはピンバッジ等が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山功労法人 Y Yoneyama Foundation Distinguished Contribution Corporation 法人名での特別寄付金が累計で5万円に達した法人を「準米山功労法人」、50万円に達した法人を「米山功労法人」、100万円に達した法人を「米山特別功労法人」、以降100万円ごとに表彰され、感謝状もしくは盾が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山梅吉 U Umekichi Yoneyama 1920年世界855番目のロータリークラブ(東京RC)を創設し、日本に初めてのロータリーを導入した人。東京RCの初代会長。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ローターアクト R Rotaract 奉仕志向の市民と指導者を育成するため、18歳から30歳までの青年を対象に、ロータリー・クラブが提唱するクラブ。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリアン R Rotarian ロータリー・クラブの会員。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー・コーディネーター R Rotary Coordinators ロータリー・コーディネーターは、地区ガバナーに協力し、RI長期計画の実施を中心に活動しながら、RIからクラブと地区への最新情報、詳細情報、および援助を提供する人材となる
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー・リーダーシップ研究会 L Leadership Institute, Rotary RLI ロータリー・リーダーシップ研究会(RLI)は1992年2月に設立されて、1992年秋に、7510地区リーダーシップ研究会として最初のコースを実施しました。RLIはリーダーシップ開発プログラムであり、日本国内のロータリークラブのためにロータリーの知識とリーダーシップを増加させるように、ロータリークラブのリーダー候補者に供給するコースです。
    出典:Website, RI
    ロータリーの徽章 E emblem, Rotary 国際ロータリーの象徴。6本の輻と24の輪歯と楔穴を備えた歯車から成る。色はロイヤルブルーと金色で、ロータリアンが襟ピンとして誇りをもって着用するものである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの綱領 O Object of Rotary ロータリーの目的とクラブ会員の責務について簡潔に記述した声明。RI定款と標準ロータリー・クラブ定款第4条に規定されているように、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成するのがロータリーの綱領である。 ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹、育成することにある。 ① 奉仕の機会として知り合いを広めること。 ② 事業および専門職務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめること。 ③ ロータリアンすべてが、その個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。 ④ 奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの使命 M Mission of Rotary International ロータリー・クラブの世界的連合体である国際ロータリーの使命は、他者に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進することである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの標語 M Mottos, Rotary 「超我の奉仕」(Service Above Self)および「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」(One Profits Most Who Serves Best)が、ロータリーの公式標語である。前者がロータリーの第1標語である(50-11、51-9、89-145、01-678、04-271)。後者は、2010年規定審議会で修正が加えられ、”they”が”one”に置き換えられた
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの友 T THE ROTARY-NO-TOMO 1952年、日本の地区が東日本、西日本の二地区に分かれた時、共通の雑誌を発行することになった。現在はRIより地域雑誌に指定されクラブ会員は購読義務がある。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー家族 F family of Rotary, the ロータリアンの配偶者、物故会員の配偶者、ロータリアンの子供、孫、その他の親戚、ロータリー財団学友、研究グループ交換メンバー、ロータリー青少年交換学生、ローターアクター、インターアクター、RYLA参加者、インナー・ホイールおよびそのほかの配偶者グループ、世界ネットワーク活動グループ。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー家族月間(12月) F Family Month [December] 会員とその配偶者や子ども、親戚、元ロータリアン及びロータリーに関わりのある全ての人々と良好な関係を築くための月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー会員組織地域コーディネーター R regional Rotary International membership coordinator RRIMC 地区およびクラブの会員増強活動を支援する目的で、RI会長に任命されたロータリアン。80名の国際ロータリー会員組織ゾーン・コーディネーター(RIMZC) から支援を受けるRRIMCが、各ゾーンに少なくとも1名、合計44名いる。
    出典:RJW
    ロータリー研究会 I institute, Rotary ゾーンを構成する地区の元、現、次期ガバナーおよびほかのRI役員のために開かれるもので、教育性豊かで、意欲が高められ、親睦にあふれた会合。ロータリー研究会の目的は、参加者にロータリーのプログラムの最新情報とロータリー運動の向上と強化のためのアイデアを提供することである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー公共イメージ・コーディネーター P Public Image Coodinator, Rotary RPIC ロータリー公共イメージ・コーディネーター(RPIC)は、ロータリーの公共イメージ向上のために効果的なアドバイスやリソースを提供します。49名のRPICは、同じゾーンのRI理事、ロータリー財団地域コーディネーター、ロータリー・コーディネーター、地区ガバナーと協力して活動します。 RPICは、広報、ジャーナリズムやコミュニケーションの専門知識を持つロータリアンで、RI長期計画の下、地区の指導者へ効果的な広報手段を伝えます。
    出典:RJW
    ロータリー財団 T The Rotary Foundation TRF 寄付を受け、それに基づきロータリー・クラブと地区を通じて実施される承認された人道的・教育的活動の支援のために資金を提供する非営利法人。その使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー財団月間(11月) T The Rotary Foundation Month [November] 財団の奨学金事業及び人導的事業について知識と理解を深め、財団の推進に役立つプログラムを実施する月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー雑誌月間(4月) M Magazine Month [April] RIの公式機関紙「ザ・ロータリアン」や「ロータリーの友」など、ロータリーの雑誌に対する会員の認識を深め、ロータリー情報の普及をはかる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー章典 C Code of Policies, Rotary RI理事会の一般的および永続的な方針のすべてが含まれた文書。章典は、各理事会会合と規定審議会の後に更新され、RI組織規定文書を補足する。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー親睦活動月間(6月) R Rotary Fellwships Month [June] 職業別、趣味別に集ったロータリアンがレクリエーション活動や親睦活動を通して、善意の重要性を知り合うための月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー青少年指導者養成プログラム R Rotary Youth Leadership Awards RYLA 研修での経験を積ませることによって、地域社会に在住する若い人々の、指導者として、また、善良な市民としての資質を伸ばし、個々の能力を開発することを目的としたプログラム。クラブ、地区、多地区合同、および国際レベルで実施され、ロータリアンとロータリー・クラブが参加する。RYLAプログラムは、年齢14~30歳までの青少年を対象としている。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー創立記念日(1905年2月23日) A Anniversary of Rotary ポール・ハリスがシカゴで3人の友人と初めて会合をした日。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー特別月間 M months, Rotary クラブだけでなく、ロータリアン一人ひとりがロータリーの活動に参加するよう強調するためRI理事会が特別に指定した月間。すなわち、会員増強・拡大月間(8月)、新世代のための月間(9月)、職業奉仕月間(10月)、ロータリー財団月間(11月)、家族月間(12月)、ロータリー理解推進月間(1月)、世界理解月間(2月)、識字率向上月間(3月)、雑誌月間(4月)、ロータリー親睦活動月間(6月)。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー平和フェローシップ W Rotary Peace Fellowship ロータリー平和フェローシップは、全世界8校の大学に設置された7つの「平和と紛争解決における国際問題研究のためのロータリー平和センター」のいずれかで、修士課程または専門能力開発修了証プログラムに参加する資金を援助するものです。
    ロータリー米山記念奨学会 R Rotary Yoneyama Memorial Foundation 勉学又は研究のため来日し、わが国の大学等教育機関に在籍する外国人に対して奨学金を支給し、よってロータリーの理想とする国際理解と親善と平和に寄与することを目的とする。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    ロータリー米山月間(10月) T The Yoneyama Foundation Month [October] 米山記念奨学事業の意義を深く認識し、米山記念奨学生や地区役員の卓話を聞き、寄付金を募る活動をする。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー理解推進月間(1月) R Rotary Awareness Month [January] ロータリーの広報活動や情報集会、討論会、セミナーなどを通じて、ロータリーの理解を推進する月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    RVM:ロータリアン・
    ビデオ・マガジン
    ロータリアン・ビデオ・マガジンRVM は、世界中の素晴らしいロータリーのプロジェクトや人々を紹介するDVDシリーズです。年に3回制作されるこのDVDには、意欲を喚起し、情報を伝え、感動を与える短編ビデオが3~4話ずつ収録されています。
    少しの援助で
    「移動する食糧貯蔵庫」プログラムを実施し、空腹から希望への転換を図る、米国ミズーリ州、スプリングフィールド・ロータリー・クラブの活動。
    ハートの支援者
    ロータリーが支援するチェコ共和国、ポジオブラディのハート障害者センター。知的障害のある成人に収入を得る機会を提供している。
    ロータリー、シェア、シュラムダーン
    インド西岸の丘陵地帯は岩石が多いため、一年を通じて雨水を貯めておくことができません。村人たちは家族のため、何キロも離れたところまで何回も徒歩で往復し、水を汲みに行かなければなりません。2003年以来、マハラシュトラのボンベイ・メトロポリタン・ロータリー・クラブは、地元や海外の団体と手を組み、ロータリー財団のマッチング・グラントの支援を受け、雨水という貴重な水資源を保存するいくつもの貯水プログラムを立ち上げました。
    少しずつ:ホンジュラスのマイクロクレジット
    ホンジュラスのロータリアンが提供する小口融資によって、貧困から解放された女性の物語
    成長するコミュニティ:農村から子供たちにミルクを
    ヘイファー・インターナショナルと協同で、地方の農家から調達した新鮮な牛乳をルーマニアの孤児院と病院にいる子供たちに配給するロータリー・クラブの物語。
    ロータリー物語:ドリサ・シモンズさんの場合
    インド、ネパール、シンガポールを旅する元財団奨学生のロータリアン、ドリサ・シモンズさんの姿を追跡し、彼女の人生を変えたニカラグアへの旅に光を当てる。
    RVM のDVDは、15米ドルで単品を注文する か、または、わずか30米ドルで1年分(3回)まとめて一括注文する ことができます。 DVDは英語で制作されていますが、フランス語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語での吹き替えもご利用いただけます。
                                                                     注文する


    RI 公共広告 video
    Humanity in Motion Ⅲ リスト
    Peace A new symbol for peace Eradicating polio worldwide
    A polio-free world Means to polio's end Rotary: Volunteers in your community
    Rotaryの理想を共有して、人道主義プログラムの認識を高めるため、特に、ポリオ根絶 / 世界理解と平和について国際ロータリーで制作した「Humanity in Motion Ⅲ」に収録されているテレビ用PSAです。
    ロータリーについて
    ロータリーは、世界中の事業および専門職務のリーダーからなる世界規模の組織で、人道的奉仕活動を行い、職業における高い道徳基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くための助力をしています。およそ120万人のロータリアンが、166カ国に所在する31,000以上のロータリー・クラブに所属しています。ロータリーは非政治的、非宗教的な人道的組織で、1905年に創立されました。

    ロータリー・ クラブの会員は、地域社会の事業や専門職務に従事する男女を代表しています。世界中のロータリー・クラブは毎週例会を開き、非政治的かつ非宗教的で、あらゆる文化、人種、信条に開かれています。
    国際ロータリーのロータリー財団は、国際的な人道的奉仕プログラムや教育的・文化的交流を通じて、世界の理解を推進する非営利法人です。この財団はロータリアンおよびより良い世界のビジョンを分かち合うその他の人々からの自発的寄付によってのみ支えられています。1947年以来、財団は人道的および教育的補助金として米貨11億ドル以上を授与し、これらの補助金は各地の地元ロータリー・クラブや地区によって生かされ、管理されてきました。
    ロータリー・クラブは
    何をするのか?
    ロータリーの標語である「超我の奉仕」は、地域社会や職場、および世界中を通じてロータリーの目的を反映しています。ロータリーは、今日の緊急問題に取り組む社会奉仕プロジェクトを開発しています。また、青少年のためのプログラム、学生や教員、他の社会人のための教育機会や国際交流のプログラム、職業開発プログラムなども支援しています。ここにロータリーの中心的活動分野をいくつかご紹介しましょう。
    ポリオ撲滅:  1985年、ロータリーの会員はポリオのない世界を実現することを誓いました。ポリオ撲滅に対する20年にわたる取り組みは、現在までで最大規模の民間部門支援による世界的保健推進活動となっています。
     20億人近い世界中の子供たちに予防接種を与えるため、ロータリーは既に米貨5億ドルを寄付し、無数のボランティア活動を提供してきました。
     今日、世界には数百人のポリオ患者しかおらず、年間35万人以上の子供がポリオによって身体麻痺に冒されていた1988年と比べ99.8パーセント減少しました。
    国際教育 :  ロータリーは、国際奨学金の民間の資金源としては世界最大です。毎年千人近い大学生が、他国に留学するためにロータリーの奨学金を受領しています。また、各地のロータリー・クラブは高校生の交換プログラムも行っており、毎年8千人近い高校生が3カ月から1年の外国留学に派遣されています。
    平   和:  明日の平和維持活動家や外交官を育てる活動の一環として、ロータリーは最近、世界7つの有名大学に「平和および紛争解決の分野における国際研究のためのロータリー・センター」を創設しました。このプログラムは、毎年、世界競争制の下で選考される70名のロータリー世界平和奨学生に、紛争解決の分野における修士課程教育の機会を与えるものです。
    識字率向上:  ロータリー・クラブは、世界中で非識字に対する闘いに取り組んでいます。その一例として、タイのロータリー識字率向上プログラムがあります。このプログラムによって学校で退学者が激減し、その結果、タイ政府によってタイ国内のすべての学校でこのプログラムが採用されました。
    ロータリーと青少年
    ここに、青少年と共に活動するロータリーの例を2つご紹介します。
    ・ロータリー財団教育プログラムは、 世界中の大学へ留学する1,500人近い奨学生を援助しています。これらのプログラムの一つに、平和および紛争解決の分野における国際問題研究のためのロータリー・センターがあります。これは将来の外交官や国際的リーダーを育てるプログラムです。毎年、この分野の修士号を取得するため、70名の学生が7つの有名大学へ留学します。このプログラムによって、世界の平和と理解につながるよう、人々に寛容の精神と協力心を培うというロータリーの取り組みがさらに充実します。

    ・1927年以来、ロータリー青少年交換プログラムの豊かな内容によって、世界中の学生やホスト・ファミリーにとってますます可能性が広がり、さらに人生を充実させることができるようになりました。このプログラムは、ロータリー・クラブが存在する国ならどこにでも1年間の外国留学をすることができるチャンスを与えるもので、15歳から18歳の8千人ほどの学生が参加します。
    ロータリー用語集
    ロータリーで使用されている用語をまとめましたのでご活用ください。
    検索:
  •  
    用語(日)A用語(英)略称意味
    アーチ C. クランフ・ソサエティ A Arch C. Klumph Society 合計累積寄付が米貨250,000ドルに達した個人または夫婦は、ロータリー財団創設者にちなんで名付けられたアーチ C. クランフ・ソサエティの会員として認証される。2011年1月より、3段階の寄付レベルの認証が設けられる。ソサエティの会員は、認証状の受理、特別入会式典への参加、RI世界本部にあるアーチ C. クランフ・タッチ式スクリーン・ディスプレイ上に肖像写真と略歴を展示することを選択できる。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ R RI RI Rotary International の略【参照】国際ロータリー
    アール・アイテーマ T theme, RI 会長から、毎年、発表されるロータリーのメッセージ。このテーマは、ロータリー年度を通じて奉仕活動の方向づけとなる。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ事務局 S SECRETARIAT 事務総長と職員がRI事務局を構成する。世界本部は米国イリノイ州エバンストンにあり、RI理事会が承認した国際事務局はロータリー世界の各地にある。国際事務局の所在地は、本要覧の語彙、「公式名簿」、およびRIのウェブサイト(www.rotary.org)に掲載されている。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ世界本部 W World Headquarters, RI 米国イリノイ州エバンストンにある世界本部事務局。世界本部は、北米、メキシコ、中米、カリブ海沿岸諸国、ジブラルタル、南米北部、ロシア東部、南極のクラブや地区の会員のための事務を取り扱う。
    出典:2010年手続要覧
    アール・アイ戦略計画 S Strategic Plan, RI 【参照】戦略計画 【参照】補遺 A:戦略計画
    アール・ピー・アイ・シー P Public Image Coodinator, Rotary RPIC Rotary Public Image Coodinatorの略 【参照】ロータリー公共イメージ・コーディネーター
    アイ・エム I Intercity Meeting IM 近隣都市数クラブが集って開かれるロータリーの会合。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    Eクラブ E e-club 通常のロータリー・クラブ同様に機能するロータリー・クラブ。ただし、直接顔を合わせるのではなく、主にオンラインで例会を開く。Eクラブの所在地は全世界であり、1地区につき二つのEクラブを上限とする。
    出典:2010年手続要覧
    イニシエーション・スピーチ I Initiation Speech ロータリーに入会して、経歴、職業、趣味など自己紹介すること。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    インターアクト I Interact 奉仕と国際理解の推進に献身する若い人のためにロータリー・クラブが提唱するクラブ。年齢12歳から18歳の学生が入会できる
    出典:2010年手続要覧
    RIのウェブサイト W Website, RI ロータリアンは、ロータリーの最新のニュースを読んだり、用意されている数多くのオンライン機能を利用するために、RIのウェブサイト(www.rotary.org)を訪問することが奨励されている。Rotary.orgには、ロータリーとその財団のあらゆる面に関する情報が含まれている。このウェブサイトは、会員および報道関係者にロータリーの活動に関する最新情報を提供する。また、入会見込者および新会員のための情報に加え、会員増強、勧誘、会員維持のための情報も掲載されている。
    出典:2010年手続要覧
    ヴイ・ティー・ティー V Vocational TRAINING TEAM VTT 職業研修チーム(Vocational TRAINING TEAMの略)
    出典:Website, RI
    エー・アール・アール・エフ・シー A Assistant regional Rotary Foundation coordinator ARRFC ロータリー財団地域コーディネーター補佐(Assistant regional Rotary Foundation coordinatorの略)
    出典:D2780クラブ奉仕委員会 2011-12
    エー・アール・シー A Assistant Rotary Coordinator ARC ロータリー・コーディネーター補佐の事
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    エス・エー・エー S Sergeant at arms SAA 会場監督。例会や会議が秩序正しく設営されるよう監督する人。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    エレクト E elect 次期にその役職につく人(ガバナーエレクト・会長エレクトなど)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    援助国(実施国外)協同提唱者 I international sponsor プロジェクト、または活動が実施される国・地域外にあるクラブまたは地区。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    大口寄付者 M Major Donor 合計累積寄付が米貨10,000ドルに達した個人または夫婦は、大口寄付者として認証される。ロータリー財団へのすべての寄付は、寄付の指定条件にかかわらず、この合計に含まれるものとする。2011年1月より、大口寄付者は7段階の寄付レベルで認証され、寄付のレベルに基づき、彫りの入ったクリスタル製認証品および大口寄付者のピンの贈呈を受けることを選択できる。
    出典:2010年手続要覧
    会員アクセス M Member Access 会員のみが使用できるRIのウェブサイト(www.rotary.org)のセクション。ロータリアンは、ロータリー財団への寄付、RIからのEメールの受信登録、会合への登録を行えるほか、会員特典を利用することができる。クラブと地区の役員は、このほかの記録や報告を閲覧することができる。
    出典:2010年手続要覧
    会員増強 M membership development 会員の増加を奨励する数段階の過程。新会員の勧誘、現会員の維持、新クラブの結成(拡大)の3つの中核的要素から成る。
    出典:2010年手続要覧
    会員増強及び拡大月間(8月) M Membership and Extension Month [August] 新会員を推薦し、クラブの会員増強ならびに新しいクラブ創立をはかるために設けられた月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    会長エレクト研修セミナー P Presidents-Elect Training Seminar PETS クラブ会長エレクトのために毎年実施される研修。2月または3月に催されるのが望ましい。その目的は次期クラブ会長が会長としての任期に向けて準備することであり、地区ガバナー・エレクトおよび次期ガバナー補佐に、次期クラブ会長の意欲を高め、協力関係を築く機会を与えることである。
    出典:2010年手続要覧
    会長代理 P president’s representative 会長が欠席する場合に、地区大会に出席するよう会長より任命されたロータリアン。
    出典:084-JA
    ガバナー G Governor 【参照】地区ガバナー
    ガバナー月信 G Governor's Monthly Letter 地区内の各クラブの会長と幹事に対して毎月ガバナーから発行される通信物。月次出席報告を含む、特に関心の高い重要事項が記載されている。
    出典:2010年手続要覧
    ガバナー公式訪問 G Governor's Official Visit 地区内の各クラブの管理運営とロータリー活動の推進と向上を促すためガバナーが訪問すること。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ガバナー補佐 A Assistant Governor RI理事会の方針に従い、地区ガバナーにより任命され、担当する地域内で指定されたクラブのクラブ運営に関連する管理業務に関してガバナーを補佐するロータリアン。
    出典:2010年手続要覧
    寄付者 C contributors 補助金の主要提唱者ではないが、資金を提供してくれるクラブ、または地区。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    規定審議会 C Council on Legislation 国際ロータリー定款第10条およびRI細則第7条と第8条に定めるRIの立法機関。投票権を有する議員は、各地区のクラブの代表議員から成る。クラブ、地区大会、RIBI審議会または大会、規定審議会、RI理事会が提出した制定案と決議案を審議、決定するために3年に1度開かれる。審議会で採択された立法案の決定は、全クラブによる再検討を経た上で実効となる。
    出典:2010年手続要覧
    協力関係 S strategic partnership 管理委員会が承認したロータリー財団とほかの団体(非政府組織、企業、大学など)との関係。現在、重点分野の一つもしくは複数にかかわっており、財政的支援、技術的支援、あるいは外部への働きかけの援助を提供することによって、100万米ドル相当以上の資金負担ができ、ロータリアンのための奉仕の機会と影響力を増やし、世界的な規模で活動できる団体です。協力関係が、人道的プロジェクトの実施、職業研修チームの派遣と受入れ、奨学金の提供のためのパッケージ・グラントの機会につながるものと予測されます。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    協力組織 S strategic partner ロータリー財団と長期的な協力関係の下関与する団体。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    協力団体 C cooperating organization 専門技術を提供したり、プロジェクトの調整を行うなどして、プロジェクトの実施に直接に関与する団体(通常は非営利団体だが、政府の機関である場合もある)。プロジェクトは、協同提唱者であるロータリー・クラブまたは地区が管理すべきです。ロータリー財団による補助金が協力団体に直接送られることはありません。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    クラブ・フォーラム C Club Forum 奉仕活動について、その内容を検討し実施に向けて会員全員で討議する。(クラブ討論会)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    クラブ・リーダーシップ・プラン C Club Leadership Plan CLP ロータリー・クラブのために推奨されている管理的枠組み。効果的なクラブのベストプラクティスに基づき、クラブが各奉仕部門の目標を達成するための能力を高めることを目的とする。プランの採用はクラブに義務付けられていない。
    出典:2010年手続要覧
    クラブの覚書(MOU) C club memorandum of understanding ロータリー財団補助金の活動実施および資金管理を適切に行うためにクラブが取るべき対策を説明したクラブと地区の間の同意書。この文書を承認することにより、クラブはすべての財団の要件を遵守することに同意することになります。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    クラブ管理運営委員会 C Club Administration Committee クラブ奉仕に積極的に取り組み、クラブの効果的な運営に関する活動を企画立案し、実施する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    クラブ協議会 A assembly, club クラブのプログラムと活動について協議するために開かれる、クラブ役員、理事、委員会委員長を含むクラブ会員全員の会合。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ研修リーダー C club training leader 必要に応じクラブ会長により任命されクラブにおいて包括的な研修プログラムが実施されるよう必要な研修の機会を提供する。
    出典:D2780クラブ奉仕委員会 2011-12
    クラブ創立記念特別寄付 S Special Giving to Yoneyama to celebrate Club's anniversary クラブの創立記念として10万円以上の特別寄付をいただいたクラブに楯が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    クラブ年次総会 C Club Annual Meeting クラブの次期理事、役員を選出する為に開催される会議で毎年12月31日までに開催されなければならない。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    クラブ奉仕 C Club Service ロータリーの第一奉仕部門。クラブの機能を充実させるためにロータリアンが取るあらゆる必要な行動にかかわるものである。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ役員 O officers, club ロータリー・クラブの会長、直前会長、会長エレクト、1名または数名の副会長、理事、幹事、会計および会場監督。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ理事会 B board of directors, club クラブ細則に従って構成されたクラブの管理主体。
    出典:2010年手続要覧
    クラブ例会 C Club Regular Meeting 定例の曜日に、定例の時間に開催される毎週の例会。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    グローバル補助金 R Rotary Foundation Global Grants 6つの重点分野のうちの一つにおいて、多大な影響をもたらす持続可能なプロジェクトを支援するもの。クラブと地区は、提唱者(スポンサー)からの拠出金と、それに対する国際財団活動資金(WF)からのマッチング(上乗せ資金)を資金に、独自のグローバル補助金プロジェクトを立ち上げることができます。あるいは、ロータリー財団と協同組織と合同で立案したパッケージ・グラントを選択することもできます。これを選択した場合、国際財団活動資金(WF)と協力組織が資金を100パーセント提供し、ロータリアンが補助金プロジェクトの実施にあたります。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    決議 R resolution RIの組織規定を改正せず、また矛盾することもなく意見を表明したり、あるいはRI理事会に提案したりする議決行為。enactment[制定(案)]の項も参照のこと。
    出典:2010年手続要覧
    研究グループ交換 G Group Study Exchange GSE 研究グループ交換(GSE)プログラムは、事業や専門職における経験の浅い25~40歳の男女に、文化と職業に関する独特な交流の機会を提供する。GSEプログラムは、ロータリアンではない専門職従事者からなるチームに、異なる国のロータリー地区へ4週間から6週間の交換旅行をするための旅費を補助するものである。ロータリアンであるチームリーダーが各チームを率いる。
    出典:2010年手続要覧
    研修委員会(地区) T Training Committee ガバナーは、ガバナー・エレクトの推薦に基づいて、地区研修委員会の委員長を務める地区研修リーダーを毎年任命すべきである。地区研修リーダーは、研修委員会の委員長として、必要に応じて研修会合や研修行事の責務を割り当てる。委員会は、ガバナーおよびガバナー・エレクトを補佐して、クラブや地区指導者の研修に当たる責任がある(ロータリー章典17.030.3.)。
    出典:2010年手続要覧
    コ・ホスト・クラブ C Co-Host Club ホストクラブと共に、合同会合の計画実施に協力するクラブ。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    公益財団法人ロータリー日本財団 P Public Interest Incorporated Foundation Rotary Foundation Japan PIIF 公益財団法人ロータリー日本財団は、国際ロータリーのロータリー財団の協力財団です。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会 定款
    効果的なロータリー・クラブとなるための活動計画の指標 P Planning Guide for Effective Rotary Clubs 効果的なクラブの要素およびクラブ・リーダーシップ・プランに関連した目標を設定するために、クラブと地区の指導者の協力の下に、クラブ会長エレクトが使用するクラブの査定と目標設定のための資料。目標を達成するためにクラブが採用できる方策が記されている。
    出典:2010年手続要覧
    広報 P PUBLIC RELATIONS 各ロータリアンは、ロータリーの綱領、プログラム、活動に十分精通し、その交友および職業上の知己を通じてロータリーの意図と業績を推進する機会を求めるものと期待されている(ロータリー章典9.040.1.)。 ロータリアンは、ロータリーの発展と奉仕活動を改善、拡張するために、ロータリーとは何か、ロータリーが何をしているのかについて、自らほかの人々に知らせ、地域社会におけるクラブの存在感を一層際立たせる力となるよう要請されている。
    出典:2010年手続要覧
    国際ロータリー R Rotary International RI 世界中のロータリー・クラブの連合体。
    出典:2010年手続要覧
    国際ロータリーの目的 P purposes of Rotary International RIの目的は、 (a)ロータリーの綱領を推進するようなプログラムや活動を追求しているRI加盟クラブとRI地区を支援すること。 (b)全世界にわたって、ロータリーを奨励し、助長し、拡大し、管理すること。 (c)RIの活動を調整し、全般的にこれを指導すること。
    出典:2010年手続要覧
    国際協議会 I International Assembly 中央役員、ガバナー・エレクト、理事会の指定するほかの人たちが出席する年に1度の研修会合。ガバナー・エレクトにロータリー教育を行い、管理運営上の任務について指導し、鼓舞激励し、さらに、次年度のロータリー・プログラムや活動の実施方法を討議・計画する機会を与える。
    出典:2010年手続要覧
    国際親善奨学金 A Ambassadorial Scholarships 多くの国の有望な学生を他国に派遣し、国際親善と理解を深め、勉学の機会を提供する。通常1-2学年度がある。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    国際大会 C Convention, RI すべてのロータリアンとそのゲストが出席できる年次国際会合。国際大会の主な目的は、国際レベルにおいて、ロータリアンを鼓舞し、啓発することである。世界中から集まったクラブ代議員が、会長やRI理事を含む、次年度のRI役員を選挙する。
    出典:2010年手続要覧
    国際奉仕 I International Service ロータリーの第四奉仕部門。ロータリアンが国際理解、親善、平和を推進するために実施する数多くのプログラムや活動を包含するものである。多くの国際奉仕プロジェクトは、発展途上国の人道的ニーズを満たすことを目的とし、また、異なる国や文化の人々に対する認識を培うことを助長する。
    出典:2010年手続要覧
    五大奉仕部門 T The Five Avenues of Service ロータリーの五大奉仕部門は、ロータリー・クラブの活動の哲学的および実際的な規準である。 1.奉仕の第一部門であるクラブ奉仕は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わるものである。 2.奉仕の第二部門である職業奉仕は、事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理想を生かしていくという目的を持つものである。会員の役割には、ロータリーの理念に従って自分自身を律し、事業を行うことが含まれる。 3.奉仕の第三部門である社会奉仕は、クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みから成るものである。 4.奉仕の第四部門である国際奉仕は、書物などを読むことや通信を通じて、さらには、他国の人々を助けることを目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や慣習、功績、願い、問題に対する認識を培うことによって、国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動から成るものである。 5.奉仕の第五部門である新世代奉仕は、指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。
    出典:2010年手続要覧
    3-Hプログラム H Health,Hunger and Humanity program 人々の健康状態を改善し、飢餓を救済し、人間性尊重のために行われるプログラム。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    三大義務 会費の納入、例会出席、ロータリー雑誌の購読
    出典:D2780研修委員会 2011-12
    参加 P participation 立案、直接的実施、評価など、補助金全期間を通じた直接関与。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    財団プログラム P Programs of The Rotary Foundation 人道的プログラム、教育的プログラム、ポリオ・プラスプログラムなどがあり、ロータリー奉仕活動の中心となっている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    財団への寄付 C Contributions to The Royary Foundation 年次プログラム基金(年次寄付)、恒久基金、ポリオ・プラス基金等があり、それぞれの目的達成のために充てられる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    財団学友 A Alumni of the Rotary Foundation 元奨学生、元研究グループ交換参加者で地区やクラブ会合のプログラムや講演、広報の支援者として期待されている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    雑誌委員会 M Magazine Committee ロータリーの友、ガバナ一月信などを活用し、ロータリアンだけでなく他の人々にも贈呈し関心を持ってもらう。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    シェア・システム S SHARE system ロータリー財団プログラム奨学金および補助金が世界中に配布される仕組。
    出典:2010年手続要覧
    試験的ロータリー・クラブ P pilot Rotary clubs 将来にもロータリーが世界有数の人道的奉仕団体であり続けるために、新しいアイデア、方法、またはクラブの組織構造を試すことを目的としてRI理事会により実施される試験的プロジェクト。試験的ロータリー・クラブは、ロータリー・クラブとして全面的に機能するが、標準ロータリー・クラブ定款で規定されているいくつかの義務が免除される。
    出典:2010年手続要覧
    資格認定 Q qualification 地区および地区内クラブが、財団補助金資金を適切に管理するにふさわしい財政的かつ資金管理の能力を備えていることを確認するプロセス。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    資金管理 S stewardship 資格条件に沿ったロータリー財団資金の適切な使用。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    識字率向上月間(3月) L Literacy Month [March] RIの強調事項の一つ。読み書き、計算のできない人達を援助し、識字率の向上をはかるために定められている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    社会奉仕 C Community Service ロータリーの第三奉仕部門。地域社会の人々の生活の質を高めるためにロータリアンが行うさまざまな活動。
    出典:2010年手続要覧
    出席委員会 A Attendance Committee 例会、地区大会、国際大会等あらゆるロータリーの会合に出席するよう促す。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    出席報告 M Membership Attendance Report クラブ例会の出席記録。RI細則には、各クラブが地区ガバナーに対し毎月この報告書を提出するよう規定されている。
    出典:2010年手続要覧
    職業分類 C classification 地域社会に役立つ事業あるいは専門職で、明確に分けられる職種。各クラブは、地域社会に存在する職業分類を決定し、各クラブ正会員には、本人の主要かつ一般世間がそのように認めている事業または専門職か、本人の所属する会社、企業または団体の主要かつ一般世間がそのように認めている事業活動に関連する職業分類が指定される。
    出典:2010年手続要覧
    職業奉仕 V Vocational Service ロータリーの第二奉仕部門。ロータリアンが職業の尊さと価値をクラブのほかの会員に示す機会であるとともに、キャリア計画、職業研修、職場での高い道徳的水準の推進といったプロジェクトを実施するというクラブの責任でもある。
    出典:2010年手続要覧
    職業奉仕月間(10月) V Vocational Service Month [October] 職業奉仕の理想を日常的に実践するよう強調するために定められている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    新会員の入会式 I Induction of New Members 各クラブで独自の厳粛で意義深い新会員のための入会式を行うよう奨励されている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    新世代のための月間(9月) N New Generations Month [September] 30歳までの若い人の育成を支援する全てのロータリー活動に焦点をあてるために定められている。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    新世代奉仕 N New Generations Service ロータリーの第五奉仕部門。指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。
    出典:2010年手続要覧
    新地区補助金 R Rotary Foundation District Grants 地元と海外の地域社会で短期のプロジェクトを実施することを目的として、地区に一括で支払われる年次補助金。地区は、1ロータリー年度内に、利用可能なDDF(地区財団活動資金)の50パーセントまでを新地区補助金に使うことができます。この補助金で、職業訓練、奨学金、人道的奉仕活動など、さまざまな種類のプロジェクトが支援できます。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    親睦活動委員会 F Fellowship Activities Committee 会員間の友誼と親睦をはかるため、レクリエーションや社交的諸活動を実施し、会員の参加を促す。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ジー・エス・イー G Group Study Exchange GSE Group Study Exchangeの略 【参照】研究グループ交換
    事務総長 G general secretary RI理事会の指示監督の下に業務を遂行する国際ロータリーの最高管理役員。事務総長は、RIの財務運営を含め、方針の実施、運営、管理についてRI理事会と会長に責任を負うものである。事務総長は、ロータリー財団全体の事務長でもある。
    出典:RJW
    持続可能 S sustainable 補助金資金がすべて使用尽くされた後にも、地域社会の継続的ニーズを満たすために、長期的に持続していくプロジェクトの成果。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    実施国協同提唱者 H host sponsor プロジェクト、または活動が実施される現地のクラブまたは地区。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    受益者 B beneficiary 財団の補助金から直接恩恵を受ける団体、あるいは個人。奨学生、職業研修チーム、地域社会などがその例です。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    重点分野 A area of focus 成果をもたらす測定可能なプロジェクトをロータリー財団が実施するために、優先すべき世界的ニーズとして、財政的リソースとボランティア・リソースを投入する6つの分野(平和と紛争予防/紛争解決、疾病予防と治療、水と衛生設備、母子の健康、基本的教育と識字率向上、経済と地域社会の発展)である。
    出典:2010年手続要覧
    人頭分担金 P per capita dues 各クラブが、RIに対して半年ごと(7月1日および1月1日)にクラブ正会員総数に応じて支払う会費。
    出典:RJW
    スポンサー・クラブ S sponsor club 新しいクラブが結成される際、その計画と遂行を援助し、指導し、新クラブの活動を見守る。
    出典:2010年手続要覧
    スマイル・ボックス(にこにこ箱) S Smile Box 例会場で会員が自由意志で善意の寄付をすること。集ったお金は主に社会奉仕と国際奉仕の活動資金として使用される。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    推奨クラブ細則 R Recommended Club By laws ロータリー・クラブを管理する規定。推奨細則は、RI理事会によって規定されるが、クラブは、組織規定と矛盾しない限り、個々のクラブの事情に応じてクラブ細則に変更を加えることができる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    世界ポリオ撲滅推進計画 G Global Polio Eradication Initiative 世界予防接種活動を支援する 国際ロータリーとその世界的パートナー である世界保健機関(WHO)、国連児童基金(ユニセフ)、米国疾病対策センター(CDC)によるグループ。この世界的パートナーシップは、1988年、世界保健機関の加盟169カ国が世界的にポリオを撲滅するという決議を採択したときに形成されました。この推進計画におけるロータリーの役割は、 ポリオ・プラス ・プログラムといったプログラムを通じて活動することです。
    出典:Website, RI
    世界理解月間(2月) W World Understanding Month [February] 世界平和を目指し、相互理解と親善を強調し、世界社会奉仕プログラムの実施を促すために定められた。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    世話クラブ・カウンセラー制度 S Sewa Clubs and Counselors 奨学生一人ひとりに対して、地域のロータリークラブが「世話クラブ」となり、世話クラブの会員が「カウンセラー」として日常の相談役をつとめます。奨学金を支給するだけの団体も多いなか、米山記念奨学生は、世話クラブの例会や地域奉仕活動に参加し、実業人・専門職業人であるロータリアンとの交流を通じて真の日本を知り、ロータリーが求める平和の心を学んでいます。
    出典:ロータリーの友2008/12
    制定(案) E Enactment RI定款、RI細則または標準ロータリー・クラブ定款を改正する、規定審議会による立法事項。
    出典:2010年手続要覧
    正会員 A active member 事業、専門職、または社会奉仕の種類の下にクラブ会員として選ばれ、RI定款・細則に定められた会員としてのすべての義務、責任、および特典を有するクラブ会員。
    出典:2010年手続要覧
    青少年交換 Y Youth Exchange, Rotary 15~19歳の中高等学校の年齢層の学生が、国際理解と親善を推進するために、最長1年間にわたり海外で勉学または滞在するRI常設プログラム。交換学生は、派遣側と受入側のロータリー・クラブまたは地区からの後援を受け、RI理事会が定める指針と手続に従って選考される。
    出典:2010年手続要覧
    戦略計画 S strategic plan 2001-02年度、国際ロータリーは奉仕の第2世紀を迎え、組織を導く戦略計画の立案を始めました。以来この計画は定期的に見直され、更新が行われています。 2009年、理事会は、RI戦略計画の大幅な見直しを行いました。これには、組織としてロータリーが優先すべき事柄について世界14,000人のロータリアンを対象としたアンケート調査、各国におけるロータリーのイメージを探るためのフォーカスグループ(座談会方式調査)、その他のデータ分析や研究調査が含まれていました。これらの調査結果を反映し、RIとロータリー財団が進むべき進路と一致するよう改訂された戦略計画は、2010年7月1日より有効となりました(2011年10月より、Strategic Planの訳は「長期計画」から「戦略計画」に変更されました)。【参照】補遺 A:戦略計画
    出典:2010年手続要覧
    組織規定文書 C constitutional documents RI定款、RI細則、標準ロータリー・クラブ定款の集合的呼称。
    出典:2010年手続要覧
    創立会員 C Charter Member クラブがRIに加盟する前に選ばれたロータリー・クラブの創立会員。
    出典:2010年手続要覧
    測定可能 M measurable 測定できる結果と影響を残したことを実証するために、データ収集と分析に結びつくような補助金の成果。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    ゾーン Z Zone 国際ロータリーの会長指名委員とRI理事指名委員を選挙するために、RI細則が定め、RI理事会が編成したクラブの集団。ロータリー研究会は、多くの場合、ゾーンを基盤として開催される。世界で34、日本は3つに分かれている。
    出典:2010年手続要覧
    多地区合同運営組織 M multidistrict administrative groups 2つ以上の地区が合同で管理業務をクラブに提供したいと望むときに、理事会の承認の下に設立される組織。
    出典:RJW
    卓話 S Speech 例会での後半30分で行われるメインスピーチのこと。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    代表協同提唱者 P primary sponsors グローバル補助金申請書の共同提出、活動の実施、ロータリー財団への財務会計を含む報告の責務を担う実施国の1クラブ(または地区)と援助国の1クラブ(または地区)。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    代表連絡担当者 P primary contact ロータリー財団とプロジェクト提唱クラブ(または地区)の間の主な連絡を担当するロータリアン。各補助金には、実施国と援助国から1名ずつ、計2名の代表連絡担当者がいます。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    チャーター・ナイト C Charter Night クラブにRIから加盟認証状が伝達された時に行われる式典及び祝賀会。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区 D district RIの管理の便宜上まとめられた一群のクラブの所在する一定の地理的区域。
    出典:2010年手続要覧
    地区ガバナー D district governor 理事会の一般的な指揮、監督の下に職務を行う地区内のRI役員。ガバナーは、地区内すべてのクラブを直接監督し、指導し、継続性を確保する。
    出典:2010年手続要覧
    地区の覚書(MOU) D district memorandum of understanding 各地区とロータリー財団の間で取り交わされるこの法的な同意書。参加資格条件および補助金資金を適切に管理するための条件が記載されています。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    地区リーダーシップ・フラン D District Leadership Plan DLP 全地区のための組織構成。その構成要素には、ガバナー補佐と地区委員会委員の明確な責務と任務、および定められた任期と再任の回数制限が含まれる。
    出典:2010年手続要覧
    地区幹事 D District Secretary 地区幹事は、ロータリーに精通、地区会合の準備、適切な書簡処理、諸地区会合の議事録の編集、諸種の記録保存等の日常の管理事務の面でガバナーを補佐する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区協議会 A Assembly, District クラブ会長エレクトと次期クラブ指導者のために毎年開かれる研修会合(3月、4月、5月のいずれかの月に実施されることが望ましい)。その目的は、次期クラブ指導者が就任の準備を整え、指導者チームを結成すること、および、クラブ指導者の意欲を高め、クラブ指導者との協力関係を築く機会を地区ガバナー・エレクトと次期ガバナー補佐、および地区委員会に与えることにある。
    出典:2010年手続要覧
    地区財団活動資金 D District Designated Fund DDF 地区がロータリー財団へ寄せる寄付の50パーセントおよび調整額。その年度に地区が各プログラムに使用する。
    出典:2010年手続要覧
    地区指導者育成セミナー D District Leadership Seminar ガバナーがクラブの指導的役割りをはたしてきたロータリアンにクラブレベルを超えて、ロータリーにおいて奉仕するために必要な能力と知識を開発し、意欲を持つよう育成する会合。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区諮問委員会 D District Advisory Committee 地区管理のあらゆる面についてガバナーに助言する委員会で、地区の元ガバナーが選ばれる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    地区資金 D district fund 地区が提唱するプロジェクトおよび管理運営機能を支えるための財源。その一部は地区会費よりもたらされる。
    出典:2010年手続要覧
    地区大会 D district conference 親睦、感銘深い講演、クラブと地区の業務に関する事項の討議を通じて、ロータリーのプログラムを推進するために、毎年、各地区で開かれる会合。地区内の全ロータリアンとその家族が出席できる。
    出典:2010年手続要覧
    地区補助金 D District Simplified Grants 各クラブが社会奉仕、国際奉仕プログラムを実施する際、地区に申請し、審査の上認定されたプログラムに支払われる補助金。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    中核となる価値観 C Core values 国際ロータリーの中核となる価値観は、奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップである。【参照】補遺 B:中核となる価値観 
    出典:2010年手続要覧
    長期計画 S strategic plan 【参照】戦略計画 【参照】補遺 A:戦略計画
    手続要覧 M Manual of Procedure クラブと地区の指導者が、ロータリーおよび奉仕に最も関連深い方針と手続きを理解するのを助けるために作成された出版物。3年ごとに開かれる規定審議会の後に発行される。RI組織規定文書も収められている。
    出典:2010年手続要覧
    定款 C Constitution ロータリー組織の基礎となるRI定款、及び加盟クラブ組織の基礎となるクラブ定款がある。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ディー・エル・ピー D District Leadership Plan DLP District Leadership Planの略 【参照】地区リーダーシップ・フラン
    ディー・ディー・エフ D District Designated Fund DDF District Designated Fundの略 【参照】地区財団活動資金
    登録料 R Registration Fee 国際大会、地区大会など公式の会合に出席するための参加料。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    特別寄付金 S Special Giving to Yoneyama 個人・法人・クラブから、普通寄付金以外に任意でいただく寄付です。ロータリー関係者以外からもお受けしています。金額に決まりはありません。所得税(個人)・法人税(法人)などの税制優遇が受けられます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    特別代表 S special representative ガバナーの指名により、ガバナーに代わってクラブ結成の手続一切を行う通常1名のロータリアン。通常、スポンサー・クラブの会員の中から指名される。
    出典:2010年手続要覧
    同意書 A agreement form 補助金提唱者とロータリー財団の責務を記載した法的書類。
    出典:公式Website
    年会費 D Dues 正会員はそのクラブの細則に定める年会費をクラブに納入しなければならない。金額は各クラブで個々に定める。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    年次プログラム基金 A Annual Programs Fund 使途を指定せずにロータリー財団のプログラムに支援を行うための主な資金源。その使命は、地域レベル、全国レベル、国際レベルの人道的、教育的、文化交流プログラムを通じて、世界理解と平和を達成しようとするRIの努力を支援することである。
    出典:2010年手続要覧
    ノミニー N nominee 次々期役職につく人。(ガバナーノミニー、会長ノミニーなど)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    能力開発 C capacity building 個人、あるいは地域社会が、維持可能な開発を目指し、必要な知識、技能、能力を開発・強化するプロセス。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    バナー C Club Banners 各クラブの所在地、国、地域、特徴を表現するようデザインされた旗やペナントのこと。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    パスト・ガバナー P Past Governor PG 過去に地区ガバナーとなり、現在もクラブ会員であり、地区諮問委員会のメンバーとなっている人。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    標準ロータリー・クラブ定款 S Standard Rotary Club Constitution 各クラブによる採用が義務付けられている管理規定。これらの規定は、RI定款とRI細則に一致し、規定審議会によってのみ改正できる。
    出典:2010年手続要覧
    ビジター V Visitor 他クラブからメークアップに来たロータリアンをビジターという。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    普通寄付金 G General Giving to Yoneyama 日本の全ロータリークラブ会員からクラブを通じて定期的にいただく寄付です。各クラブで会員一人あたりの金額を決定し、半期に1度、会員数分を送金いただいています。クラブ事務局からの申請があれば、税制優遇の対象となります。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    プログラム委員会 P Program Committee クラブの例会や特別の会合のためにプログラムを計画し、準備し、実施を担当する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ベネファクター B Benefactor ロータリー財団に1,000ドル以上を恒久基金として無条件で寄付した人。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ペッツ P Presidents-Elect Training Seminar PETS 【参照】会長エレクト研修セミナー
    ホームカミング制度 H Homecoming Program 米山学友(元米山記念奨学生)の里帰り制度。活躍する米山学友を各地区で毎年1人招待し、地区大会等で現在の活躍を披露してもらうことで、多くのロータリアンが米山奨学事業の成果を実感することができます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    ホスト・クラブ H Host Club ロータリークラブが集って諸会合を開く時、その会合の世話役となって計画を立て、実施の役割りをつとめるクラブ。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    報告 R report プロジェクト実施の進捗状況を詳細に記載した文書。報告書は、補助金支給期間中少なくとも12カ月毎に提出されなければなりません。
    出典:未来の夢用語集(2010/02)
    奉仕の理想 I Ideal of Service 個人生活、社会生活、職業生活において社会に感謝し、利己よりも利他を求めるロータリーの奉仕哲学。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    奉仕プロジェクト委員会 S Service Projects Committee 地元地域社会及び他国の地域社会におけるニーズに応える教育的、人道的及び職業的プログラムを企画し、実施する。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    奉仕部門 A Avenues of Service ロータリーの精神的な礎であり、クラブ活動の土台となる活動。ロータリーの綱領に基づいている。クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、新世代奉仕。
    出典:2010年手続要覧
    ポール P. ハリス P Paul Percy Harris ロータリーの創始者。(1905年2月23日、米国イリノイ州シカゴにおいて、青年弁護士、ポール・P・ハリスによってロータリーが創始された。)
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ポール・ハリス・ソサエティ P Paul Harris Society ロータリー財団の人道的、教育的、文化交流プログラムを支え、さらに発展させていくための年次プログラム基金、ポリオ・プラス、人道的補助金プログラムに対し、年間米貨1,000ドル以上を寄付したロータリアンおよびその友人を表彰すること。
    出典:Website, RI
    ポール・ハリス・フェロー P Paul Harris Fellow 米貨1,000ドルをロータリー財団に寄付した個人、または、その名義で寄付が行われた個人。
    出典:2010年手続要覧
    ポリオ・プラス P Polio Plus 1985年に設置されたこのロータリー財団プログラムで、ロータリーは、世界ポリオ撲滅活動に民間部門による支援を導入しました。ポリオを撲滅するために世界中の地域で行ってきたボランティア活動に加え、ロータリアンによる寄付額は、世界にポリオがないことが証明されるまでに8億5,000万米ドル以上に上ると予想されています。ポリオ・プラスの「プラス」は、今後のほかの保健活動に生かすことのできる全世界ポリオ撲滅の遺産を意味しています。
    出典:Website, RI
    マッチング・グラント M Matching Grants ロータリー財団の人道的プログラムでクラブや地区の拠出資金に応じてロータリー財団から補助される。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    未来の夢計画 F Future Vision Plan ロータリー財団の新しい補助金モデル。この計画は、財団の使命を新たにするとともに、ロータリアンが多大な影響をもたらし、持続可能な成果を生むような多岐にわたるプロジェクトを実施できるよう、一層効果的で効率のよい支援方法を生み出すものである。
    出典:2010年手続要覧
    メークアップ M make-up 自身が所属するクラブの例会に出席できなかった場合に、自己の会員身分を守り、出席の扱いを受けるために、別のロータリー・クラブの例会か標準ロータリー・クラブ定款第9条に規定するほかの会合に出席すること。
    出典:2010年手続要覧
    名誉会員 H honorary member ロータリーの理想推進のために称賛に値する奉仕をしたか、ロータリーを末永く支援したことでロータリーの友人であるとみなされたことによって、ロータリー・クラブの会員として選ばれた人。名誉会員は、入会金と会費の納入を免除されるが、投票権を持たず、クラブのいかなる役職にも就くことができない。しかし、クラブのあらゆる会合に出席することができ、クラブの特典を享受することができる。クラブ理事会が名誉会員身分の存続期間を決める。
    出典:2010年手続要覧
    四つのテスト T The Four-Way Test 四つの問いを中心に、事業と専門職における倫理について述べた声明。「真実かどうか、みんなに公平か、好意と友情を深めるか、みんなのためになるかどうか」1932年にロータリアンのハーバード J. テイラーにより創作され、1943年に国際ロータリーにより採用された。(裏表紙参照) 言行はこれに照らしてから 1.真実かどうか 2.みんなに公平か 3.好意と友情を深めるか 4.みんなのためになるかどうか
    出典:2010年手続要覧
    米山学友会 Y Yoneyama Alumni Association 米山学友(元米山記念奨学生)と現役奨学生によって組織される会です。2012年3月現在、日本に30(34ロータリー地区)、海外に3(台湾・韓国・中国)、計33学友会があります。2012年5月にタイで開催されるRI国際大会では、海外で4番目となる学友会が設立される予定です。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山功労クラブ Y Yoneyama Foundation Distinguished Contribution Club 個人・法人・クラブからの特別寄付金が100万円に達したクラブを「米山功労クラブ」とし、以降100万円ごとに感謝状が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山功労者 Y Yoneyama Foundation Distinguished Contributor 個人名での特別寄付金が累計で3万円に達した方を「準米山功労者」、10万円に達した方を「第1回米山功労者」、以降10万円ごとに感謝状が贈られ、表彰されます。累計で100万円以上に達した方(米山功労者メジャードナー)にはピンバッジ等が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山功労法人 Y Yoneyama Foundation Distinguished Contribution Corporation 法人名での特別寄付金が累計で5万円に達した法人を「準米山功労法人」、50万円に達した法人を「米山功労法人」、100万円に達した法人を「米山特別功労法人」、以降100万円ごとに表彰され、感謝状もしくは盾が贈られます。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    米山梅吉 U Umekichi Yoneyama 1920年世界855番目のロータリークラブ(東京RC)を創設し、日本に初めてのロータリーを導入した人。東京RCの初代会長。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ローターアクト R Rotaract 奉仕志向の市民と指導者を育成するため、18歳から30歳までの青年を対象に、ロータリー・クラブが提唱するクラブ。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリアン R Rotarian ロータリー・クラブの会員。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー・コーディネーター R Rotary Coordinators ロータリー・コーディネーターは、地区ガバナーに協力し、RI長期計画の実施を中心に活動しながら、RIからクラブと地区への最新情報、詳細情報、および援助を提供する人材となる
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー・リーダーシップ研究会 L Leadership Institute, Rotary RLI ロータリー・リーダーシップ研究会(RLI)は1992年2月に設立されて、1992年秋に、7510地区リーダーシップ研究会として最初のコースを実施しました。RLIはリーダーシップ開発プログラムであり、日本国内のロータリークラブのためにロータリーの知識とリーダーシップを増加させるように、ロータリークラブのリーダー候補者に供給するコースです。
    出典:Website, RI
    ロータリーの徽章 E emblem, Rotary 国際ロータリーの象徴。6本の輻と24の輪歯と楔穴を備えた歯車から成る。色はロイヤルブルーと金色で、ロータリアンが襟ピンとして誇りをもって着用するものである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの綱領 O Object of Rotary ロータリーの目的とクラブ会員の責務について簡潔に記述した声明。RI定款と標準ロータリー・クラブ定款第4条に規定されているように、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成するのがロータリーの綱領である。 ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹、育成することにある。 ① 奉仕の機会として知り合いを広めること。 ② 事業および専門職務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめること。 ③ ロータリアンすべてが、その個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。 ④ 奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの使命 M Mission of Rotary International ロータリー・クラブの世界的連合体である国際ロータリーの使命は、他者に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進することである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの標語 M Mottos, Rotary 「超我の奉仕」(Service Above Self)および「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」(One Profits Most Who Serves Best)が、ロータリーの公式標語である。前者がロータリーの第1標語である(50-11、51-9、89-145、01-678、04-271)。後者は、2010年規定審議会で修正が加えられ、”they”が”one”に置き換えられた
    出典:2010年手続要覧
    ロータリーの友 T THE ROTARY-NO-TOMO 1952年、日本の地区が東日本、西日本の二地区に分かれた時、共通の雑誌を発行することになった。現在はRIより地域雑誌に指定されクラブ会員は購読義務がある。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー家族 F family of Rotary, the ロータリアンの配偶者、物故会員の配偶者、ロータリアンの子供、孫、その他の親戚、ロータリー財団学友、研究グループ交換メンバー、ロータリー青少年交換学生、ローターアクター、インターアクター、RYLA参加者、インナー・ホイールおよびそのほかの配偶者グループ、世界ネットワーク活動グループ。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー家族月間(12月) F Family Month [December] 会員とその配偶者や子ども、親戚、元ロータリアン及びロータリーに関わりのある全ての人々と良好な関係を築くための月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー会員組織地域コーディネーター R regional Rotary International membership coordinator RRIMC 地区およびクラブの会員増強活動を支援する目的で、RI会長に任命されたロータリアン。80名の国際ロータリー会員組織ゾーン・コーディネーター(RIMZC) から支援を受けるRRIMCが、各ゾーンに少なくとも1名、合計44名いる。
    出典:RJW
    ロータリー研究会 I institute, Rotary ゾーンを構成する地区の元、現、次期ガバナーおよびほかのRI役員のために開かれるもので、教育性豊かで、意欲が高められ、親睦にあふれた会合。ロータリー研究会の目的は、参加者にロータリーのプログラムの最新情報とロータリー運動の向上と強化のためのアイデアを提供することである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー公共イメージ・コーディネーター P Public Image Coodinator, Rotary RPIC ロータリー公共イメージ・コーディネーター(RPIC)は、ロータリーの公共イメージ向上のために効果的なアドバイスやリソースを提供します。49名のRPICは、同じゾーンのRI理事、ロータリー財団地域コーディネーター、ロータリー・コーディネーター、地区ガバナーと協力して活動します。 RPICは、広報、ジャーナリズムやコミュニケーションの専門知識を持つロータリアンで、RI長期計画の下、地区の指導者へ効果的な広報手段を伝えます。
    出典:RJW
    ロータリー財団 T The Rotary Foundation TRF 寄付を受け、それに基づきロータリー・クラブと地区を通じて実施される承認された人道的・教育的活動の支援のために資金を提供する非営利法人。その使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることである。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー財団月間(11月) T The Rotary Foundation Month [November] 財団の奨学金事業及び人導的事業について知識と理解を深め、財団の推進に役立つプログラムを実施する月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー雑誌月間(4月) M Magazine Month [April] RIの公式機関紙「ザ・ロータリアン」や「ロータリーの友」など、ロータリーの雑誌に対する会員の認識を深め、ロータリー情報の普及をはかる。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー章典 C Code of Policies, Rotary RI理事会の一般的および永続的な方針のすべてが含まれた文書。章典は、各理事会会合と規定審議会の後に更新され、RI組織規定文書を補足する。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー親睦活動月間(6月) R Rotary Fellwships Month [June] 職業別、趣味別に集ったロータリアンがレクリエーション活動や親睦活動を通して、善意の重要性を知り合うための月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー青少年指導者養成プログラム R Rotary Youth Leadership Awards RYLA 研修での経験を積ませることによって、地域社会に在住する若い人々の、指導者として、また、善良な市民としての資質を伸ばし、個々の能力を開発することを目的としたプログラム。クラブ、地区、多地区合同、および国際レベルで実施され、ロータリアンとロータリー・クラブが参加する。RYLAプログラムは、年齢14~30歳までの青少年を対象としている。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー創立記念日(1905年2月23日) A Anniversary of Rotary ポール・ハリスがシカゴで3人の友人と初めて会合をした日。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー特別月間 M months, Rotary クラブだけでなく、ロータリアン一人ひとりがロータリーの活動に参加するよう強調するためRI理事会が特別に指定した月間。すなわち、会員増強・拡大月間(8月)、新世代のための月間(9月)、職業奉仕月間(10月)、ロータリー財団月間(11月)、家族月間(12月)、ロータリー理解推進月間(1月)、世界理解月間(2月)、識字率向上月間(3月)、雑誌月間(4月)、ロータリー親睦活動月間(6月)。
    出典:2010年手続要覧
    ロータリー平和フェローシップ W Rotary Peace Fellowship ロータリー平和フェローシップは、全世界8校の大学に設置された7つの「平和と紛争解決における国際問題研究のためのロータリー平和センター」のいずれかで、修士課程または専門能力開発修了証プログラムに参加する資金を援助するものです。
    ロータリー米山記念奨学会 R Rotary Yoneyama Memorial Foundation 勉学又は研究のため来日し、わが国の大学等教育機関に在籍する外国人に対して奨学金を支給し、よってロータリーの理想とする国際理解と親善と平和に寄与することを目的とする。
    出典:公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
    ロータリー米山月間(10月) T The Yoneyama Foundation Month [October] 米山記念奨学事業の意義を深く認識し、米山記念奨学生や地区役員の卓話を聞き、寄付金を募る活動をする。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    ロータリー理解推進月間(1月) R Rotary Awareness Month [January] ロータリーの広報活動や情報集会、討論会、セミナーなどを通じて、ロータリーの理解を推進する月間。
    出典:D2780R情報委員会 2007-08
    RVM:ロータリアン・
    ビデオ・マガジン
    ロータリアン・ビデオ・マガジンRVM は、世界中の素晴らしいロータリーのプロジェクトや人々を紹介するDVDシリーズです。年に3回制作されるこのDVDには、意欲を喚起し、情報を伝え、感動を与える短編ビデオが3~4話ずつ収録されています。
    少しの援助で
    「移動する食糧貯蔵庫」プログラムを実施し、空腹から希望への転換を図る、米国ミズーリ州、スプリングフィールド・ロータリー・クラブの活動。
    ハートの支援者
    ロータリーが支援するチェコ共和国、ポジオブラディのハート障害者センター。知的障害のある成人に収入を得る機会を提供している。
    ロータリー、シェア、シュラムダーン
    インド西岸の丘陵地帯は岩石が多いため、一年を通じて雨水を貯めておくことができません。村人たちは家族のため、何キロも離れたところまで何回も徒歩で往復し、水を汲みに行かなければなりません。2003年以来、マハラシュトラのボンベイ・メトロポリタン・ロータリー・クラブは、地元や海外の団体と手を組み、ロータリー財団のマッチング・グラントの支援を受け、雨水という貴重な水資源を保存するいくつもの貯水プログラムを立ち上げました。
    少しずつ:ホンジュラスのマイクロクレジット
    ホンジュラスのロータリアンが提供する小口融資によって、貧困から解放された女性の物語
    成長するコミュニティ:農村から子供たちにミルクを
    ヘイファー・インターナショナルと協同で、地方の農家から調達した新鮮な牛乳をルーマニアの孤児院と病院にいる子供たちに配給するロータリー・クラブの物語。
    ロータリー物語:ドリサ・シモンズさんの場合
    インド、ネパール、シンガポールを旅する元財団奨学生のロータリアン、ドリサ・シモンズさんの姿を追跡し、彼女の人生を変えたニカラグアへの旅に光を当てる。
    RVM のDVDは、15米ドルで単品を注文する か、または、わずか30米ドルで1年分(3回)まとめて一括注文する ことができます。 DVDは英語で制作されていますが、フランス語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語での吹き替えもご利用いただけます。
    注文する


    RI 公共広告 video
    Humanity in Motion Ⅲ リスト
    Peace A new symbol for peace Eradicating polio worldwide
    A polio-free world Means to polio's end Rotary: Volunteers in your community
    Rotaryの理想を共有して、人道主義プログラムの認識を高めるため、特に、ポリオ根絶 / 世界理解と平和について国際ロータリーで制作した「Humanity in Motion Ⅲ」に収録されているテレビ用PSAです。
    ロータリーについて
    ロータリーは、世界中の事業および専門職務のリーダーからなる世界規模の組織で、人道的奉仕活動を行い、職業における高い道徳基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くための助力をしています。およそ120万人のロータリアンが、166カ国に所在する31,000以上のロータリー・クラブに所属しています。ロータリーは非政治的、非宗教的な人道的組織で、1905年に創立されました。

    ロータリー・ クラブの会員は、地域社会の事業や専門職務に従事する男女を代表しています。世界中のロータリー・クラブは毎週例会を開き、非政治的かつ非宗教的で、あらゆる文化、人種、信条に開かれています。
    国際ロータリーのロータリー財団は、国際的な人道的奉仕プログラムや教育的・文化的交流を通じて、世界の理解を推進する非営利法人です。この財団はロータリアンおよびより良い世界のビジョンを分かち合うその他の人々からの自発的寄付によってのみ支えられています。1947年以来、財団は人道的および教育的補助金として米貨11億ドル以上を授与し、これらの補助金は各地の地元ロータリー・クラブや地区によって生かされ、管理されてきました。
    ロータリー・クラブは
    何をするのか?
    ロータリーの標語である「超我の奉仕」は、地域社会や職場、および世界中を通じてロータリーの目的を反映しています。ロータリーは、今日の緊急問題に取り組む社会奉仕プロジェクトを開発しています。また、青少年のためのプログラム、学生や教員、他の社会人のための教育機会や国際交流のプログラム、職業開発プログラムなども支援しています。ここにロータリーの中心的活動分野をいくつかご紹介しましょう。
    ポリオ撲滅:
     1985年、ロータリーの会員はポリオのない世界を実現することを誓いました。ポリオ撲滅に対する20年にわたる取り組みは、現在までで最大規模の民間部門支援による世界的保健推進活動となっています。
     20億人近い世界中の子供たちに予防接種を与えるため、ロータリーは既に米貨5億ドルを寄付し、無数のボランティア活動を提供してきました。
     今日、世界には数百人のポリオ患者しかおらず、年間35万人以上の子供がポリオによって身体麻痺に冒されていた1988年と比べ99.8パーセント減少しました。
    国際教育 :
     ロータリーは、国際奨学金の民間の資金源としては世界最大です。毎年千人近い大学生が、他国に留学するためにロータリーの奨学金を受領しています。また、各地のロータリー・クラブは高校生の交換プログラムも行っており、毎年8千人近い高校生が3カ月から1年の外国留学に派遣されています。
    平   和:
     明日の平和維持活動家や外交官を育てる活動の一環として、ロータリーは最近、世界7つの有名大学に「平和および紛争解決の分野における国際研究のためのロータリー・センター」を創設しました。このプログラムは、毎年、世界競争制の下で選考される70名のロータリー世界平和奨学生に、紛争解決の分野における修士課程教育の機会を与えるものです。
    識字率向上:
     ロータリー・クラブは、世界中で非識字に対する闘いに取り組んでいます。その一例として、タイのロータリー識字率向上プログラムがあります。このプログラムによって学校で退学者が激減し、その結果、タイ政府によってタイ国内のすべての学校でこのプログラムが採用されました。
    ロータリーと青少年
    ここに、青少年と共に活動するロータリーの例を2つご紹介します。
    ・ロータリー財団教育プログラムは、 世界中の大学へ留学する1,500人近い奨学生を援助しています。これらのプログラムの一つに、平和および紛争解決の分野における国際問題研究のためのロータリー・センターがあります。これは将来の外交官や国際的リーダーを育てるプログラムです。毎年、この分野の修士号を取得するため、70名の学生が7つの有名大学へ留学します。このプログラムによって、世界の平和と理解につながるよう、人々に寛容の精神と協力心を培うというロータリーの取り組みがさらに充実します。

    ・1927年以来、ロータリー青少年交換プログラムの豊かな内容によって、世界中の学生やホスト・ファミリーにとってますます可能性が広がり、さらに人生を充実させることができるようになりました。このプログラムは、ロータリー・クラブが存在する国ならどこにでも1年間の外国留学をすることができるチャンスを与えるもので、15歳から18歳の8千人ほどの学生が参加します。